ピンポンダッシャーズ

wallpaper182_640_1136

昨年の夏の夜、月に2、3回、22時から23頃にピンポンダッシュされてた。

初め怖かったけど実害ないし、窓から見下ろした複数の後ろ姿は中学か高校生ぽくて、いい年してなにやってんだとあきれたりした。

近くの交番に話して夜にパトロールしてもらったりしたけど、被害ないのであんまりやる気もなさそう。

ある日色々あってイライラしてた時に、階段を上がる音。またきたなと思い、ドア開けて怒鳴ってやろうと玄関で待ち構えた。今までは逆ギレされたり、後で変ないたずらされたりしたら嫌だから、極力顔出さないようにしてたんだけど、お酒も入って気が大きくなってたんだ。

……お前おせよwwww……うっせーよwwやれよwww

ドアの外からは、ヒソヒソと男子らしき話し声がする。

一応チェーン掛けたまま、ガ-ン!!!! と勢いよくドアを開けて「いい加減にして!!」と叫んでみた。

階段を上りかけてた男子たちは、こっちを見ていたずらっ子のように笑ってた。「やべーwwとうとう怒られたってwww」そんなこと言いながら一気に階段を駆け下りて行った。

でも私は驚いてそれ以上声も出なかった。

格好はほんといまどきって感じのお洒落な男子なんだけど、顔がどう見ても30歳後半。4、5人いたおじさん達は、みんな拳銃みたいなの持ってたし。

あれからぱったり来なくなったけど、未だに怖い。拳銃は水鉄砲だと信じたいです。

関連記事

ハンバーグ

私が中学生の時の事です。 母がスーパーで手作りハンバーグを買ってきました。 真空パックに入った調理済みのものではなく、そこのスーパーの肉屋さんでひき肉をこねて成形し、後は焼…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。 田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。 周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。 そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。 この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

民家

呪われた家系

私の店には、しばしばクレーマーとして知られるお客様が来店します。彼の家族にまつわる話は非常に不気味でした。 彼の家族の歴史を聞いて驚愕しました。学生時代に父親が突然発狂し、母親…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。 私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。 夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

殺人ビデオ

このビデオを私が実際見たことがある訳ではないので、あまり多くは語りません。 ただ、私の友人Yは今から半年程前に見たそうなので、その聞いた話をお伝えします。 私の友人Yは、全…

山(フリー写真)

禁断の地

これは俺の祖父の父(曽祖父)が体験した話だそうです。 大正時代の話です。大分昔ですね。曾爺ちゃんを仮に「正夫」としておきますね。 ※ 正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれ…

水溜り(フリー素材)

かえるのうた

ある年末の事です。会社の先輩からこんな誘いを受けました。 「年末年始は実家に帰るんだけど、良かったらうちで一緒に年越ししない? おもしろい行事があるのよ。一回見せてあげたいなあと…

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。 とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。 鳥葬ならぬ…