大型トラックの男性

公開日: 心霊ちょっと良い話

吹雪(フリー写真)

親父から聞いた話です。

昔、親父が雪深い山の現場でバイトしていた時の事。

妻子を置いて季節労働に来ている男性が居て、皆から頼られるリーダーとして現場を仕切っていました。

ある日、現場に入ったばかりの若造二人が、猛吹雪の中を飲みに行ってしまいました。

案の定、いつまで経っても帰って来ません。

一軒しかない麓の飲み屋に電話したところ、とっくに店を出たと言う。

リーダーはおさまらない吹雪の中、若造達を探しに出掛けました。

作業開始時刻になるまでに戻らなければ、警察に連絡するよう残った人間に伝えて。

視界ゼロ、息が出来ない程の吹雪の中、必死で運転し若造達の姿を探すリーダー。

しかし深い雪に車が埋まり、身動きが取れなくなってしまいました。

外に出て必死で脱出を試みるものの、車は全く動かず。

その時、途方に暮れていたリーダーの前に大型のトラックが現れ、古い作業着にスキー帽を被った体格の良い男性が出て来ました。

そして一言も喋らずに、あっと言う間に車を引っ張り、轍から救出。

トラックはそのままリーダー達の現場がある頂上へと走り去りました。

そこへ行方不明だった若造達が現れました。

やはり彼らも、大型トラックの男性に脱輪していたところを助けられたとか。

これは何としてもお礼を言わなくてはと、揃って男性が向かったはずの現場に戻りましたが、男性とトラックはどこにもいませんでした。

『一本道なのに何故? 麓に戻ったのなら擦れ違うはずでは?』

と不思議に思うリーダーの元に嫁から電話が。

亡くなったお父さんが貴方の事を心配している夢を見た。

ニュースでそちらがひどい悪天候だと見て不安になったと。

それを見て端と思い出すリーダー。

義理の父は大型トラックのドライバーで、いつもくたくたの作業着に、娘が高校の時に編んでプレゼントしたスキー帽を被っていて、無口な人だったと。

工期が終わり久々に家に帰ったリーダーは、義父が大好きだった煙草とワンカップを持って墓参りに行ったそうです。

奥さんはお礼にと、新しいスキー帽を編んでお墓に供えたのだとか。

関連記事

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

河原(フリー写真)

猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。ば…

渓流(フリー写真)

川辺で会ったおじさん

小学5年生の頃、隣のクラスに関西からの転校生S君が来た。ある日の昼休み、体育館の片隅でS君がクラスの野球部数名から小突かれたりして虐められているのを発見した。俺は当時、…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…