神社の生活

4a63cb18

これは5年程前から始まる話です。

当時、私は浮浪者でした。東京の中央公園で縄張り争いに敗れて、危うく殺されかけ追放された後、各地を転々とし、最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟に住まうようになりました。

麓に下りては、何でも屋と称して里の人の手伝いをし、手間賃をいただいて食いつなぐ身の上でした。

その生活の中で一番恐ろしかったのは、人間です。

「何でも屋です。何が御用はございませんか」と言っただけで、いきなり猟銃を向けられた事も御座います。

「一度弾を込めたまま、人間に向けてみたかったんだ。ほらよ」と、口止め料まがいの大金(恐怖に慄いた代金は一万円でした)を渡されましたね。

付近を走る暴走族に「お前に人権はねえ」と追い回され、棒切れで叩かれた挙句、足が折れたこともございます。

その時は、よく手伝いに行く代わりに野菜を分けていただいていた農家の方が様子を見に来てくださり、危うく歩けずに餓死するところを救われ、病院にかかる代金までもっていただきました。

その農家の方からは、様々な恩を受けました。

「手に職はあったほうがいい。うちじゃ雇ってやれないから、せめて作物を育ててみて」

そのように仰り、色々な苗や種を分けていただきました。

荒れた境内の砂利を少しよけて、硬い土をたがやし、近くの川からへたくそな水路をひいて引き入れ、ちょっとした農園を作るに至りました。

ある時、何度かに分けて訪れた茶髪の廃墟探検の人たちに大量の除草剤を撒かれ、全滅させられました。

私はこういう団体が来る度、暴走族の一件を思い出して隠れるようにしていたのですが、この時ほど、角材でも持って殺してやりたいと思った事はございません。

そこでの生活は、どなたかから恩を受け、それをどなたかに奪われることの繰り返しでした。

こうした生活をしていると、不思議と心が澄んできます。所詮人間は悪徳の持ち主ばかりだ、と悟るのです。そして、徳の高く優しい人たちに憧れるようになります。

そういう風になってくると、別に幽霊を見ても必要以上に恐くなくなります。

実はこの神社、社務所に本当に幽霊が出たんです。髪がぼさぼさで、白着物に朱袴の女性でした。

生活し始めの頃に気づき、以来怯えて社務所には近づかず、物置小屋で暮らしておりました。

しかし、悟ってしまった頃から、頻繁に社務所に出入りするようになり、大工の親方とも知り合い、古くなった工具を分けてもらった4年前。

仕事を覚えてみるついでに、社務所の修理を始めました。『出て行け!祟り殺すぞ』って具合に睨まれましたよ。何度かちびりました。

でもね、修理をして雑巾がけをしていくうちに、段々付き合い方を覚えました。まず、必要以上にうるさくしない。

次に、神さんじゃなくて、その人に挨拶をしてから入り、出るときも挨拶して出る。社務所が綺麗になる頃には、幽霊のお嬢さんが出てきても、穏やかな表情をするようになりました。

たまにさらさら音が聞こえたような聞こえてないような時は、決まって髪を櫛擦ってる。

2年前、前に私の足を折った暴走族がまた境内へと上がってきましてね、逃げ切れずに捕まって袋叩きにされました。

頭も殴られてぐわんぐわんいってましてね、足なんか痙攣してて、立ち上がって逃げようにもすぐ転ぶ。

深夜の話なので、昼間よりもっと助けも望めず。こりゃあ巫女さんのお仲間になるなと思いました。

若者達はへらへらと笑っているし、私がもう命の限界に近いなんて理解もしてないようでした。

すると驚いた事に、境内を駆け上がってくる足音がするじゃないですか。暴走族たちも、私を殺そうとする手を休めてそちらを見ました。

すると、麓の危ない猟銃持ちのおじさんがやってきて、いきなり銃を暴走族達に向けるじゃありませんか。

しかも発砲したんですよ。わざと外したようですがね。暴走族が慌てて逃げ出したのを見て、私は意識を失いました。

病院で目を覚ました後、見舞いにやってきたおじさん。聞けば、巫女の幽霊に夢の中で脅かされ、飛び起きたら目の前に血走った目をした巫女の幽霊がいた、なんて肝の縮まる思いをしたそうで。

幽霊撃つためにとった銃も、銃床で殴りつけても、そりゃ素通りだったそうですよ。あまりの恐さに逃げ出したら、おっかけられて神社まで追い立てられたと。

だから私は「実はあの廃墟にゃ巫女の幽霊が出るんだよ」って切り出して、社務所の修理と、巫女の幽霊が恐くなくなったところまで話してやったんです。

そしたらおじさん「そりゃあんた、幽霊と内縁の夫婦になってるよ」と真顔で。

退院して真っ先にお礼しましたよ。以来ちょっと生活苦しくても、巫女さんのために一膳のご飯用意してね。嫁の飯も用意できないんじゃ男廃りますし。

多分あれはただの夢ですが、巫女さんと何度も一晩中貪り合った。祝言もあげましたよ。神主もいない神社ですが、まあ神前結婚の気分てね。

1年前。この神社の廃墟を含む山の所有者って方がやってらっしゃいましてね。元々はこの神社の神主の一族だって話してらっしゃいました。

この神社、別に霊験あらたかでもないし、歴史的に由緒あるわけでもなし。終戦後の神道の混乱期に神主不在となって以来、荒れ放題だったとか。

ところが、みすぼらしいのは同じでも、神社がすっかり生気溢れてることに感激したって泣き出しましてね。

私に、神社のある山と麓の農地ををくださったんです。どうせ二束三文の土地なら、活用してくれる人に持っていて欲しいってね。

農地は良くしてくれた農家の方に安く貸し出し、私は今東京に出稼ぎに出てます。なかなか家には戻れんので、嫁が夢に出てくることが多いですが。

いつかこっちもくたばって、その後ずっと一緒にいられるんだから、我慢してもらわないと。

今は金を貯めて、私らが死後暮らすあの神社をもっと修繕し、もう一度ちゃんと神社として神主を迎えられる状態にしないといけません。

関連記事

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。たまに立ち…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。しかし、…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

5センチ

親が道警勤務なので、事件事故の場合は親父の出動の方がニュース速報よりも早い。だから道内の事件事故の速報は、恐怖よりも『親父の仕事』のイメージが強かったりする。でも、豊浜…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…