無数の手

公開日: 心霊体験

海沿いの崖(フリー写真)

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。

海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。

その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。

今回選んだ場所は、地元の釣り好きから穴場として知られる岩場で、よく釣れるということで知る人ぞ知るスポットだ。

その岩場はかなり高さがあって、海面まではほぼ垂直の岩肌が続いている。

岩肌は海面に触れた所からスッと消えるように海の底まで伸びている。

ここからでは海底を見る事は出来ず、水深はかなり深いと思われる。

今日は平日ということもあって、人は殆ど居なかった。

調子が上がらずに今日は早めに引き上げようと思った。

午後、日が暮れる直前の時刻になり、そろそろ帰ろうかと思っていると水面下に黒い大きな影が現れた。

初めは日が暮れてきたので何かの影だろうと思っていたが、どうやらイカか何かの大群である事に気付いた。

『こんな所にイカの群れが来るのはおかしいな』と思いながら、何となく釣り糸をそちらの方へやってみた。

すると数秒もしない内に食い付いてきた。

驚く間もなく急いでリールを巻くと、かなりの力で引っ張られた。

もしかしたら大物が紛れ込んでいたのかも知れないと思い、慎重にリールを巻いて行く。

不規則な感覚でやけに強い力で引っ張られるので不思議に思った。

こんな感覚は初めてだ。

なかなか引き上げることが出来ないので、まずは体力を奪おうと思い、竿を岩の間に固定することにした。

様子を見るために、そのイカの群れの方を近くで覗いてみる。

それはイカではなかった。

よく見ると、無数の人の手が糸にしがみ付き、必死に水面へ上がって来ようとしていた。

その光景はまるで地獄から這い上がろうとする沢山の怨霊が、天から垂らされた糸を奪い合っているような状態だった。

ふと気付くと、全身を使って糸にしがみ付き、こちらを睨み付ける男と目が合った。

身動きが取れずにただ絶句していると、苦しそうな顔、悔しそうな顔、怒りに満ち溢れた幾つもの顔がこちらを見ていた。

すると、その時。

「バキッ!」という大きな音を立て、岩に固定していた竿が外れ、その反動で海へ落ちて行った。

落ちた竿は一瞬で海に飲み込まれて見えなくなった。

あの霊は登って来ようとしていたのではなく、海に引き摺り込もうとしていたのだ。

後で知ったことだが、その崖は自殺の名所として有名な場所だったらしい。

それからは二度と岩場には近付いていない。

ダークな抽象模様(フリー画像)

情け

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。 ※ 高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。 夜道で霊らしきも…

オートロック

幽霊がいるって信じてないんだけど、一度だけ不思議な経験をしたことがある。今思ったら怖い体験なんだけど…。 4年前、神戸に住んでいた時、警備会社でアルバイトしてた。 大概夜勤…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。 不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。 と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。 ある日の朝、オレはいつものよう…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。 その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。 目的のエリアに着いて『…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。 母親が心…

学校の校門(フリーイラスト)

校門を閉じる習慣

私の通っていた高校には、17時のサイレンが鳴ると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。 まだ下校のチャイムすら鳴っていないのに正門を閉めるのです。 生徒はい…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…