谷川岳の救難無線

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

谷川岳(フリー写真)

大学のワンゲル時代の話。

部室で無線機をチェック中に、

「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」

と部員が聞いて来た。

その場に行くと、確かに長点・短点を連続3回クリックする音が聞こえる。

「間違い無いな!」

とアンテナを振り、その方向は上越国境、信号強度は高い。

即座に顧問に連絡し、車を出してもらう。

まだ確信は無いので、取り敢えず警察への報告は後にする事にした。

電波の位置を特定する事をFXと言い、我々は車3台で渋川・沼田へ入り、方向を確認。

3時間ほど掛けてほぼ特定出来たのが、谷川岳方向だった天神平。

駐車場へ車を入れると、平日の夕方という事もあり、停まっている車は少なかった。

小型の無線機をポケットに入れ、再度方向確認。

もうアンテナが無くても信号強度は強い。

三方向に分けて移動すると、先輩のBさんの無線機が飽和状態で、ハウリングを起こした。

通常こんな事は無いので、一同で驚く。

Bさんに続いて登山道を入り、ほんの20メートル程の場所でザックを発見した。

更に見回したところ、男性の死体を見つけた。

すぐに自分は取って返して、警察に連絡した。

こんな事もあるのかと一同興奮しながらも、警察が来るのを待った。

その時は誰も気が付かなかったが、もう無線機は音声を出していなかった。

当然、登山者が持っているものと、誰もが疑わなかった。

でもどうして、死体が電波を出すんだ?

警察も当然、その事情を聞いて無線機を探したが、登山者は持っていなかった。

そしてその方は、死後2日は経っていると言われた。

こんな駐車場のすぐ近くで、誰にも見つからず居たのかと思うと不思議だった。

更に捜索すると、沢の水の中から無線機が出て来た。

もちろん水没して使い物にならない。

では一体、誰が電波を出したのだろうか?

もしやと思い、人数を動員して付近を捜索したが、誰も居なかった。

駐車場に残っていた車も亡くなった本人のものと確認され、登山カードも他には無かった。

一体誰が無線機で俺達を呼んだのだろうと、同窓会の度に話題になる、秋の日の思い出です。

関連記事

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

スマホを持つ女性(フリー素材)

ユキからのメール

今年の春からの出来事です。いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』そんなメー…

自衛隊駐屯地の恐怖体験

私が新隊員教育でとある駐屯地にいた時の話です。ありがちな話かもしれませんが、どうかご容赦下さい。自衛隊には営内点検と言うものがあります。部屋の使用状況(物品の有無、整理整頓、清…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

動物霊

動物霊をご存知だろうか。その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

新聞受けから…

これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。俺が前住んでたアパートでの出来事。その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ま…

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…