大蛇の恩返し

公開日: 不思議な体験

大蛇(浮世絵)

中学2年生の時の体験です。

正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。

私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられました。

そして閉じた瞼の上から鋭く細いものでチクチクと刺され、眼球が奥の方(脳の方)からグググッと押し出されるような、物凄い激痛が走りました。

その何者かはしきりに「これなら大丈夫」「やっと見つけた」などと、ブツブツ呟いていたのを覚えています。

もうダメだと思った時、私の体に何か生温いものが巻き付いたんです。

シャーともギャーとも取れないような声が聞えたと同時に、目の痛みは消えました。

重い空気が消え、体の硬直もいくらか楽になると、私の体に巻き付いているモノは一言、

「ナナニチ シンボウスレバ アカリガ モドルデアロウ」

と、脳に直接話しかけてきました。

同時にお経のようなものも聞こえ、ズルズルと上に這い上がって来たと思ったら、グ、ググッと目の上から締め付けられました。

その後は両目がボンボンに腫れて、病院に行きましたが、原因不明のまま検査入院だけで帰宅しました。

正直、このまま失明するのではないかと不安でしたが、言葉通り七日目の朝には何も無かったかのように腫れも引きました。

視力にも何の問題もありませんでした。

助けてくれたのが大蛇だと判ったのは、その二日後です。

昔からうちの仏間には、大蛇とお釈迦様の縦に細長い絵が飾られていたのですが、その大蛇が消えてしまったのです。

ですが家族(特にばあちゃん)は特に慌てる様子もなく、その時に初めて明かした私の話も「なるほどね」といった感じでした。

ばあちゃんが話してくれたのは、その絵は私が生まれるずっと前からあり、家に住み着いた大蛇が無事に修行を終え神になれるようにと、大昔に地元の宮司さんが描いてくれたものでした。

ですが実はその大蛇、気味悪がった親戚のおじさんが山に捨てに行った、という事が一度だけありました。

おじさんは殺そうとしたようなのですが、何故か後を付けていた私(当時小二)が泣きながら間に入り、小さい体で大蛇を引きずりながら家に持って帰って来た…という事があったらしいんです。

私は全く記憶に無いのですが、ばあちゃんは、

「何度か転んだみたいで、泣きながら泥だらけで蛇を引きずって帰って来るもんだから、ビックリしたよ」

と笑っていました。

ばあちゃん曰く、

「だからその大蛇が恩返しに来たんじゃないか」

とのことでした。

私が大蛇に助けられた年は、その大蛇が修行を終えて神になれると言われていた年だったそうです。

不思議な体験はこの時のみですが、この事は一生忘れないでしょう。

大蛇には感謝の気持ちでいっぱいです。

私の目玉を盗ろうとした者について、ばあちゃんは

「知らない方がいい。調べるなんてしちゃいかんよ」

と、絶対に教えてくれませんでした。

ジュース(フリー写真)

ワンタ

幼稚園に入る少し前くらいだっただろうか。 子供の頃に、毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。 大きさは、自分よりも大きかったから、犬のゴールデンレトリバーぐらい…

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、 「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」 と言われる事がある。 霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。 これは俺が実…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。 その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。 山一つと言っても、子…

新聞受けから…

これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。俺が前住んでたアパートでの出来事。 その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。 「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ま…

雨(フリー素材)

天候を操る力

小学生の頃だったか。 梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。 そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る…

白無垢の花嫁

白無垢の花嫁さん

俺がまだ小学低学年の頃に体験した話。 俺の家は当時、夏になると田舎に帰っていたんだよね。 そんな時に必ず泊まる小さな民宿があるんだ。 各部屋の入り口はドアではなく襖…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。 いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。 両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。 バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。 学…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。 ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。 起きている奴等…