自称長男

少年のシルエット(フリー写真)

警官をしている友人が、数年前に体験した話。

そいつは高速道路交通警察隊に勤めているのだけど、ある日、他の課の課長から呼び出されたらしい。

内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとの事。

その事故というのは、平日の深夜に一家四人が乗った自動車が中央分離帯に激突して、全員死亡した事故の事だったらしい。

事件の事を少し詳しく話すと、高速を走行していた長距離トラックから、○○インターチェンジ付近で乗用車が燃えているという通報があり、夜勤で待機していた友人が現場に直行した。

しかし友人が到着した時には、既に乗用車の中に居た人は全員黒焦げになって亡くなっていたそうだ。

その後、身元の特定と検死が行われ、歯の治療記録から死んだのは東京西多摩地方に住んでいる家族だと判った。

死んだのは加藤正さん(仮名)とその妻の恵美さん、長男の正一君、長女の恵那さんの四人。

アルコールが検出されたとか、見通しの悪い場所だったなどの、事故を起こすような要因は見つからなかったが、特に不審な点もなく、そのままハンドル操作のミスによる普通の事故として処理されたらしい。

それで友人も、

「特に何の変哲もない事故でしたよ」

とその課の課長に言ったらしいのだけど、その課長が「実は…」と言って、呼び出した理由を話してくれたそうだ。

その話によると、昨日の夜に少年が東京の○○市にある警察署に訪ねて来て、

「僕が死んだとニュースでやっていたのだけど、僕は一体誰なのでしょうか?」

と言ったらしい。

少年の話をまとめると、一昨日の朝に朝寝坊して起きたら、家に家族が誰も居ない。

どこかに行ったのだと思い、そのまま気にも留めていなかったが、夜になっても誰も帰って来ないし連絡もない。

心配になって警察に連絡したが、子供の悪戯だと思われたのかすぐ切られてしまった。

祖父母や親戚に連絡してみたが、誰も連絡を受けていないと言われた。

そのまま朝まで待っていたが、点けっ放しのテレビのニュースから、自分も含めた家族全員が死んだ事になっていると知った。

そんな事はないはずなので、詳しく知りたくて訪ねて来た、との事だったらしい。

その話を聞いた友人は、その事故の資料を改めて提出したのだけど、見直していて不思議な事に気付いたそうだ。

家族の歯科治療記録との照合で、父親、母親、長女は間違いなく本人だと判明したが、長男は頭部の損傷が激しく、照合ができなかったと記録に書いてある。

しかも家族は青森近くで事故を起こしたのだが、両親は中部地方出身で東北に知り合いは居ない事が、その後の調査で明らかになっていた。

その当時は、旅行にでも出かけた際の事故という事になったんだけど、どうにも不自然な事が多過ぎる。

それで友人は資料を提出してから数日後に、例の課長に事件の進展を聞いてみた。

すると課長は、口ごもりながらこう答えたらしい。

例の少年は、身体的特徴や見た目は亡くなった長男によく似ていたが、歯形が違うため別人だと思われる。

その事を告げると少年が錯乱したため、心療内科のある警察病院に搬送した。

その後の調査で事故死した家族の家を調査したが、事故後に誰かが住んでいた形跡はなかった。

その事を告げると、少年は完全に精神に異常をきたしてしまったため、結局どこの誰だか判らず今も病院に居る。

もう済んだ事だから、今後関わらなくて良い。

友人はそこまで話すと、最後にこう言った。

「黒焦げの死体は本当は一体誰で、自称長男の少年は一体誰なんだろうな?

それと、あの家族は何で平日に、誰も知り合いのいない所に向かっていたんだ?

俺は思うんだ。

あの家族は何かから逃げていたんじゃないかって。

何から逃げていたのかは分からないけどな」

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。 んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

神社の生活

これは5年程前から始まる話です。 当時、私は浮浪者でした。東京の中央公園で縄張り争いに敗れて、危うく殺されかけ追放された後、各地を転々とし、最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。 友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。 その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

肉

人肉館

「なあ、人肉館に行かないか?」 夏休み。私は休みを利用して久しぶりに実家のある長野県へと帰って来た。 普段は東京で働いているのだが、実家は山あいの町。気温は高いが湿度は低く…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。 私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。 夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。 利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。 二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

女友達の話

怖いと言うか気持ち悪い話。動物好きで特に猫好きの方は絶対に読まないで欲しい。 細かい会話とかは覚えてないので適当だが……。 俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。 同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…