大蛇の恩返し

公開日: 不思議な体験

大蛇(浮世絵)

中学2年生の時の体験です。

正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。

私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられました。

そして閉じた瞼の上から鋭く細いものでチクチクと刺され、眼球が奥の方(脳の方)からグググッと押し出されるような、物凄い激痛が走りました。

その何者かはしきりに「これなら大丈夫」「やっと見つけた」などと、ブツブツ呟いていたのを覚えています。

もうダメだと思った時、私の体に何か生温いものが巻き付いたんです。

シャーともギャーとも取れないような声が聞えたと同時に、目の痛みは消えました。

重い空気が消え、体の硬直もいくらか楽になると、私の体に巻き付いているモノは一言、

「ナナニチ シンボウスレバ アカリガ モドルデアロウ」

と、脳に直接話しかけてきました。

同時にお経のようなものも聞こえ、ズルズルと上に這い上がって来たと思ったら、グ、ググッと目の上から締め付けられました。

その後は両目がボンボンに腫れて、病院に行きましたが、原因不明のまま検査入院だけで帰宅しました。

正直、このまま失明するのではないかと不安でしたが、言葉通り七日目の朝には何も無かったかのように腫れも引きました。

視力にも何の問題もありませんでした。

助けてくれたのが大蛇だと判ったのは、その二日後です。

昔からうちの仏間には、大蛇とお釈迦様の縦に細長い絵が飾られていたのですが、その大蛇が消えてしまったのです。

ですが家族(特にばあちゃん)は特に慌てる様子もなく、その時に初めて明かした私の話も「なるほどね」といった感じでした。

ばあちゃんが話してくれたのは、その絵は私が生まれるずっと前からあり、家に住み着いた大蛇が無事に修行を終え神になれるようにと、大昔に地元の宮司さんが描いてくれたものでした。

ですが実はその大蛇、気味悪がった親戚のおじさんが山に捨てに行った、という事が一度だけありました。

おじさんは殺そうとしたようなのですが、何故か後を付けていた私(当時小二)が泣きながら間に入り、小さい体で大蛇を引きずりながら家に持って帰って来た…という事があったらしいんです。

私は全く記憶に無いのですが、ばあちゃんは、

「何度か転んだみたいで、泣きながら泥だらけで蛇を引きずって帰って来るもんだから、ビックリしたよ」

と笑っていました。

ばあちゃん曰く、

「だからその大蛇が恩返しに来たんじゃないか」

とのことでした。

私が大蛇に助けられた年は、その大蛇が修行を終えて神になれると言われていた年だったそうです。

不思議な体験はこの時のみですが、この事は一生忘れないでしょう。

大蛇には感謝の気持ちでいっぱいです。

私の目玉を盗ろうとした者について、ばあちゃんは

「知らない方がいい。調べるなんてしちゃいかんよ」

と、絶対に教えてくれませんでした。

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。 体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。 田舎と言って…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。 実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。 その日は遊べる友達が居なかったので…

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。 真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。 気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。 人だ…

病気がちの少女(宮大工5)

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の建て替えの仕事が入った。 そこは、幼稚園を経営している神社で、立替中には園児に充分注意する必要がある。 また、公園も併設し…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。 夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。 姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

ゲラゲラ(長編)

去年の4月に大学を卒業して、マンションに引っ越した。 そのマンションの真ん中が中庭になっていて、俺は左端に住んでいる。 6階建てのマンションで、右側にマンションの玄関があり…

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。 驚いて体を起こそうとするが動かな…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。 俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…

医師(フリー写真)

夢の中の治療

俺の従兄弟の話を一つ。 非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。 人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。 従兄弟には当時付…