大蛇の恩返し

公開日: 不思議な体験

大蛇(浮世絵)

中学2年生の時の体験です。

正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。

私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられました。

そして閉じた瞼の上から鋭く細いものでチクチクと刺され、眼球が奥の方(脳の方)からグググッと押し出されるような、物凄い激痛が走りました。

その何者かはしきりに「これなら大丈夫」「やっと見つけた」などと、ブツブツ呟いていたのを覚えています。

もうダメだと思った時、私の体に何か生温いものが巻き付いたんです。

シャーともギャーとも取れないような声が聞えたと同時に、目の痛みは消えました。

重い空気が消え、体の硬直もいくらか楽になると、私の体に巻き付いているモノは一言、

「ナナニチ シンボウスレバ アカリガ モドルデアロウ」

と、脳に直接話しかけてきました。

同時にお経のようなものも聞こえ、ズルズルと上に這い上がって来たと思ったら、グ、ググッと目の上から締め付けられました。

その後は両目がボンボンに腫れて、病院に行きましたが、原因不明のまま検査入院だけで帰宅しました。

正直、このまま失明するのではないかと不安でしたが、言葉通り七日目の朝には何も無かったかのように腫れも引きました。

視力にも何の問題もありませんでした。

助けてくれたのが大蛇だと判ったのは、その二日後です。

昔からうちの仏間には、大蛇とお釈迦様の縦に細長い絵が飾られていたのですが、その大蛇が消えてしまったのです。

ですが家族(特にばあちゃん)は特に慌てる様子もなく、その時に初めて明かした私の話も「なるほどね」といった感じでした。

ばあちゃんが話してくれたのは、その絵は私が生まれるずっと前からあり、家に住み着いた大蛇が無事に修行を終え神になれるようにと、大昔に地元の宮司さんが描いてくれたものでした。

ですが実はその大蛇、気味悪がった親戚のおじさんが山に捨てに行った、という事が一度だけありました。

おじさんは殺そうとしたようなのですが、何故か後を付けていた私(当時小二)が泣きながら間に入り、小さい体で大蛇を引きずりながら家に持って帰って来た…という事があったらしいんです。

私は全く記憶に無いのですが、ばあちゃんは、

「何度か転んだみたいで、泣きながら泥だらけで蛇を引きずって帰って来るもんだから、ビックリしたよ」

と笑っていました。

ばあちゃん曰く、

「だからその大蛇が恩返しに来たんじゃないか」

とのことでした。

私が大蛇に助けられた年は、その大蛇が修行を終えて神になれると言われていた年だったそうです。

不思議な体験はこの時のみですが、この事は一生忘れないでしょう。

大蛇には感謝の気持ちでいっぱいです。

私の目玉を盗ろうとした者について、ばあちゃんは

「知らない方がいい。調べるなんてしちゃいかんよ」

と、絶対に教えてくれませんでした。

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。 自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。 それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

抽象画

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引いた時、3回連続で凶が出た。 こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った。 「それ、どうしたの?」 …

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。 平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。 この日は梅雨独特のジメジメし…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。 山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。 僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。 先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。 東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

渓流(フリー写真)

殺生

秋田・岩手の県境の山里に住む元マタギの老人の話が、怖くはないが印象的だったので投稿します。 その老人は昔イワナ釣りの名人で、猟に出ない日は毎日釣りをするほど釣りが好きだったそう…

すたかという駅

京都駅からJR線に乗っていて、長岡京で降りようと思ってたのに寝過ごして、起きたらちょうどドアが閉まって長岡京を出発するところだった。 仕方がないので折り返そうと次の駅で他の数人と…

やみ駅←きさらぎ駅→かたす駅

皆さん、きさらぎ駅という駅を知ってますか? 何年か前に、2chで有名になった怖い話だそうで、はすみさんという方がその実在しない駅に迷いこんでしまって、結局行方知れずになってしまっ…

怪談ドライブ

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿に出かけ、その帰り、大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。 花火大会の後、会場近くの河原で買い…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。 初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。 俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …