お迎え

公開日: 心霊ちょっと良い話

ビル(フリー写真)

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。

就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。

癌で入院しているのは知っていたけど、『肝臓癌10年連続余命半年宣言』という快挙を成し遂げていたので、『どうせまた帰って来るだろう』と、それほど気にしていなかった。

でも亡くなった日の早朝、突然目を覚ました私の目の前には、三年ほど前に交通事故で亡くなった別の役員さんの姿が…。

「あれー? 亡くなったんじゃなかったでしたっけ?」

その役員さんは生前と同様、にこにこ微笑むばかり。

ああ、何だか胸の辺りがあったかいなあ…と妙にリラックスして、再度眠りに落ちる私。

その翌朝、打ち合わせでその会社に行った時、やっとその意味が解った。

『迎えに来たから心配しなくていいよ』

と言っていたんだなあと。

お葬式で見た社長さんの死に顔も、見たことがないくらい穏やかだった。

「これで好きなお酒が好きなだけ呑めるねぇ」

と、みんな口々に言っていた。

この会社ではお世話になった人が何人か亡くなっているのだが、毎回何かしら事前にお知らせが来る。

自分が死んだ時、みんな向こうで一升瓶を抱えて出来上がっているのかと思うと…。

不死になる方法はないだろうかと心から思う。

関連記事

天使のはしご(フリー写真)

成仏した女の子

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。 …

紫陽花(フリー写真)

紫陽花

去年の今頃、ばあちゃんが死んだ。ずっと入院生活だったし、医者からも「いつ逝ってもおかしくない」と言われていて、心の準備はできていたはずだったがやはり悲しく、棺…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。ブランコと滑り台、それと…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…