動物たちの宴会

公開日: 心霊ちょっと良い話

高野山(フリー写真)

私は仕事の関係で、アジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。

こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、今の趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中心になってます。

それで去年の夏、高野山に行って来ました。

そこの奥の院という所は、色々なお墓があることで有名な霊域です。

そこに行ったらどうしても足が横道に逸れ、私には関係のない墓に立ち止まってしまいます。

ああ、引っ張られているなと思いましたが、これも何かの縁と般若心経を唱えました。

そしたら次もまた引っ張られて心経、また引っ張られて心経と繰り返していました。

幾つくらい廻ったのか分かりませんが、奥の院という所は、入り口から弘法大師の眠る御廟まで一時間強もあれば帰って来られる所です。

しかし私はそんなことをしていたため3時間半ほどかかりました。

実はここに来るまで左肩がやたら重かったのですが、一つ一つそうした墓や碑を過ぎる度に軽くなってきたことも憶えています。

そして其の夜、旅先の旅館で夢を見ました。

その夢は馬や牛、イヌ、鳥、珍しいところではもぐらやカワウソみたいな沢山の動物たちと一緒に、円座になって酒を飲み歓談しているものでした。

人間は私だけでしたが、覚えているのはつまみは枝豆と豆腐くらいしかなかったことかな?

さすが動物宴会だ、肉が無い、と変に感心しながら楽しんでいました。

霧のようなものが出て来たので、

「そろそろお開きだ」

とお馬さんが言い出し、みな片付けをし始めました。

そして皆こちらを向き、

「ありがとう」

と挨拶。

「え、俺、何もしてないよ」

と言いながら視線を彼らに向けると、皆人間の姿になっていました。

軍服を着た人、レトロな背広を着た人、ドカチンスタイルの人、モンペを着た女性が十数名、手を振りながら霧の中に消えて行きました。

そこで目が覚めました。

あまりに強烈な夢だったので、モーニングを食べながら色々考えていましたら、昨日の高野山の一件を思い出しました。

そう言えば昨日いっぱい拝んだ墓は『海外物故者』『航空兵』『近衛兵』『陸軍○○』『海軍○○』と書いてあったな。

きっと海外に居た時に私の身体について、ここまで一緒に来たんだな。

それでわざわざ夢に出て、御礼を言いに来てくれたんだ。

気が付くと、ここに来る前には重たかった左肩も、今はすっかり軽くなっている…。

怖くという感覚はありませんでした。

それよりも、私を驚かさないように愉快な動物の姿で来てくれた事の方が、嬉しくて悲しかったです。

今度出て来る時はそのままの姿で良いよ、怖がらないから。

関連記事

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

白いシャツ(フリー写真)

破れたシャツ

先日、酔っ払いに絡まれている女性がいたので助けました。その時、酔っ払いに引っ張られ、シャツの生地の縫合部分が裂けました。その日に限って、病気で亡くなった妻が私の誕生日…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

河原(フリー写真)

猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…