フデバコさん

雪山のロッジ(フリー写真)

幼稚園の行事で、雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。

小さなホテルに泊まるグループと、ロッジに泊まるグループに分かれていて、私はロッジに泊まるグループになりました。

「寒いねぇ」

などと言いながら、みんなで雪を眺めつつ、施設の食堂でお昼ご飯を食べました。

大学の食堂のような、大くてザワザワとした場所です。

友達と二人で完食し、ロッジへ戻り満足していると、友達が怪訝そうな顔で聞いてきました。

「A(私)ちゃん、何でご飯食べてる時、友達を無視してたの?」

「友達を?」

「Aちゃんの横に立って話し掛けてる子が居たじゃん」

友達曰く、ワンピースを着た女の子が私に話し掛けていたのに、私は目もくれずにご飯を食べていて困ってしまった…とのことでした。

しかしうちの幼稚園の制服ではなかったこと、土足厳禁の食堂で汚いローファーを履いていたことから、

「変な子だったし、まあいいけど」

と友達は納得していました。

私は自分の食い意地を反省しつつ、

『食堂、うるさかったからな…よその幼稚園の子だったのかな』

と思いました。

「それで、その子は何て言ってたの?」

「何かAちゃんに『フデバコさんですか? フデバコさんですか?』って何回も聞いてたよ。フデバコさんって何?」

「何だろう…?」

お母さんと離れて心細かったのもあり、妙にそれが気持ち悪く、心に残りました。

でもそこは園児。夜は先生がみんなに本を読んでくれたり、冷凍みかんを作る(笑)などをして、すっかり忘れてしまいました。

次の日、朝の食堂が騒ぎになっていました。

ホテル組の子が、先生に何か必死に訴えていました。

内容はこんな感じでした。

『男子に酷いイビキをかく子が居て、女子はちっとも眠れなかった(子供なので部屋は男女混合)。

腹が立ったのと、好奇心で勝手にみんなで部屋の外へ出たら、廊下の遠くにぽつんと、何か銀色の横長のケースが落ちていた。

あれは何だろうとみんなで見ていたら、ケースから足が生えて…向こうへひょこひょこ歩いて行った』

それを聞いたみんなや先生は、

「ちゃんと寝ないからだ」「おもしれー(笑)」「幽霊とかの話ないの?」

などと言って相手にしていませんでしたが…本人達は本気で言っているように見えました。

『銀色の横長のケース…、それはカンペンではないかな?』とすぐに思いました。

カンペンって、筆箱ですよね…。

筆箱=フデバコ。

ロッジとホテル、施設の位置関係はもう覚えていませんが、私が昼間に何度も聞かれた『フデバコさん』と無関係には思えませんでした。

ロッジの子には食堂の女の子の話はしていないので、後付けのお芝居とも考えられないです。

かと言って、足が生えて逃げて行った横長のケースと土足の女の子にどんな関係があるのか…。

今考えてもその意図が曖昧で、不気味で全く分かりません。

『女の子はお化け?』

『自分の無くした筆箱を探して…』

…など、それらしいお話を考えてみましたが、では人の形をした私に

「あなたはフデバコさん? フデバコさん?」

などと話し掛けた理由は何だったのでしょうか?

その女の子に気付くことが出来なくて、本当に良かったとゾッとします。

「はい」と答えたらどうなった?

「違います」と答えたらどうなった?

小さかった私は、幽霊とは白い着物の女の人で…と言ったイメージしか持っていなかったので、あまりの得体の知れなさに『早く家に帰りたい!』と怯えてしまいました。

見かねた先生が、美味しいふりかけをご飯にかけてくれました。

もう一泊ありその日は眠れませんでしたが、何とか家に帰りました。

妖怪だったのかな、と今では思います。

似たような体験談を聞かないので、正体や目的は今でも判りません。

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。 そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。 実際、お…

山(フリー写真)

テンポポ様

俺の地元には奇妙な風習がある。 その行事の行われる山は標高こそ200メートル程度と低いが、一本の腐った締め縄のようなものでお山をぐるりと囲んであった。 女は勿論、例え男であ…

地底世界

小学校2年生の頃の話。 山に囲まれた田舎に住んでいたんだけど、学校の帰り道で知らないおじさんとおばさんが俺に話しかけてきた。 知らない人には付いて行ってはいけないと言われて…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。 友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、 「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

縁側(フリー写真)

田舎にワープ

自分でも今だに信じられない話。俺が小学二年生の夏の話。 弟と兄弟喧嘩をした時、両親は理由も聞かず、長男だからという理由で俺だけを叱った。 正座させられた俺に、両親の後ろに回…

Qualeは物質に干渉する

僕は東京の杉並区に住んでいます。今は恥ずかしながらフリーターです。 昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。駅から自宅までは歩いて10分ほどです。…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

チャイムが鳴る

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。 「ピンポ~ン、ピンポ~ン」 誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。 「…