脳の限界

脳(フリー素材)

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。

先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて、ゼミが途中から人の心理に関する他愛もない雑談みたいになっていた。

それで「先生、何か面白い話を聞かせてくれよ」という流れになって、先生が話してくれた話。

先生は面白い人で、心理学に関する色々な話を閑話休題的に話すのが好きなんだが、そのネタの大体が眉唾物の、本当にあったかどうか分からないような話ばかりだった。

だけど、眉唾系の話なのに妙に説得力があるというか。

そんな話をするのが大好きな先生だった。

以下、先生の話。

今から何十年か前、某国でとある実験が密かに行われたんだ。

実験の内容は閉鎖空間で感覚遮断を行うこと。

遮断する感覚は視覚で、おまけに時間の感覚も奪ってみようという実験。

最近では感覚遮断はヒーリングなどにも使われるけど、その頃は一般的じゃなかった。

被験者は重犯罪者で、司法取引か、もしくはそれに近い形で被験者になってもらったんだ。

被験者は薬で眠らされて、目から覚めたら完全に光の入ることのない閉鎖空間の中。

被験者は正真正銘の闇と、薬で眠らされていたから時間も判らない。

自分が今どこにいるかも判らない。

というか自分の置かれている状況さえも判らない。

そんな状況下での人の心理状態の変化を見てみようという訳だ。

結論から言うと、彼らはみんな実験で狂ってしまった。

人を狂わす要因として、時間の感覚の欠如がある。

みんな時間と言うと時計を思い浮かべると思うけど、そんな正確なものじゃなくていいんだ。

陽が昇って、沈んで、夜が来て、それで時間の流れが当たり前に判るだろ?

その感覚が全く判らなくなると、精神に異常を来してしまうんだ。

人間なんて脆いもんさ。

それともう一つ、それは人の持つ想像力だ。

そしてこの実験の本当の目的は、正に人の想像力を見極める実験だったんだよ。

みんなも悪夢を見たり、夜の帰り道でお化けなんかを想像しちゃう時があるだろ?

でもそれは大抵、今まで見聞きしてきた事、つまり自分の経験の記憶から脳内で合成されるもので、自分の脳の中の記憶以上の想像はできない訳だ。

だけど、彼らは見た。脳の中、最深部まで穿り返しても出てこないような恐怖を。

真の闇という極限の状況と、極限まで擦り減らされ、研ぎ澄まされた精神の中で。

彼らはその自分の想像に狂わされたんだ。ただの脳内映像だよ? そんなものに狂わされるんだ。

やっぱり人間なんて脆いもんだ。

え、何で彼らが見たものが想像の域を超えていたか判ったかって?

実験の後に狂った彼らに催眠をかけ、闇の中で見たものを聞き出したんだよ。或いは絵に描かせた。

聞いたものや描かれたものは、人外のものだった。

もちろん色んなものが出てくるんだ。

それこそお化けみたいものから、奴らの被害者とか。

初めはそんな可愛いもんだけど、時間が経つにつれて酷くなる。

催眠で実験の後半に入ったら、もう誰にも彼らが見たものが何かなんて分からなくなっていた。

だから、研究者はこう結論付けたんだ。

人の脳は限界を超えると、脳内の記憶以上のものを見させると。

それで、「最後に見たものは?」と聞いてみたんだって。

実験も満足の行くものだったし、おまけみたいな感じでね。

そしたら、全員が同じ答えだった。

「闇」

彼らはそれだけ答えた。

光が差さない闇だけの空間で、彼らはそれ以上の闇に飲み込まれたんだ。

最後にね。

一体彼らが見た闇ってどんな闇なのかね?

夜の闇じゃない本当の闇ってさ。

関連記事

都会の景色(フリー写真)

報道されない事件

新聞にも載らなかった話。とあるマンション(市内では自殺の名所で知られている)で女性の死体が見つかりました。仰向けに寝かされた状態。年齢は20代後半くらい。革のミニスカ-…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

ツーリング

ツーリング

その昔、10歳くらい年上の従兄に聞いた話。従兄が学生だった頃、バイク仲間数人とツーリングに出かけたらしい。当時はヘルメットの着用が義務付けられていなかったので、まともに…

崖

おいぼ岩

時刻は夜十時を幾分か過ぎた、とある冬の日のこと。僕を含めて三人が乗った車は、真夜中の国道を平均時速80キロくらいで、潮の香りを辿りつつ海へと向かっていた。僕が住む街から…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

マイナスドライバー

そんなに怖くないのですが聞いてください。私がまだ4~6歳の頃の話です。当時、私の家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。まだ小さかったので、母と女湯に…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

村の風景(フリー素材)

朽縄(くちなー)様

田舎に住む祖父は、左手小指の第一関節の骨がありません。つまむとグニャリと潰れて、どの角度にも自由に曲がります。小さい頃はそれが不思議で、「キャー!じいちゃんすごい!なん…