無数の手

公開日: 心霊体験

海沿いの崖(フリー写真)

昔、趣味で釣りによく行っていた時の話。

海釣りと言っても沖の方に出るのではなく、磯や岩場で釣る方だ。

その日も朝早くから支度をして車で出掛けた。

今回選んだ場所は、地元の釣り好きから穴場として知られる岩場で、よく釣れるということで知る人ぞ知るスポットだ。

その岩場はかなり高さがあって、海面まではほぼ垂直の岩肌が続いている。

岩肌は海面に触れた所からスッと消えるように海の底まで伸びている。

ここからでは海底を見る事は出来ず、水深はかなり深いと思われる。

今日は平日ということもあって、人は殆ど居なかった。

調子が上がらずに今日は早めに引き上げようと思った。

午後、日が暮れる直前の時刻になり、そろそろ帰ろうかと思っていると水面下に黒い大きな影が現れた。

初めは日が暮れてきたので何かの影だろうと思っていたが、どうやらイカか何かの大群である事に気付いた。

『こんな所にイカの群れが来るのはおかしいな』と思いながら、何となく釣り糸をそちらの方へやってみた。

すると数秒もしない内に食い付いてきた。

驚く間もなく急いでリールを巻くと、かなりの力で引っ張られた。

もしかしたら大物が紛れ込んでいたのかも知れないと思い、慎重にリールを巻いて行く。

不規則な感覚でやけに強い力で引っ張られるので不思議に思った。

こんな感覚は初めてだ。

なかなか引き上げることが出来ないので、まずは体力を奪おうと思い、竿を岩の間に固定することにした。

様子を見るために、そのイカの群れの方を近くで覗いてみる。

それはイカではなかった。

よく見ると、無数の人の手が糸にしがみ付き、必死に水面へ上がって来ようとしていた。

その光景はまるで地獄から這い上がろうとする沢山の怨霊が、天から垂らされた糸を奪い合っているような状態だった。

ふと気付くと、全身を使って糸にしがみ付き、こちらを睨み付ける男と目が合った。

身動きが取れずにただ絶句していると、苦しそうな顔、悔しそうな顔、怒りに満ち溢れた幾つもの顔がこちらを見ていた。

すると、その時。

「バキッ!」という大きな音を立て、岩に固定していた竿が外れ、その反動で海へ落ちて行った。

落ちた竿は一瞬で海に飲み込まれて見えなくなった。

あの霊は登って来ようとしていたのではなく、海に引き摺り込もうとしていたのだ。

後で知ったことだが、その崖は自殺の名所として有名な場所だったらしい。

それからは二度と岩場には近付いていない。

関連記事

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

小学校の廊下(フリー写真)

パソコン室の幽霊

これは俺が当時通っていた小学校の話だ。俺はその日、パソコン室に筆箱を忘れた。それに気付いたのは六時間目が始まってから(その時間は隣の女子に鉛筆を貸してもらっていた)。仕…

障子(フリー写真)

女の影

今から15年前、中学の野球部合宿での話。夏の合宿で毎年使っていた宿が廃業し、その年から宿が変わった。民宿でもホテルでもなく、そこは公民館というか町営の集会所のようなとこ…

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

フィルムノイズ(フリー素材)

白い影の正体

私は親族に、主に妻の家族に隠し事をしている。なぜ私だけが知り、なぜあの時、お義父さんが私だけに話したのか。それは10年以上経過した現在でも判らない。 ※ 妻の母親、…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…