四国八十八箇所逆打ちの旅

四国の夜空

四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」をやると死者が蘇る。

映画「死国」の影響で、逆打ちをそういう禁忌的なものと捉えている人も多いのではなかろうか?

観光化が進み、今はもう殆ど見ないようだが、真っ白い死装束のような巡礼服を着て順打ち(八十八箇所を普通に回ること)をしている姿は、まるで死出の旅のように不気味だった。

確かにその逆をやれば死者の一人二人生き返ってもおかしくないような雰囲気だ。

また地元の老人方も「逆打ちをしている」と言うと良い顔をせず、「やめたほうがいい」「罰当たりだ」と苦言を呈してくることがあったそうだ。

更に「打つ」という表現をするように、八十八箇所回りは、参拝した寺に木の札を釘で打ちつけるというのが本来の作法(現在では木の札を打ち付けることは禁止されており、専ら紙の札を納めるだけである)。

その打ち付けるという行為が「呪いの藁人形」などを連想させ、なんともおぞましい感じがする。

主観交じりの些細なことだったかもしれないが、「八十八箇所回り、取り分け逆打ちにはオカルト的な何かがある!」と、若い俺達に思い込ませるには十分過ぎた。

俺は当時、一緒に心霊スポット荒らし(心霊スポットでバカ騒ぎをしたり、カップルを冷やかしたり)をしていた。

それでのっぽのYと茶髪のAという友人二人を連れて『四国八十八箇所逆打ちの旅』をやる事にした。

大学三年の夏休み、俺達は有り余る若さと体力と時間に任せて自転車で四国に渡った。

「車じゃ味気ない、徒歩は無理っぽい、じゃあ自転車だろう」

という考えだったのだが、今にして思えば真夏に自転車で四国一周というのも大分無理があったのではないだろうか。

何にせよ、俺達三人はK県S市にある八十八番目の寺(逆打ち開始地点)の前に立ち、美味いうどんを食い、テンション最高潮だった。

暑い日差しにも負けず、パンクにも負けず、夜の薮蚊にも負けず、俺達はひたすら寺を回った。

数日が経ち、二十数ヶ所の寺を回り終え、俺達は蜜柑ワールドE県に突入した。

「せっかく蜜柑の国に来たのだから」と商店でみかんを買い、何番目かの寺で休んでいた時だ。

「あのおばちゃん、前の寺でも見なかったか?」

Yがみかんの皮を剥きながら尋ねてきた。

「どのおばちゃん?」

「ほらあれ」

私の問い掛けに、Yがその人物を指差す。

その先にはボロボロに薄汚れた格好で大きな鞄を持った中年女性が居た。

「いや、気のせいじゃないか? 俺は見た覚えないぞ」

「マジで? 見た気がするんだけどなぁ」

「つーか逆打ちなんて物好きなことしねーだろ普通」

(逆打ちコースだと、同じ巡礼者に二度会うことはまず無い)

「そうだよなぁ、でも見た気がするんだよなぁ」

Yは気に掛かるようだったが、その話はそこで終わり。

後は「みかんうめぇ」「この辛さなら巡礼者も行き倒れるわな」などと言い合っていた。

それから更に何日か掛けて、E県の寺もほぼ回り尽くした。

『もうすぐE県の寺も回り終える。名残惜しいがみかんともポンジュースともお別れだ』

そんな事を考えながら、B寺という四十数番目の寺で一夜を明かそうとしていた時だ。

時刻はもう午前0時近く、連日の疲れがあるはずなのに何故か眠れない。

Yも同じようで、仕方なく二人でのんびりと星を眺めていた。

どのくらいそうしていたかは判らない。

星を眺めるのにも飽き、無理にでも寝るかと何気なく寺の入り口の方に目をやった時、俺は思わず息を飲んだ。

誰かいる――

寺の入り口に確かに人影が立っており、寺の中に入って来ている。

正確な時間は判らないが、恐らくもう午前0時を過ぎていただろう。

参拝するにはあまりにも遅すぎる。

普通じゃない。

更に、その人影がはっきりと見える近さになって、俺は更に顔を強張らせた。

ボロボロの服に大きな鞄――

それは紛れも無く、俺達がE県に入ったばかりの寺で見た、あの中年女性だった。

百歩譲って、その中年女性も俺達と同じく逆打ちをしているのだとしても、この状況は普通では考えられない。

俺達は自転車、向こうは徒歩なのだ。

いくら俺達が四国の地理に疎いと言っても、さすがに普通なら徒歩に追いつかれることはないだろう。

そう、普通なら…。

まさか、夜通し歩いているとでも言うのだろうか?

「あのおばちゃん、この前見たおばちゃんだよな?」

Yも中年女性に気付いたようで、私に話し掛けてきた。

「あぁ…多分、同じだと思う」

俺は自分を落ち着けるために大きく呼吸し、途切れ途切れに言葉を発した。

「何でこんな時間に参拝するんだ?」

Yが尋ねてくる。どうやらYは追いつかれた事については疑問を持っていないようだ。

「知るか…それよりあれヤバイんじゃないか?」

逃げ出したい気持ちを抑え、俺はYに返す。

「そうか? 別に変な感じはしないし、生きた人間だと思うぞ」

Yは特に恐れている様子もなく、そう答える。

確かに、今まで霊体験をする時に例外なく感じていた違和感のようなものは全く感じない。

しかしそれにしたって妙だ。こんな時間に女性が一人で参拝など、やはり普通じゃない。

そう俺が言うと、

「それじゃ話し掛けてみるか。理由が判ればスッキリするんだろ?」

と立ち上がり、おもむろにその中年女性に近付いて行った。

『まったく、何故こいつはこうも無鉄砲なのだろう』と思うのだが、結局私もYを一人で行かせるわけにはいかないという気持ちと、この女性が何者なのか知りたいという好奇心に負け、Yの後に続いた。

「すいませーん、ちょっといいですかー」

と、Yが大声で中年女性に話し掛ける。

「はぁ、なんでしょう?」

突然二人組の男に話し掛けられたにも関わらず、女性は少しも動揺したような素振りは見せず、どこか夢うつつのような声で応答した。

「こんな場所で何してるんですか?」

Yが尋ねる。

「その、あまり褒められたものではないんですが、八十八箇所を逆に回っているんです」

中年女性はそう答える。

やはり俺達と同じく逆打ちをしていたようだ。

「どうしてまたこんな時間に?」

「急いでおりますので…」

「体に悪いですよ、こんなに遅くまで」

「私は大丈夫です…」

「僕らも同じことをやっていて、随分前に自転車で追い抜いたんですが、追いつかれてしまいましたね」

「この道に慣れていますから…」

その他にもいくつかの質問をしたが、回答は全て短く簡潔なものだった。

だがそれでも、俺の抱いていた殆どの疑問は氷解して行った。

こんな時間にいるのは、事情があって急いでいるせいで、俺達が追いつかれたのは、やはり俺達が道に慣れていないせいだ。

俺は大体納得し、『事情というのは俺達と違い休みの期間が短いとか、そういう事だろう。このおばさんも恐らくオカルト好きの酔狂な人で、興味本位で逆打ちをしているんだな』などと勝手に思い込んでいた。

質問が終わると、中年女性は本堂の方へ歩いて行った。

「大したことなかったろ?」

と、女性を見送りながらYが言う。

「そうだな、一人でビビった俺がバカみたいだ」

笑いながら俺はそれに答えた。

「それじゃもう寝ようぜ、いい加減にしないと明日に差し支えるし」

Yに促され、俺達は寝袋に入ろうとした。だが――

「カツー…ン カツー…ン」

本堂の方から音が聞こえてくる。まるで釘を打つような音が。

「おい」

本堂の方を睨みながら俺はYに声を掛ける。

「あぁ」

Yは頷き、俺達は本堂の方に走って行った。

俺達が本堂の前に着いた時には既に音は止んでおり、中年女性が槌のようなものを持って佇んでいた。

そしてその視線の先には、禁じられている木の札が打ち付けられていた。

『おいおい、いくらオカルト好きでも禁止行為はやっちゃダメだろ』

その時の俺はまだその程度にしか思っていなかった。

中年女性は、まるで俺達などそこに居ないかのように、俺の脇をすり抜けて行った。

すれ違う一瞬、俺は確かに聞いた。

「もう少しだから、もう少し、今度は…」

と、中年女性がぶつぶつと独り言を言っているのを。

そこで俺は、ある事に気が付いた。

あの女性が着ているボロボロの服、あれは八十八箇所回りの巡礼者が着るという巡礼服だ。

今までその事に気付かなかったのは、真っ白であるはずの巡礼服がどろどろに汚れており、また、本来背中に書いてあるはずの文字も擦り切れていて見えなくなっていたからだ。

そして、俺はその事に気付いた直後にある想像が浮かんだ。

あまりにも悲しく、おそろしい想像…。

この女性は本気で誰かを生き返らせようとしているのではないだろうか。

そして、逆打ちをするのは恐らくこれが初めてではない。

「道に慣れている」という発言、あまりにもぼろぼろの巡礼服、そして先程の独り言…。

彼女は今まで何回、何十回と逆打ちを繰り返しているのではないだろうか。

そしてこれから先も、願いが叶うまで何度でも――

そして大事そうに抱えていたあの鞄、あの鞄の中には…。

全ては俺の勝手な想像に過ぎない。

しかしこんな想像をしてしまったからには、もう逆打ちを続ける気力など残っているはずもなかった。

俺はYに自分の想像した事を話し、逆打ちの旅を中止することにした。

次の日すぐに俺達は四国を出たのだが、爆睡していたAだけはとんでもなく不満そうだった。

この話を後日、四国出身の知人に話したところ、

「嘘だろ? 映画(死国)の前までは逆打ちで死者が蘇るなんて聞いたこと無かったし」

との事だった。その知人は「そんな新し過ぎる噂に執着するやつはいない」と言っていたのだろう。

だが、噂の新旧はあまり関係ないと俺は思う。

どんなに新しかろうと、どんなに嘘臭かろうと、絶望の淵にある時に差し出されれば、簡単に信じ込んでしまうのではないだろうか。

もしかすると、あの中年女性は今もまだ――

関連記事

鯉の池

けもの

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあり、子供の頃はよく遊びに行っていた。 じいちゃんは地元の名士とでも言うのかな、土地を無駄に一杯持っていて、それの運用だけで結構稼いでいたらしい。 …

為松の竹林

昔、うちの近くの山の麓に「為松の竹林」と呼ばれていた場所があった。 文字通り竹林だったらしいが、戦後は住宅地になり、それを知る年寄りももう殆どいない。 竹林になる前、明治・…

焼かれた十円玉

一昨年まで東京の三鷹に住んでたけど、アパートの部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、郵便受けにバーナーかなんかで焼いた10円を入れられた。 最初気付いた時は3枚。 たいして気…

夜の山(フリー写真)

奇妙な祠と女の子

高校2年生の頃の実体験を書きます。 夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは、唐突にキャンプに行こうと思い付いた。 そして以前、渓流釣り好きのCの親戚から聞いた、キャンプに最…

坊主斬り

飢饉の年の事である。 草木は枯れ果て、飢えのために死ぬものが相次いだ。 食人が横行し、死人の肉の貸し借りさえ行われる有様だった。 ある日、寺の住職が庄屋の家の法事に招…

んーーーー

現在も住んでいる自宅での話。 今私が住んでいる場所は特にいわくも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。 …

田舎の景色(フリー素材)

てっぐ様

これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。 おばちゃんは多少霊感がある人らしく、近所では「伝説のおばちゃん」と言われていて、自分でもそう言っている。 俺はそのおばちゃんに昔…

赤い川

赤い川

俺が高野山に住んでいた時、こんな噂話を聞いた。 「昔、坊主専用の廓が、山のどこかにあった」 「その廓は終戦後取り潰されて廃墟になったが、今でも形を保っている」 「そこ…

裏S区(長編)

九州のある地域の話。 仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。 現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…