火の番

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

キャンプファイアー(フリー写真)

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。

夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。

欠伸を噛み殺しながら、

『そろそろ火の始末をして俺も寝ようかな』

などと考えていると、聞き覚えのない声が話し掛けてきた。

「何しているんだい?」

顔を上げると、火を挟んだ向こう側に誰かが座っていた。

ぼんやりとしか見えない、大きな黒い影。視界に霞でも掛かったかのよう。

何故かその時は怖いと思わず、普通に返事をした。

「んー、火の番をしてる」

相手の正体は何者なのか、何故こんな時間にこんな場所に居るのか。

そう言った類いの疑問が全く頭に浮かばなかった。

先程まではシャンと起きていたはずなのに、寝惚けた時のように思考が上手く働かなかったという。

ぼんやりと、

『俺、寝惚けているのかな』

と考えていると、また話し掛けられた。

「その火が消えたら、お前さんどうする?」

「んー、消えないよ」

「こんな山ン中じゃ、一寸先も見えない真っ暗闇だろうな」

「んー、この火が消えちゃったら、そうなるだろうね」

「闇は深いぞ。中に何が潜んでいるか分かったもんじゃないね」

「んー、暗いのは怖いよ。だから火の番をしなくちゃね」

声の主は、頻りと火を消すように勧めてきた。

「火の番なんか止めちゃえよ。もう眠いんだろ。寝ちゃえよ。ぐっすりと」

「んー、そうしたいけど、そういう訳にも行かないんだよね」

「俺が消してやろうか?」

「んー、遠慮しとくよ」

「消すぞ」

「んー、でもすぐまた点けるよ。暗いの嫌だから」

「一度消えた火はすぐ点かないぞ。無駄だからもう寝ちゃえよ」

「んー、ライターもあるし、火種があればすぐ点くよ」

「ライターか。それがあればすぐに火が点くのか」

「んー、点くと思うよ。簡単に山火事になるぐらい」

すると声は、ライターを無心し始めた。

「火が消えないなら、ライターなんてもう要らないだろ。俺にくれよ」

「んー、これは大切な物だから駄目だよ」

「俺が代わりに火を見ていてやるよ。だからライターくれよ」

「んー、僕のじゃないから、やっぱり駄目だよ」

こんな押し問答を何度繰り返しただろうか。

やがて影がゆらりと立ち上がる気配がした。

「火が消えないんじゃ、しょうがないな。帰るとするか。また遊ぼう」

その言葉を最後に、何かが山の闇の中へ去って行った。

「ばいばい」

小さくなる気配にそう挨拶していると、いきなり強く揺さ振られた。

ハッとして身構えると、揺すっていたのは先に寝ていたはずの仲間だ。

目が合うや否や、凄い勢いで問い質される。

「お前!今、一体何と話してた!?」

「何とって…あれ?」

そこでようやく思考がはっきりし、明瞭に物事が考えられるようになる。

「えっ。今、僕、何かと会話してたの!? 夢見てたんじゃなくて!?」

気が付くと、残りの皆もテントから顔を出し、こちらを恐ろし気に見つめている。

彼を揺すり起こした者が、次のように教えてくれた。

テントの外で話し声がしたので目が覚めた。

夜中に迷惑な奴だと思い、テント中の寝顔を確認していたら青くなった。

人数から判断する限り、外には今、一人しか出ていないはずだ。

恐る恐る外を覗くと、焚き火を挟んで座る影が二つ。

片方は間違いなく友人だったが、もう一方が何か分からない。

人の形をした、黒い塊に見えたらしい。

友人と影は、何度もしつこいほど言葉を交わしていた。

どうやら、火を消す、消さないで揉めている様子。

『絶対に消すんじゃないぞ!』

声に出せない願いを胸中で叫んでいると、じきに影は立ち上がり山奥へ消えた。

いつの間にか他の皆も起き出しており、背後で息を殺していた。

影が居なくなった時、テントの中では安堵の溜め息が重なったそうだ。

それから慌てて外に飛び出し、取り憑かれたように火を見つめる友人を引っ掴み、強く揺すって目を覚まさせたのだと、そう言われた。

思わず、影が消え去った方角の闇をじっと見つめてしまった。

何も動く気配は無い。足元で薪の爆ぜる音が聞こえるだけだった。

その後、彼らはその山を下りるまで絶対に火を絶やさないよう心掛けた。

不寝番を二人立てて、火の番を交代でしたのだという。

その甲斐あってか、あの黒い影はもう現れなかったそうだ。

「僕はあの時、何と会話していたのかな?」

思い出すと今でも鳥肌が立つのだそうだ。

関連記事

生霊

この前、職場の同僚Aと居酒屋で飲んでいたときの話。偶然、俺の前の職場の飲み会とカチ合った。俺は特に問題があって辞めたわけじゃないし、前の職場の人とも仲が良かったので、合…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

きよみちゃん

私が小学校三年生の時の話です。そのころ、とても仲よしだった「きよみちゃん」という女の子がクラスにいました。彼女と私は、学校が終わると、毎日のようにお互いの家を行き来して…

白虎隊

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてし…

神社の思い出

小学生の時、家の近くの神社でよく遊んでた。ある日、いつも通り友達みんなで走り回ったりして遊んでいると、知らない子が混ざってた。混ざってたというか、子供の頃は誰彼かまわず…

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。店の辺りには風俗店の…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。俺と母親が「…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

山の神様

俺が体験した不思議な話。母方の実家は山奥の大きな家なんだが、今その家には祖父母と叔父叔母と従兄弟(40近いおっさん)が住んでいる。うちからは少し遠いこともあって、なかな…