異口同音

マンションのドア(フリー写真)

怖い思いをして実害もあった話。

夜遅くに仕事から自宅のマンションの部屋に帰ったら、玄関の前に粉が落ちていた。

何だろうと思って屈んだところ、玄関ドアの異常に気付いた。穴が空いていた。

爪楊枝が二本入るくらいの小さな穴で、位置的には腰くらいの高さ。貫通はしていない。

粉はその穴の下に落ちている。その穴を開けた時に出た粉末のようだった。

しかもよく見たら一つではない。蝶番の近くと、膝くらいの高さの位置に二つで、合計三つ。

ピッキングか何かだったら怖いと思ったけど、部屋は無事だし、その日はチェーンロックして就寝。

残業で疲れていたし、シロアリかとも思ったから、明日不動産屋に連絡すればいいやくらいのつもりでいた。

何だかんだで次の日も残業してから帰宅し、泣きそうになった。

穴が増えていた。やはり腰くらいの高さに一つ追加。

半泣きでマンションの入り口へ戻り、管理会社に電話したよ。被害が微妙過ぎて通報は躊躇った。

管理会社の人が来て、翌日に不動産屋と一緒に対応を考えることになった。

その日は同期に泣きついて泊めてもらった。

その翌日。不動産屋が警察に通報して、犯人はあっさり捕まった。

うちの玄関に穴を開けた犯人は、隣の部屋の住人だった。

仕事中に犯人逮捕の知らせを受けたので、その日は残業無しで警察署へ行った。

不動産屋も居て、事情説明を受けた。

「実は一年ほど前にも、同様の被害がありまして…」

「はあ!!???」

とリアルに声に出した。

「そんな危ないヤツが住んでいるなら、最初から言っとけ!」

と言ったら、

「いえ、その方は器物破損で書類送検された後、退去していただいたのですが…」

俺きょとん。退去した?

「その後に新しくあの部屋に入った方が、その…今回の悪戯の犯人でした」

警察が隣の部屋に何か物音を聞かなかったかと質問に行ったら挙動不審だったもので、厳し目に聞いたら自白したらしい。

前の犯人は所在も確かめ、そっちはそっちで別の場所に居るそうだ。

二人に接点は無いと警察が言っていた。

犯人の動機は二人とも異口同音というもので、

「見ないと見られる」

と意味不明らしい。

あれ、覗き穴だったのか…貫通していなかったのに。

自分の部屋か隣の部屋が実は事故物件なのではないかと聞いたら、不動産屋は否定していた。

いや、同じ部屋に住んだ別人が同じ風におかしくなるなんて、明らかに異常だろ…。

そして異常があるとしたら、うちと犯人のどっちの部屋なんだよ…。

こっちの部屋の何を見られていたんだよ…。

もちろん自分はすぐに引っ越して、最近ようやく気分的に落ち着いて来たところです。

関連記事

病院(無料背景素材)

カウンセラーの伯父

伯父さんは地元の病院で精神科医…と言うより、 『薬などの治療で治せない患者さんの話し相手になり、症状を精神的な面から改善させる』 というような仕事をしていた。カウンセラーと…

集落(フリー素材)

武君様

俺の住む集落には、『武君(たけぎみ)様』という神様が祀られている。 何でも、この集落を野武士などから守り命を落とした青年が神と成り、今もこの集落を守っているらしい。 この『…

田舎のフリーイラスト素材

ほっとけさん

これは私が小さい頃、実際に起こった出来事です。 私の親は私が物心がつく前に離別し、私は母方に引き取られました。 しかし私の母の実家は結構な田舎で、女性が仕事を探すのは困難で…

寝たフリ

小学校の先生Aから聞いた話。 高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。 練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ち…

お待たせ

別れ話を大分こじらせたカップルがいて、彼女が彼氏に「見せたいものがあるから」と言って呼び出されたんだって。 長い付き合いで色々なものをあげたりもらったりしたから、“思い出の品” …

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。 私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。 夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

祭祀(長編)

近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる神職の一家がある。 その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。 うちも住んでいる辺りではかな…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

橋の歩道

四ツ脚

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱心なスポーツマンであった。 と言っても学校内に残って練習する訳ではなく、自宅周辺の道路を走るのであ…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。 これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…