お迎え

公開日: 心霊ちょっと良い話

ビル(フリー写真)

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。

就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。

癌で入院しているのは知っていたけど、『肝臓癌10年連続余命半年宣言』という快挙を成し遂げていたので、『どうせまた帰って来るだろう』と、それほど気にしていなかった。

でも亡くなった日の早朝、突然目を覚ました私の目の前には、三年ほど前に交通事故で亡くなった別の役員さんの姿が…。

「あれー? 亡くなったんじゃなかったでしたっけ?」

その役員さんは生前と同様、にこにこ微笑むばかり。

ああ、何だか胸の辺りがあったかいなあ…と妙にリラックスして、再度眠りに落ちる私。

その翌朝、打ち合わせでその会社に行った時、やっとその意味が解った。

『迎えに来たから心配しなくていいよ』

と言っていたんだなあと。

お葬式で見た社長さんの死に顔も、見たことがないくらい穏やかだった。

「これで好きなお酒が好きなだけ呑めるねぇ」

と、みんな口々に言っていた。

この会社ではお世話になった人が何人か亡くなっているのだが、毎回何かしら事前にお知らせが来る。

自分が死んだ時、みんな向こうで一升瓶を抱えて出来上がっているのかと思うと…。

不死になる方法はないだろうかと心から思う。

関連記事

結婚式の席(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。私はそのことを引きずり、「もう新しい彼氏も結婚もいらない」と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだ…

京浜東北線(フリー写真)

杖を持ったおじいさん

2年前の出来事。その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。パチンコで負けただ…

吹雪(フリー写真)

大型トラックの男性

親父から聞いた話です。昔、親父が雪深い山の現場でバイトしていた時の事。妻子を置いて季節労働に来ている男性が居て、皆から頼られるリーダーとして現場を仕切っていました。 …

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

ひよこ(フリー写真)

変り種の相棒

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。 …

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

父と息子(フリー写真)

親父の微笑み

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。親父が…