おさげの女の子

公開日: 心霊ちょっと良い話

バレンタインチョコ(フリー写真)

今から十年以上前、当時高校生だったおいら。

アメリカのバレンタインデーは、好意を持った相手に男女問わずプレゼントをするらしい。

その話を聞きかじり、

『よし!それなら』

と、当時好きだった女の子に告白すべく、少々高価なチョコを購入。

そして、バレンタインデー当日。

チョコを差し出し告白するも見事玉砕。

しかもチョコを受け取ってすらもらえなかった。

居た堪れなくなったおいらは学校をサボり、近所の公園で煙草を吸いながら落ち込んでいた。

暫く経つと、ふと背後に視線を感じた。

振り返るとそこには、

『おさげの黒髪にピンクのカチューシャ』

『白のブラウスとピンクのスカート』

という格好をした、小学低学年くらいの女の子が立っていた。

霊感の無いおいらだが、その時は

『あ!この子はこの世の住人じゃないんだな』

と直感した。

しかし特に怖いという気持ちも湧かなかったので、暫くその子を見つめていた。

すると、その子の視線がおいらの手元をずっと見つめているのに気が付いた。

おいらの手元には渡しそびれたチョコレート…。

これが欲しいのかなと思い、

「これ、本当は他の女の子にあげるつもりだったんだけど、その子にいらないって言われたんだ。

だから、その人のお下がりだけど…欲しい?」

そう声に出して聞いてみた。

そしたら女の子は、

『え!くれるの? 本当に?』

といった顔をしてからおいらに近付き、恐る恐る手を差し出す。

おいらがチョコを渡してあげると、満面の笑顔で

「ありがとう!」

と言って走り出し、その先に曲がり角もないのに、消えるように居なくなった。

まあ、こんなおいらのチョコでも喜んでくれる人(霊?)が居て良かったなと、落ち込んでいた気持ちが少し軽くなった。

関連記事

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。 夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。 主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

雨の日の葉っぱ

雨の日のおばちゃん

小さな頃から、実家に一人で留守番をしている時に雨が降って来るとピンポンが鳴り、 「○○さ~ん(私の苗字)、雨降って来たよ~!!」 と叫ぶおばちゃんが居た。 玄関の戸…

零戦(フリー写真)

身代わり

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。 戦中予科上がりだけど特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢して…

家(フリー写真)

下に誰か来ている

うちの家は親父が製麺業を経営していて、親父は仕事上、朝の4時になると家を出て行く。 両親の部屋は1階、俺の部屋は2階にあった。 俺が中学生だった時のある日のこと。 …

市松人形(フリー写真)

華ちゃん

高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、形見で市松人形を頂いた。 かなり古いが可愛い顔で、良い品だと見て取れるような市松さん。 『華ちゃん』と名付け、髪飾りを作って付けてあげたり…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。 でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

結婚式のブーケ(フリー写真)

夢枕

私が幼い頃、母と兄と私の三人で仲良く暮らしていました。 しかし兄が14歳になる頃、母が事故死してからは親戚をたらい回しにされ、私はまだ4歳でその時の記憶は殆ど無いのですが、兄はか…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。 その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。 でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。 なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。 眼を凝らして見てみると、それは…

古いアパート

ワケアリ物件の守護霊

半年前の出来事です。 現在住んでいるアパートは「出る」という噂のある物件で、私は恐怖を感じない0感体質のため、破格の家賃に惹かれて入居しました。 台所の壁には、逆さまに吊…