人の想い

公開日: 心霊ちょっと良い話

ソファー(フリー写真)

俺は出張マッサージを生業にしているのだけど、十何年か前、名前を言えば誰でも知っている会社の会長さんのお宅に仕事でお伺いした時の事。

いつものように呼び鈴を押して返事を待っていたところ、着物姿のお手伝いさんが門から出て来た。

そして手招きをして

「こちらの居間へどうぞ」

と居間に通され、ソファに腰掛けていた。

するとそこの奥様が来て、驚いた様子で

「どうやって家に入ったの?」

と聞いてきたので、

「お手伝いさんに案内されましたが」

と言ったら、

「家にはお手伝いは居ない」

と言う。

こういう感じの人でしたよと説明した後、奥様がいきなり

「ああ…また出たのね~」

どうやら以前雇っていた方だったらしく、亡くなっても尽くしているお手伝いさんに感動してしまった。

後日談

あの一件の後、そのお宅の旦那さんが奥様からお手伝いさんの話を聞き、

「まだ逝ってないのか、解った」

と言い、お手伝いさんが眠る墓地に赴き、墓前に線香と花を添えてから、

「もう向うに逝きなさい。お前は充分に働いてくれたじゃないか」

と言葉を掛け、墓地を後にしたのでした。

次の日の夜中、旦那さんの枕元にお手伝いさんが正座して、

「お坊ちゃま、お世話になりました。これからアチラに参ります」

と頭を下げて消えたそうです。

その話を後で奥様から伺い、

「もう出ませんよ」

と言われた時は、一抹の寂しさを感じてしまいました。

死後の世界があるのかどうかは分からないけど、人の想いはこの世に残るものですね。

関連記事

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。1年生のころからずっといじめ続…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。不思議なのはその人の会話です。話題…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

子犬(フリー写真)

子犬のお礼

子供の頃、不思議な経験をしました。小学5年生の当時、私はド田舎で暮らしていました。小学校は統合され、登下校はスクールバスでなければ通えないような土地。スクールバ…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。癌で入院しているのは知って…

駅のホーム(フリー写真)

同い年の父

今まで誰に言っても信じてもらえなかった話だけど、俺は同い年(当時27歳)の親父と話をしたことがある。親父は俺が4歳の時に死んだのだが…。俺が東京から実家に帰る途中の田…