犯罪者に縁のある私

craigslist-crime

今から書く事はすべて実話なんですが、心霊話ではありません。

私が9歳の時、父の仕事(自営)の取引先の人が初めて私の家に来た時、私が案内のために迎えに行きました。

その人は優しくて気さくなおじさんって感じで、それ以来我が家にちょくちょく仕事の為に来るようになりました。

でも数ヶ月後、おじさんは新聞の一面トップに載る事になりました。おじさんは、生活苦から知り合いのおばあさんを殺害してお金を盗んでいたのです。

私が初めておじさんに会った時には、既におばあさんを殺した後でした。

優しいおじさんが人を殺していた事や、人間は人を殺していてもあんなに優しい雰囲気が出せる事などにかなりショックを受けた事を覚えています。

次に、私が16歳の時、通り魔に遭いました。

夜の十時頃、バイトの帰りでした。サバイバルナイフと皮の手袋が、彼のやる気を窺わせました。

私は背後からいきなり口を押さえられ、車に連れ込まれそうになったので抵抗しました。

その為に揉み合いになりナイフで数ヶ所斬りつけられました。

幸い厚手のコートを着ていたので大事に至る程の傷ではありませんでしたが、結構出血していました。

何とか逃げる事が出来て、犯人もその後捕まっています。

20歳の時、高校時代にやってたバイト先で、割と仲の良かった先輩が殺されました。

事件はテレビを見て知りました。犯人は先輩にストーカーしていた男でした。

私は犯人が逮捕された時テレビで顔を見て驚きました。以前先輩に紹介された事があったので……。

25歳の時、3度目の通り魔に遭遇しました。

一人暮らしのマンションのエントランスで、いきなり背後から押さえられました。

今度はフルフェイスのメットをかぶり、右手にはテレビドラマなどで見掛けるメスのような刃物。

メールボックスが死角になるような造りだった為、連れ込まれて体を触られましたが、私が泣くと「ごめんね。お金あげようか?」と言われました。

黙って首を振ると、そのまま立ち去ってくれました。

同じく25歳の時、また違う通り魔に遭いました。

いえ、厳密に言うと通り魔と思われる男です。でも、私にとってこの男が一番怖かった。

友達とカラオケに行った帰り、いつもどおり駅前からマウンテンバイクで帰ることになりました。

駅前から離れようとした時、一台の車が凄く気になって、何だかイヤな予感。だから大通りを通って帰る事にしました。

イヤな予感は的中し、その車はずっと私の1メートル程うしろをつけて来ます。

いくらマウンテンバイクだと言っても、車がうしろをつけて来るスピードってヤバイですよね?

しかも信号のそばが自宅マンション。絶対ヤバイ!!特に信号の辺りが危険な気がする!

当たりでした。

車は急に私を追い越し、信号を渡った所で車を停め、1人の男が降りて来ました。

私は信号を渡らずフルスピードで道を曲がりました。それを見た男は車に飛び乗り、猛スピードで追いかけて来ました。

ここから先は男との会話です。()は私の心の声。

男「どこ行くの?遊びに行こうよ」

(もう深夜1時過ぎてるだろ! 家に帰るに決まってる!!)

「いえ、親が待ってるので」

(本当は1人暮らしだけど!!)

男「遊びに行こうよ」

(今帰るって言ったじゃん。って言うかその車業務用?後部座席に電ノコとか糸ノコが山積み……この車でナンパ?)

男「遊びに行こうよ」

(!!!)

「いえ! 親が待ってるんで!!」

男「じゃあ、先に行きなよ」

(何で? 何の為に?この道住宅街で一通だし、車が先に行くもんでしょ?)

「いえ、先に行って下さい!」

男「先に行きなよ」

(だから、何で二回も同じ事言うの? マジで怖すぎ!!)

「いえ、先に行って下さい!!(既に私は半泣き)」

男「……そのままそこに居るの?」

(何言ってるの? あんたが去ったら速攻帰るし!!)

「……」

男「そのままそこでじっとしてたらすぐ済むから」

男はそう言って車から降りて来ました。

(は? 何する気? っていうか、右手何で後ろ手にしてるの? 何か持ってる?左手には白い紙?)

「それ以上近づいたら大声出しますよ」

もうガクブル状態です。男は私の警告で一旦立ち止まって首を少し捻ると、

男「じっとしてたらすぐ済むから」

(すぐ済むって何する気? こんな民家の前でレイプ? っていうか無理だよね? マジで何する気?)

と、また近づいて来ようとしたので、再び、

「大声出しますよ」

もう一度ダメ元で警告したら、男は再び立ち止まって何か考えるような素振りをしてから、車に乗り込み

男「先に行きなよ」

「いえ! 先に行って下さい!」

(絶対跳ねられる!)

男「……」

やっと男は立ち去ってくれました。

男が立ち去った後、速攻で部屋帰って震えてました。一番無傷で済んだけど、一番恐怖を感じました。

後日、知り合いの警察の方に話したら、

「危なかったね。多分殺されてたよ。元々ナンパじゃなくて殺すのが目的で連れ去る気だったんじゃないかな」

とのこと。今、生きていられる事を心から神様に感謝しましたよ。

ところで、こんなに犯罪に縁があるのって何なんでしょうか?

通り魔って人生で何度も出会う物なんでしょうか?

いつか殺されると思います。

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。 俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。 そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。 その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。 『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』 その一心だけで走った。 途中でカメラ屋に寄り現像を依…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。 しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。 カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。 友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。 その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。 その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。 俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。 兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。 狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

廃屋(フリー写真)

人形の右手

私が幼稚園児の頃の話。 幼稚園の隣に木造二階建ての廃屋がありました。 当時の私はその建物(隣接大学の旧校舎らしい)が何なのか判らず、ただ先生の 「あそこで遊んではい…