動物たちの宴会

公開日: 心霊ちょっと良い話

高野山(フリー写真)

私は仕事の関係で、アジア圏を中心に出張や短期駐在に行くことがあります。

こういう生活を続けるとかえって日本の風物が懐かしくなるもので、今の趣味が休日利用の温泉や神社仏閣巡りが中心になってます。

それで去年の夏、高野山に行って来ました。

そこの奥の院という所は、色々なお墓があることで有名な霊域です。

そこに行ったらどうしても足が横道に逸れ、私には関係のない墓に立ち止まってしまいます。

ああ、引っ張られているなと思いましたが、これも何かの縁と般若心経を唱えました。

そしたら次もまた引っ張られて心経、また引っ張られて心経と繰り返していました。

幾つくらい廻ったのか分かりませんが、奥の院という所は、入り口から弘法大師の眠る御廟まで一時間強もあれば帰って来られる所です。

しかし私はそんなことをしていたため3時間半ほどかかりました。

実はここに来るまで左肩がやたら重かったのですが、一つ一つそうした墓や碑を過ぎる度に軽くなってきたことも憶えています。

そして其の夜、旅先の旅館で夢を見ました。

その夢は馬や牛、イヌ、鳥、珍しいところではもぐらやカワウソみたいな沢山の動物たちと一緒に、円座になって酒を飲み歓談しているものでした。

人間は私だけでしたが、覚えているのはつまみは枝豆と豆腐くらいしかなかったことかな?

さすが動物宴会だ、肉が無い、と変に感心しながら楽しんでいました。

霧のようなものが出て来たので、

「そろそろお開きだ」

とお馬さんが言い出し、みな片付けをし始めました。

そして皆こちらを向き、

「ありがとう」

と挨拶。

「え、俺、何もしてないよ」

と言いながら視線を彼らに向けると、皆人間の姿になっていました。

軍服を着た人、レトロな背広を着た人、ドカチンスタイルの人、モンペを着た女性が十数名、手を振りながら霧の中に消えて行きました。

そこで目が覚めました。

あまりに強烈な夢だったので、モーニングを食べながら色々考えていましたら、昨日の高野山の一件を思い出しました。

そう言えば昨日いっぱい拝んだ墓は『海外物故者』『航空兵』『近衛兵』『陸軍○○』『海軍○○』と書いてあったな。

きっと海外に居た時に私の身体について、ここまで一緒に来たんだな。

それでわざわざ夢に出て、御礼を言いに来てくれたんだ。

気が付くと、ここに来る前には重たかった左肩も、今はすっかり軽くなっている…。

怖くという感覚はありませんでした。

それよりも、私を驚かさないように愉快な動物の姿で来てくれた事の方が、嬉しくて悲しかったです。

今度出て来る時はそのままの姿で良いよ、怖がらないから。

関連記事

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

零戦(フリー写真)

身代わり

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。戦中予科上がりだけど特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢して…

雪景色(フリー素材)

もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見廻りを終えて山を下っていた。左側の谷から、強烈な北風に舞い上がった粉雪が吹き付けてくる。ちょっとした吹雪のような、『もどり雪』だ…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…