ばあちゃんのまじない

夜の海(フリー素材)

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。

ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。

起きている奴等でどうするか話し合っていると、今まで寝ていた変な奴が起きた。

そいつは布団の上をモソモソと四つん這いで移動し、魘されている奴の近くまで行った。

そして人差し指と中指を立て、寝ている奴の上を「チョイ」と何かを切るように一回払った。

次いで指をチョキの形にして、またも体の上を数回「チョキチョキ」と切るような仕草をした。

すると奇妙な事に、それまで魘されていた奴の眠りが急に穏やかになった。

その変な奴は、眠そうにまたモソモソと自分の布団に戻り寝てしまったのだが、俺達は不安になって魘されていた奴を起こしてみた。

それで話を聞いてみると、

「あかんねん…、何か海の中に居てな、白い物が一杯絡み付いてくるんよ。俺、泳げたはずなのに、どんどん絡まるんよ。

息も出来ないし必死で足掻いてたんだけど、急に懐からナイフと鋏が出てきて、白いものが切れて助かったんよ…」

明くる朝、変な奴に話を聞いてみると「あー…ばあちゃんから習ったまじない」とだけ言った。

合宿はつつがなく終わったが、何とも奇妙な出来事だった。

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

友子が二人

一人で繁華街を歩いていると、ガラス張りのカフェ店内の窓際席に一人でいる友子を見つけた。友子の携帯に電話して驚かせようとしたが、友子は電話に気付かない。じっと座り、目を左…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

エレベーター

今から5年前、渋谷のとある会社に勤めていた時の体験。深夜残業になり、夜中まで仕事をしてた。事務所は6階建ての雑居ビルの4階で、深夜になると非常階段は閉められてエレベーター以外降…

地底世界

小学校2年生の頃の話。山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

社長室(フリー写真)

社長の話

以前勤めていた会社での事。その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。しかし所詮は個人企業。社長も元々商売の才覚があった人…