お迎え

公開日: 心霊ちょっと良い話

ビル(フリー写真)

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。

就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。

癌で入院しているのは知っていたけど、『肝臓癌10年連続余命半年宣言』という快挙を成し遂げていたので、『どうせまた帰って来るだろう』と、それほど気にしていなかった。

でも亡くなった日の早朝、突然目を覚ました私の目の前には、三年ほど前に交通事故で亡くなった別の役員さんの姿が…。

「あれー? 亡くなったんじゃなかったでしたっけ?」

その役員さんは生前と同様、にこにこ微笑むばかり。

ああ、何だか胸の辺りがあったかいなあ…と妙にリラックスして、再度眠りに落ちる私。

その翌朝、打ち合わせでその会社に行った時、やっとその意味が解った。

『迎えに来たから心配しなくていいよ』

と言っていたんだなあと。

お葬式で見た社長さんの死に顔も、見たことがないくらい穏やかだった。

「これで好きなお酒が好きなだけ呑めるねぇ」

と、みんな口々に言っていた。

この会社ではお世話になった人が何人か亡くなっているのだが、毎回何かしら事前にお知らせが来る。

自分が死んだ時、みんな向こうで一升瓶を抱えて出来上がっているのかと思うと…。

不死になる方法はないだろうかと心から思う。

関連記事

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。大阪で…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

病院(フリー背景素材)

みほちゃん

看護学生の頃、友達と遊びに行った先で交通事故を目撃しました。勉強中の身ではあったのですが、救急隊員が駆け付けるまでの間、友人の手も借りながら車に撥ねられた女の子の応急処置をしま…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

渓流(フリー写真)

川辺で会ったおじさん

小学5年生の頃、隣のクラスに関西からの転校生S君が来た。ある日の昼休み、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名から小突かれたりして虐められているのを発見した。俺は当時、…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

台所(フリー写真)

おばあちゃんの料理

十年以上寝たきりで、最後の方は痴呆になってしまっていたおばあちゃん。帰省してお見舞いに行った時、私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、「もういいよ」…

手を繋ぐ母と娘(フリー写真)

娘の右手

二年前の春、夫が交通事故で、まだ幼稚園の娘と私を残して逝ってしまいました。あまりに突然だったため、その頃のことはあまり憶えていません。夫を失ったショックと、これからの生…