大型トラックの男性

公開日: 心霊ちょっと良い話

吹雪(フリー写真)

親父から聞いた話です。

昔、親父が雪深い山の現場でバイトしていた時の事。

妻子を置いて季節労働に来ている男性が居て、皆から頼られるリーダーとして現場を仕切っていました。

ある日、現場に入ったばかりの若造二人が、猛吹雪の中を飲みに行ってしまいました。

案の定、いつまで経っても帰って来ません。

一軒しかない麓の飲み屋に電話したところ、とっくに店を出たと言う。

リーダーはおさまらない吹雪の中、若造達を探しに出掛けました。

作業開始時刻になるまでに戻らなければ、警察に連絡するよう残った人間に伝えて。

視界ゼロ、息が出来ない程の吹雪の中、必死で運転し若造達の姿を探すリーダー。

しかし深い雪に車が埋まり、身動きが取れなくなってしまいました。

外に出て必死で脱出を試みるものの、車は全く動かず。

その時、途方に暮れていたリーダーの前に大型のトラックが現れ、古い作業着にスキー帽を被った体格の良い男性が出て来ました。

そして一言も喋らずに、あっと言う間に車を引っ張り、轍から救出。

トラックはそのままリーダー達の現場がある頂上へと走り去りました。

そこへ行方不明だった若造達が現れました。

やはり彼らも、大型トラックの男性に脱輪していたところを助けられたとか。

これは何としてもお礼を言わなくてはと、揃って男性が向かったはずの現場に戻りましたが、男性とトラックはどこにもいませんでした。

『一本道なのに何故? 麓に戻ったのなら擦れ違うはずでは?』

と不思議に思うリーダーの元に嫁から電話が。

亡くなったお父さんが貴方の事を心配している夢を見た。

ニュースでそちらがひどい悪天候だと見て不安になったと。

それを見て端と思い出すリーダー。

義理の父は大型トラックのドライバーで、いつもくたくたの作業着に、娘が高校の時に編んでプレゼントしたスキー帽を被っていて、無口な人だったと。

工期が終わり久々に家に帰ったリーダーは、義父が大好きだった煙草とワンカップを持って墓参りに行ったそうです。

奥さんはお礼にと、新しいスキー帽を編んでお墓に供えたのだとか。

関連記事

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

古民家(フリー写真)

祖父母の人生

私のおじいちゃんとおばあちゃんの話。この間、おばあちゃんの家に泊まった時にしてくれた話です。 ※ おばあちゃんは生まれつき目が悪かったんだけど、戦時中は9人居る兄弟の為に働…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

天使のはしご(フリー写真)

成仏した女の子

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。 …

体温計(フリー写真)

太いお姉ちゃん

去年の話なのだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。『ひょっと…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…