異口同音

マンションのドア(フリー写真)

怖い思いをして実害もあった話。

夜遅くに仕事から自宅のマンションの部屋に帰ったら、玄関の前に粉が落ちていた。

何だろうと思って屈んだところ、玄関ドアの異常に気付いた。穴が空いていた。

爪楊枝が二本入るくらいの小さな穴で、位置的には腰くらいの高さ。貫通はしていない。

粉はその穴の下に落ちている。その穴を開けた時に出た粉末のようだった。

しかもよく見たら一つではない。蝶番の近くと、膝くらいの高さの位置に二つで、合計三つ。

ピッキングか何かだったら怖いと思ったけど、部屋は無事だし、その日はチェーンロックして就寝。

残業で疲れていたし、シロアリかとも思ったから、明日不動産屋に連絡すればいいやくらいのつもりでいた。

何だかんだで次の日も残業してから帰宅し、泣きそうになった。

穴が増えていた。やはり腰くらいの高さに一つ追加。

半泣きでマンションの入り口へ戻り、管理会社に電話したよ。被害が微妙過ぎて通報は躊躇った。

管理会社の人が来て、翌日に不動産屋と一緒に対応を考えることになった。

その日は同期に泣きついて泊めてもらった。

その翌日。不動産屋が警察に通報して、犯人はあっさり捕まった。

うちの玄関に穴を開けた犯人は、隣の部屋の住人だった。

仕事中に犯人逮捕の知らせを受けたので、その日は残業無しで警察署へ行った。

不動産屋も居て、事情説明を受けた。

「実は一年ほど前にも、同様の被害がありまして…」

「はあ!!???」

とリアルに声に出した。

「そんな危ないヤツが住んでいるなら、最初から言っとけ!」

と言ったら、

「いえ、その方は器物破損で書類送検された後、退去していただいたのですが…」

俺きょとん。退去した?

「その後に新しくあの部屋に入った方が、その…今回の悪戯の犯人でした」

警察が隣の部屋に何か物音を聞かなかったかと質問に行ったら挙動不審だったもので、厳し目に聞いたら自白したらしい。

前の犯人は所在も確かめ、そっちはそっちで別の場所に居るそうだ。

二人に接点は無いと警察が言っていた。

犯人の動機は二人とも異口同音というもので、

「見ないと見られる」

と意味不明らしい。

あれ、覗き穴だったのか…貫通していなかったのに。

自分の部屋か隣の部屋が実は事故物件なのではないかと聞いたら、不動産屋は否定していた。

いや、同じ部屋に住んだ別人が同じ風におかしくなるなんて、明らかに異常だろ…。

そして異常があるとしたら、うちと犯人のどっちの部屋なんだよ…。

こっちの部屋の何を見られていたんだよ…。

もちろん自分はすぐに引っ越して、最近ようやく気分的に落ち着いて来たところです。

赤ちゃん(フリー写真)

違和感

私の母方の祖母は、以前産婆をしていました。 以前と言ってもかなり昔で、今から50年前くらいになると思います。 「どんな子も小さい時は、まるで天使のようにかわいいもんだ」 …

紫の抽象的模様(フリー画像)

塊紫水晶奥

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。 偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。 半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

鎌爺

小学生の頃、田舎に住んでいた時の話。 その村には鎌爺という有名な爺さんがいた。その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。 当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。 また祖父の性格も寡黙で…

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。 今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。 友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。 その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…

ハカソヤ(長編)

ほんの数年前に知った私の母の故郷の習慣の話です。 うちの集落にはハカソヤという女限定の変な習慣があります。 ハカソヤにも色々あって、大きく分けてお祝いの言葉に使う場合と、お…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…