牛の森

森の小屋(フリー写真)

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。

森から牛の鳴き声が聞こえるのでそう呼ばれている。

聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。

俺自身も何度か聞いたことがある。

牛の森の奥には秘密の牧場があるとか、黄金の牛が居るとか、そんな都市伝説めいた話も存在する。

そんなだから好奇心旺盛な子供が、牛の森に入って迷子になるということがよくあった。

学校では迷子が出る度、牛の森には入らないように注意され、地区の町内会でも子供が牛の森に入らないように見廻りをしていた。

そういう努力もあり、牛の森で迷子になる子供は殆ど居なくなった。

しかし俺が小学5年生になる頃、牛の森に猿が住み着いたという噂が立ち始めた。

そうなると子供だけじゃなく、そういうことが好きな年寄りも牛の森で迷子になるということがあった。

俺も猿を見たくて友達と牛の森の周りをよく彷徨いていた。

その年の夏休みに、友達とまた牛の森の周りを彷徨いていると、ついに猿を見つけた。

猿は俺達に気が付くと、右手で木にぶら下がりながら、左手でクイックイッとおいでおいでをした。

俺と友達は、

「何だあの猿!すげぇな~(笑)」

と興奮し、自転車を停めて牛の森の中へ入って行った。

猿は凄いスピードで木から木に飛び移り、俺達が追い付くのを確認すると、また木から木に飛び移って行った。

俺達は夢中で猿を追い掛けた。

どれくらい走ったかは覚えていないが、かなり森の奥に来たところで、小さな牧場を見つけた。

牧場と言っても、本当に小さい。小さめの公園くらいの広さだ。

不思議な場所だった。

周りは木が茂っていて、空は葉で覆われているのに、そこだけ空にポッカリと穴が開いたように陽の光が射していた。

周りを柵で囲まれ、中には四頭の牛が居り、小さな小屋があった。

俺は言葉が出なかった。ただただ感動していた。

本当に牛が居たことに。どこか神秘的なこの場所に。

暫くして、急に猿がキーキー鳴き始めた。

すると、小さな小屋のドアが開き、中から老婆が出て来た。

こう言っちゃ悪いが、猿のような老婆だった。

もしかして、あの猿のお婆さんだったりして(笑)。

そんな失礼なことを考えていると、老婆はニコニコ笑いながら、あの猿と同じように左手でクイックイッとおいでおいでをする。

俺はこの場所に興味津々だったから行こうとしたのだが、友達が急にその場から逃げ出した。

どうしたんだろうと思ったが、一歩近付いてすぐに了解した。

俺の位置からは牛と重なって老婆の右手が見えなかったが、老婆は右手に牛の首を持っていた。

一瞬時が止まったが、すぐに俺も友達の後を追うように逃げ出した。

足場は悪く、周りは木が茂っているので上手く走れない。

それでも、とにかく全力で走った。

後ろから誰かが追い掛けて来る気配がする。

後ろを振り向きたい衝動に駆られるが、後ろを振り向いたらいけないような気がしてならない。

あの老婆がニコニコ笑いながら、包丁を持って追い掛けて来る姿が容易に想像出来る。

前を走る友達が不意に後ろを振り向いた。

俺もそれにつられて、つい後ろを振り向いてしまった。

そこに老婆は居なかった。

代わりにあの猿が追い掛けて来ていた。

猿はあっという間に俺達に追い付くと、俺達の右側の木に飛び移り、キーキー鳴いて俺達を威嚇してきた。

手は出して来ない。ただ鳴いて威嚇してくる。

猿に気を取られながらも必死に走っていると、何かが見えてきた。

さっきの小さな牧場だ。

どうしてだろうと困惑しながらも、今度は俺が先頭になって逆方向へ走り出した。

また猿が右側の木に飛び移り、キーキー鳴いて威嚇してきた。

暫くすると前の方に陽の光が射す場所が見えた。あの牧場だ。

俺は足を止め、泣きそうな顔で後ろを振り向いた。

友達も泣きそうな顔をしていた。

俺達は数秒、顔を見合わせていたが、

「逃げなきゃ…」

という友達の声で、また逆方向へ走り出した。

相変わらず猿はキーキー鳴いて俺達を威嚇する。

不意に右の方から微かに声が聞こえた。

俺達は足を止め、進行方向を右へ変えた。

「お~~~~い、森へ入っちゃダメだぞ~~~~、すぐに出て来なさ~~~~い。」

今度ははっきり聞こえた。

俺達は声にならない声を上げ、その声の方へ走った。

牛の森の入口付近に顔見知りのおじさんを見つけると、俺達は泣きながらそのおじさんにしがみついた。

おじさんは自転車が牛の森の前で止まっているのを見つけたので、声を上げていたという。

おじさんと一緒に牛の森を出ると、あの猿のキーキー鳴く声が聞こえた。

牛の森の方を見ると、猿はまた右手で木にぶら下がりながら、左手でクイックイッとおいでおいでをしてくる。

俺達が怯えるのを見て、おじさんが

「オラァァァ!!」

と猿に向かって叫ぶと、猿はびっくりして牛の森の中へ消えて行った。

俺達は牛の森で見たことをおじさんにも親にも話したが、信じてくれたのかどうか曖昧な感じでよく分からない。

学校の友達に話すとその話はすぐに広がり、老婆にボディブローを入れたとか、老婆に焼肉をご馳走になったとか、訳の解らないことを言う奴も出る始末。

それ以来、牛の森には入るどころが殆ど近付かなくなったので、あの猿と牧場と老婆の真相は判らない。

森の奥で牧場をを営んでいる変わり者のお婆さんだったのか、それとも…。

関連記事

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

後女

中1の頃の夏でした。私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが、夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出…

夕方の路地

道を教えて下さい

「道を教えて下さい」夕方の路地でそう話し掛けてきたのは背の高い女だった。足が異様に細く、バランスが取れないのかぷるぷると震えている。同じように手も木の枝のように…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…

山小屋(フリー画像)

けんけん婆あ

子供の頃は近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでいた。この山の通常ルートとは別の、獣道や藪を突っ切った先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば…

小さな猫のぬいぐるみ

先日、成人式後の同窓会で聞いた話。T君はお父さんを小学生の頃に事故で亡くし、それからずっと母子家庭。T君自身はそんな環境どこ吹く風と言った感じで、学級委員をやったりサッ…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。現地警察に通報…

呪いの連鎖(長編)

呪いって本当にあると思うだろうか。俺は心霊現象とかの類は、まったく気に留める人間じゃない。だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないは…