フデバコさん

雪山のロッジ(フリー写真)

幼稚園の行事で、雪山の宿泊施設へ泊まりに行きました。

小さなホテルに泊まるグループと、ロッジに泊まるグループに分かれていて、私はロッジに泊まるグループになりました。

「寒いねぇ」

などと言いながら、みんなで雪を眺めつつ、施設の食堂でお昼ご飯を食べました。

大学の食堂のような、大くてザワザワとした場所です。

友達と二人で完食し、ロッジへ戻り満足していると、友達が怪訝そうな顔で聞いてきました。

「A(私)ちゃん、何でご飯食べてる時、友達を無視してたの?」

「友達を?」

「Aちゃんの横に立って話し掛けてる子が居たじゃん」

友達曰く、ワンピースを着た女の子が私に話し掛けていたのに、私は目もくれずにご飯を食べていて困ってしまった…とのことでした。

しかしうちの幼稚園の制服ではなかったこと、土足厳禁の食堂で汚いローファーを履いていたことから、

「変な子だったし、まあいいけど」

と友達は納得していました。

私は自分の食い意地を反省しつつ、

『食堂、うるさかったからな…よその幼稚園の子だったのかな』

と思いました。

「それで、その子は何て言ってたの?」

「何かAちゃんに『フデバコさんですか? フデバコさんですか?』って何回も聞いてたよ。フデバコさんって何?」

「何だろう…?」

お母さんと離れて心細かったのもあり、妙にそれが気持ち悪く、心に残りました。

でもそこは園児。夜は先生がみんなに本を読んでくれたり、冷凍みかんを作る(笑)などをして、すっかり忘れてしまいました。

次の日、朝の食堂が騒ぎになっていました。

ホテル組の子が、先生に何か必死に訴えていました。

内容はこんな感じでした。

『男子に酷いイビキをかく子が居て、女子はちっとも眠れなかった(子供なので部屋は男女混合)。

腹が立ったのと、好奇心で勝手にみんなで部屋の外へ出たら、廊下の遠くにぽつんと、何か銀色の横長のケースが落ちていた。

あれは何だろうとみんなで見ていたら、ケースから足が生えて…向こうへひょこひょこ歩いて行った』

それを聞いたみんなや先生は、

「ちゃんと寝ないからだ」「おもしれー(笑)」「幽霊とかの話ないの?」

などと言って相手にしていませんでしたが…本人達は本気で言っているように見えました。

『銀色の横長のケース…、それはカンペンではないかな?』とすぐに思いました。

カンペンって、筆箱ですよね…。

筆箱=フデバコ。

ロッジとホテル、施設の位置関係はもう覚えていませんが、私が昼間に何度も聞かれた『フデバコさん』と無関係には思えませんでした。

ロッジの子には食堂の女の子の話はしていないので、後付けのお芝居とも考えられないです。

かと言って、足が生えて逃げて行った横長のケースと土足の女の子にどんな関係があるのか…。

今考えてもその意図が曖昧で、不気味で全く分かりません。

『女の子はお化け?』

『自分の無くした筆箱を探して…』

…など、それらしいお話を考えてみましたが、では人の形をした私に

「あなたはフデバコさん? フデバコさん?」

などと話し掛けた理由は何だったのでしょうか?

その女の子に気付くことが出来なくて、本当に良かったとゾッとします。

「はい」と答えたらどうなった?

「違います」と答えたらどうなった?

小さかった私は、幽霊とは白い着物の女の人で…と言ったイメージしか持っていなかったので、あまりの得体の知れなさに『早く家に帰りたい!』と怯えてしまいました。

見かねた先生が、美味しいふりかけをご飯にかけてくれました。

もう一泊ありその日は眠れませんでしたが、何とか家に帰りました。

妖怪だったのかな、と今では思います。

似たような体験談を聞かないので、正体や目的は今でも判りません。

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …

呪いの人形

最初は、ほんの冗談だった。 うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。 野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。 なんでも信用するので、からかって…

田舎の風景(フリー写真)

おっぺけ様

これは友人の実家へ泊まりに行った時、友人(Aとします)のお爺さんから聞いた話です。 友人の実家は山奥の集落にあり、小さい頃から夏休みになると一緒に泊まりに行って、山遊びや川遊びを…

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。 「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。 俺が聞き伝えでこ…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。 特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。 その男が病気の床にあるとき、…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。 その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。 外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。 母親が心…

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。 当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。 小さい図書館だ…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…