無数の手

公開日: 心霊体験

海沿いの崖(フリー写真)

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。

海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。

その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。

今回選んだ場所は、地元の釣り好きから穴場として知られる岩場で、よく釣れるということで知る人ぞ知るスポットだ。

その岩場はかなり高さがあって、海面まではほぼ垂直の岩肌が続いている。

岩肌は海面に触れた所からスッと消えるように海の底まで伸びている。

ここからでは海底を見る事は出来ず、水深はかなり深いと思われる。

今日は平日ということもあって、人は殆ど居なかった。

調子が上がらずに今日は早めに引き上げようと思った。

午後、日が暮れる直前の時刻になり、そろそろ帰ろうかと思っていると水面下に黒い大きな影が現れた。

初めは日が暮れてきたので何かの影だろうと思っていたが、どうやらイカか何かの大群である事に気付いた。

『こんな所にイカの群れが来るのはおかしいな』と思いながら、何となく釣り糸をそちらの方へやってみた。

すると数秒もしない内に食い付いてきた。

驚く間もなく急いでリールを巻くと、かなりの力で引っ張られた。

もしかしたら大物が紛れ込んでいたのかも知れないと思い、慎重にリールを巻いて行く。

不規則な感覚でやけに強い力で引っ張られるので不思議に思った。

こんな感覚は初めてだ。

なかなか引き上げることが出来ないので、まずは体力を奪おうと思い、竿を岩の間に固定することにした。

様子を見るために、そのイカの群れの方を近くで覗いてみる。

それはイカではなかった。

よく見ると、無数の人の手が糸にしがみ付き、必死に水面へ上がって来ようとしていた。

その光景はまるで地獄から這い上がろうとする沢山の怨霊が、天から垂らされた糸を奪い合っているような状態だった。

ふと気付くと、全身を使って糸にしがみ付き、こちらを睨み付ける男と目が合った。

身動きが取れずにただ絶句していると、苦しそうな顔、悔しそうな顔、怒りに満ち溢れた幾つもの顔がこちらを見ていた。

すると、その時。

「バキッ!」という大きな音を立て、岩に固定していた竿が外れ、その反動で海へ落ちて行った。

落ちた竿は一瞬で海に飲み込まれて見えなくなった。

あの霊は登って来ようとしていたのではなく、海に引き摺り込もうとしていたのだ。

後で知ったことだが、その崖は自殺の名所として有名な場所だったらしい。

それからは二度と岩場には近付いていない。

関連記事

フィルムノイズ(フリー素材)

白い影の正体

私は親族に、主に妻の家族に隠し事をしている。なぜ私だけが知り、なぜあの時、お義父さんが私だけに話したのか。それは10年以上経過した現在でも判らない。 ※ 妻の母親、…

和室(フリー写真)

白い顔

俺は4歳になるまで、夜はばあちゃんの家に預けられていた。夜はばあちゃんと並んで寝るんだけど、その部屋に亡くなったじいちゃんの仏壇があったんだ。夜中に目が覚めたりすると、…

山道(フリー写真)

降霊陣

これから僕が書くのは、昔出版社に勤めていた親父がある人に書いてもらった体験談ですが、ある事情でお蔵入りになっていたものです。出来ることなら霊だとかそういうものには二度と触れずに…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

心霊動画保管庫

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。まず、俺の知り合いで携帯の不思…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

幽霊と…

5年ぐらい前、地方都市でホステスをしていた時の話。一緒に働いている女の子で、自称霊感の強いMちゃんという子がいた。最初は信じていなかったのだが、Mちゃんが「明日は外出し…