大蛇の恩返し

公開日: 不思議な体験

大蛇(浮世絵)

中学2年生の時の体験です。

正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。

私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられました。

そして閉じた瞼の上から鋭く細いものでチクチクと刺され、眼球が奥の方(脳の方)からグググッと押し出されるような、物凄い激痛が走りました。

その何者かはしきりに「これなら大丈夫」「やっと見つけた」などと、ブツブツ呟いていたのを覚えています。

もうダメだと思った時、私の体に何か生温いものが巻き付いたんです。

シャーともギャーとも取れないような声が聞えたと同時に、目の痛みは消えました。

重い空気が消え、体の硬直もいくらか楽になると、私の体に巻き付いているモノは一言、

「ナナニチ シンボウスレバ アカリガ モドルデアロウ」

と、脳に直接話しかけてきました。

同時にお経のようなものも聞こえ、ズルズルと上に這い上がって来たと思ったら、グ、ググッと目の上から締め付けられました。

その後は両目がボンボンに腫れて、病院に行きましたが、原因不明のまま検査入院だけで帰宅しました。

正直、このまま失明するのではないかと不安でしたが、言葉通り七日目の朝には何も無かったかのように腫れも引きました。

視力にも何の問題もありませんでした。

助けてくれたのが大蛇だと判ったのは、その二日後です。

昔からうちの仏間には、大蛇とお釈迦様の縦に細長い絵が飾られていたのですが、その大蛇が消えてしまったのです。

ですが家族(特にばあちゃん)は特に慌てる様子もなく、その時に初めて明かした私の話も「なるほどね」といった感じでした。

ばあちゃんが話してくれたのは、その絵は私が生まれるずっと前からあり、家に住み着いた大蛇が無事に修行を終え神になれるようにと、大昔に地元の宮司さんが描いてくれたものでした。

ですが実はその大蛇、気味悪がった親戚のおじさんが山に捨てに行った、という事が一度だけありました。

おじさんは殺そうとしたようなのですが、何故か後を付けていた私(当時小二)が泣きながら間に入り、小さい体で大蛇を引きずりながら家に持って帰って来た…という事があったらしいんです。

私は全く記憶に無いのですが、ばあちゃんは、

「何度か転んだみたいで、泣きながら泥だらけで蛇を引きずって帰って来るもんだから、ビックリしたよ」

と笑っていました。

ばあちゃん曰く、

「だからその大蛇が恩返しに来たんじゃないか」

とのことでした。

私が大蛇に助けられた年は、その大蛇が修行を終えて神になれると言われていた年だったそうです。

不思議な体験はこの時のみですが、この事は一生忘れないでしょう。

大蛇には感謝の気持ちでいっぱいです。

私の目玉を盗ろうとした者について、ばあちゃんは

「知らない方がいい。調べるなんてしちゃいかんよ」

と、絶対に教えてくれませんでした。

晴明神社(フリー素材)

晴明神社

京都にある晴明神社に行った時の事。 安部の晴明は今でこそ有名で、観光客も沢山居るらしいが、十年近く前のその頃は一般的にはあまり知られておらず、神社も全然人気が無かった。 私…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。 数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。 気付けば深夜0時近く。連日…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

失われた時間

2001年の秋。 風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。 ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。 最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。 ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。 なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

次元の歪み

先に断っておきます。 この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。 あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。 もし今から私が話す話を…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

命の大切さ

つい最近の出来事です。 職場で色々あって、自殺未遂しちゃったのね。 それで気分転換のため田舎に帰省したんだ。もちろん自殺未遂のことは秘密にして。 すると、信心深いばあ…

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です 当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。 それでちょっと眠くなって…