紫陽花

公開日: 心霊ちょっと良い話

紫陽花(フリー写真)

去年の今頃、ばあちゃんが死んだ。

ずっと入院生活だったし、医者からも

「いつ逝ってもおかしくない」

と言われていて、心の準備はできていたはずだったがやはり悲しく、棺の中のばあちゃんの顔を見られないまま葬式進行、出棺になった。

みんなで棺に花を入れていたら、母が

「あっ!お母さん紫陽花大好きだった!」

といきなり叫んだ。

入れるために用意されていた花の中に紫陽花は無かった。

「好きだった花だし入れてあげよう!」

ということになって、私と従姉妹二人と叔父で車に乗り、あちこちの花屋に行ったが、何故だか紫陽花はどこにも売っていない。

葬式屋に出棺を待ってもらっている状態だったので、遠くの花屋まで行く時間は無い。

仕方なく帰ろうとしたら、道沿いの家の庭に沢山の紫陽花が咲いているのが見えた。

その紫陽花の横に初老の男性が立って何かしていた。

「あの人に言えば譲ってくれるかも!」と叔父が言って車を停め、全員で男性の元へ走った。

「あの」と話しかけると、男性はすっと、今切ったばかりのような綺麗な紫陽花を束で叔父に手渡した。

「ほら、早く行ってあげなさい」

そう言って笑う男性に私たちは何度も頭を下げ、急いで帰り、無事にばあちゃんの棺に紫陽花を入れる事ができた。

私も入れたが、その時初めて見たばあちゃんの顔は安らかで、まるで眠っているようだった。

翌日、私たちは「お礼をしなきゃ」と、お菓子を持ってその家を訪ねた。

でも着いたら、そこはどう見ても空き家。昨日見た時は、確かに普通の家だったのに。

屋根瓦も剥がれているし、壁も一目見て腐っていると判るような状態。人の気配もしない。

でも、昨日見た紫陽花は確かにそこの庭に生えている。近所で他に庭に紫陽花がある家は無かった。

叔父と一緒に「確かにここだったよね?」とうろうろしていたら、従姉妹が「よそのおじいさんが、独断で譲ってくれたんかね?」と言い出した。

そうかも…と私たちは納得しかけたが、その時改めて考えてみると、あの男性は私たちが何も言わないうちに紫陽花を渡してくれた。

いくら私たちが喪服だったからって、そんなにすぐ用件が判るだろうか?

それに、私たちが男性に話し掛けた時、男性は既に手に紫陽花の束を持っていたようだった。

まるで、私たちが来るのが判っていたように。

私も叔父も従姉妹も何となく黙ってしまい、結局空き家の玄関にお菓子を置いて帰った。

誰も居ない家に何度も頭を下げて。

あれから一年経ったが、今だに不思議。

その家とばあちゃんとの縁も見えない。

でも、あの家に住んでいた人以外の『何か』が、私たちに優しくしてくれたのかな、と思っている。

関連記事

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

白いシャツ(フリー写真)

破れたシャツ

先日、酔っ払いに絡まれている女性がいたので助けました。その時、酔っ払いに引っ張られ、シャツの生地の縫合部分が裂けました。その日に限って、病気で亡くなった妻が私の誕生日…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

ひよこ(フリー写真)

変り種の相棒

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。 …

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

山間の田んぼ(フリー写真)

小さな祠と石

うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。亡くなる前々日、いつもは帰ってすぐ部屋に入ってしまう兄が、珍しく私にPCの使い方を教えてくれました。その事を思い出すと、今でも涙…

油絵の具(フリー写真)

母の想い

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。母がパートに出て何とか生活できているような程度の生活だ。学校の集金の度に母親が溜め息を吐いていたのをよく憶えている。別…