火の番

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

キャンプファイアー(フリー写真)

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。

夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。

欠伸を噛み殺しながら、

『そろそろ火の始末をして俺も寝ようかな』

などと考えていると、聞き覚えのない声が話し掛けてきた。

「何しているんだい?」

顔を上げると、火を挟んだ向こう側に誰かが座っていた。

ぼんやりとしか見えない、大きな黒い影。視界に霞でも掛かったかのよう。

何故かその時は怖いと思わず、普通に返事をした。

「んー、火の番をしてる」

相手の正体は何者なのか、何故こんな時間にこんな場所に居るのか。

そう言った類いの疑問が全く頭に浮かばなかった。

先程まではシャンと起きていたはずなのに、寝惚けた時のように思考が上手く働かなかったという。

ぼんやりと、

『俺、寝惚けているのかな』

と考えていると、また話し掛けられた。

「その火が消えたら、お前さんどうする?」

「んー、消えないよ」

「こんな山ン中じゃ、一寸先も見えない真っ暗闇だろうな」

「んー、この火が消えちゃったら、そうなるだろうね」

「闇は深いぞ。中に何が潜んでいるか分かったもんじゃないね」

「んー、暗いのは怖いよ。だから火の番をしなくちゃね」

声の主は、頻りと火を消すように勧めてきた。

「火の番なんか止めちゃえよ。もう眠いんだろ。寝ちゃえよ。ぐっすりと」

「んー、そうしたいけど、そういう訳にも行かないんだよね」

「俺が消してやろうか?」

「んー、遠慮しとくよ」

「消すぞ」

「んー、でもすぐまた点けるよ。暗いの嫌だから」

「一度消えた火はすぐ点かないぞ。無駄だからもう寝ちゃえよ」

「んー、ライターもあるし、火種があればすぐ点くよ」

「ライターか。それがあればすぐに火が点くのか」

「んー、点くと思うよ。簡単に山火事になるぐらい」

すると声は、ライターを無心し始めた。

「火が消えないなら、ライターなんてもう要らないだろ。俺にくれよ」

「んー、これは大切な物だから駄目だよ」

「俺が代わりに火を見ていてやるよ。だからライターくれよ」

「んー、僕のじゃないから、やっぱり駄目だよ」

こんな押し問答を何度繰り返しただろうか。

やがて影がゆらりと立ち上がる気配がした。

「火が消えないんじゃ、しょうがないな。帰るとするか。また遊ぼう」

その言葉を最後に、何かが山の闇の中へ去って行った。

「ばいばい」

小さくなる気配にそう挨拶していると、いきなり強く揺さ振られた。

ハッとして身構えると、揺すっていたのは先に寝ていたはずの仲間だ。

目が合うや否や、凄い勢いで問い質される。

「お前!今、一体何と話してた!?」

「何とって…あれ?」

そこでようやく思考がはっきりし、明瞭に物事が考えられるようになる。

「えっ。今、僕、何かと会話してたの!? 夢見てたんじゃなくて!?」

気が付くと、残りの皆もテントから顔を出し、こちらを恐ろし気に見つめている。

彼を揺すり起こした者が、次のように教えてくれた。

テントの外で話し声がしたので目が覚めた。

夜中に迷惑な奴だと思い、テント中の寝顔を確認していたら青くなった。

人数から判断する限り、外には今、一人しか出ていないはずだ。

恐る恐る外を覗くと、焚き火を挟んで座る影が二つ。

片方は間違いなく友人だったが、もう一方が何か分からない。

人の形をした、黒い塊に見えたらしい。

友人と影は、何度もしつこいほど言葉を交わしていた。

どうやら、火を消す、消さないで揉めている様子。

『絶対に消すんじゃないぞ!』

声に出せない願いを胸中で叫んでいると、じきに影は立ち上がり山奥へ消えた。

いつの間にか他の皆も起き出しており、背後で息を殺していた。

影が居なくなった時、テントの中では安堵の溜め息が重なったそうだ。

それから慌てて外に飛び出し、取り憑かれたように火を見つめる友人を引っ掴み、強く揺すって目を覚まさせたのだと、そう言われた。

思わず、影が消え去った方角の闇をじっと見つめてしまった。

何も動く気配は無い。足元で薪の爆ぜる音が聞こえるだけだった。

その後、彼らはその山を下りるまで絶対に火を絶やさないよう心掛けた。

不寝番を二人立てて、火の番を交代でしたのだという。

その甲斐あってか、あの黒い影はもう現れなかったそうだ。

「僕はあの時、何と会話していたのかな?」

思い出すと今でも鳥肌が立つのだそうだ。

関連記事

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

Love(フリー素材)

一途な男

小倉が6年ほど勤めた会社が、ようやく派遣社員を数名採用することになったという。数年彼女がおらず出会いの機会も無かった小倉は静かに歓喜した。遊びのつもりは毛頭ないマジメな…

抽象模様(フリー素材)

魑魅魍魎

今から2年くらい前の夏。会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。 …

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

きよみちゃん

私が小学校三年生の時の話です。そのころ、とても仲よしだった「きよみちゃん」という女の子がクラスにいました。彼女と私は、学校が終わると、毎日のようにお互いの家を行き来して…