しがみついて

hdr-photography-nature-scape-sea-2866345-2560x1600

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。

私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がいて、その砂浜自体も名所なのかたくさん車で乗り付けて来ている、とても人の多い場所でした。

弟は当時中学2年生、反抗期だったのかこの家族旅行にも参加したくないとゴネていたが父が無理矢理に車に乗せて、キャンプ場まで連れてきた。

皆で海で泳ごうという段になっても、私や兄とは別れて、崖の真下の岩場や少し沖の遊泳可能範囲に浮いてるブイの所まで一人で泳ぎにいっていました。

正午辺りから泳ぎ始めて、一時間程経った頃、沖のブイの所で弟が何やら叫んでいた。ゴムボートで弟に近づくと段々ブイにしがみついて、顔を真っ青にしてガクガク震えている様子が見えてきました。

変だなと思い、ボートを漕いで弟に近づきながら聞いてみた。

「何してんのー? 足でもつったの?」

「……人っ!人が!腕ひっぱって!」

「人?…誰かに悪戯でもされたん?」

「ぎゃー!…子供!服着てるっ!」

言ってる事がさっぱりわからない。とりあえずブイにしがみついてる弟をボートの上に引っ張り上げた。

よく見たら弟の左腕二の腕の辺りから結構な量の出血が。弟にその場で話を聞こうとしても「人が人が…」とずっとブルブルしていたのでとにかく岸まで連れて行った。

崖上のキャンプ場まで兄に担いでもらってテントに休ませ、簡単な腕の手当てをした。傷口自体は2センチ程だったが、その傷は腕を貫通していた。少し落ち付いた所で弟に再度話を聞いた。

ブイにつかまって沖から海岸を見てぼーっと浮いてたら、同じように離れたブイの辺りに浮かんでいる子供を見付けた

子供一人でこんな沖まで出て大丈夫なんかなと、思った途端何か嫌な雰囲気を感じてすぐに目を逸らした。

弟曰く「何かよく分からんけど、絶対目を合わせたらダメだ。気持ち悪い、死ぬ!」と思ったそうな。

目を逸らした途端、その嫌な雰囲気がどんどん弟のところに近づいてきた。

目を開けたらまた子供を見てしまう、早く逃げないとこの嫌な雰囲気に追いつかれたら死ぬ気がする。

しかし、弟は怖くて泳いで岸まで行く事が出来ず、ブイにしがみついて必死に岸近くで遊んでいた私達に助けを呼んでいたんだそうだ。

私の声が聞こえるまで終始目を瞑っていた弟が、私の声に返事をした瞬間目を開けた時、

「俺の左腕に、顔が半分溶けてる子供がしがみついてたん。指が腕にめり込んだんだ。髪の毛がべったり俺の体にくっついてて巻き付いてて、あのブイがなかったら俺死んでた」

弟の体をボートに引き上げた時は、そんな髪の毛はついていなかったし、腕の怪我は貫通していた。

だからブイにくっついて浮かんでる時に寝てたんだろと、その話をまともに相手にしなかった。

腕の傷は、稀に潜水服とかを貫通する程鋭い体を持った魚がいると聞いた事があったのでそれじゃないか、という事でまったく弟の話を夢扱いにした。

キャンプ場から帰って2週間、弟の腕の傷は一向に良くならず、それどころか膿んで物凄く腫れあがってきた。

医者に行って念の為にレントゲンをとると、どうやら傷口の中に何か異物が入っていて、それが原因で膿んでいるらしい。簡単な手術で摘出すればすぐに治るとの事だったので、すぐに手術をしてもらった。

「異物は全部取り除きました。これで怪我も治るでしょう」

「先生ありがとうございました」

「…つかぬ事を聞きますが、この傷はどうやってつきましたか?」

「…どうかしましたか?」

「いえ、中に入っていた異物なんですが…」

そういってお医者さんがバッドに乗せてもってきた「弟から腕から摘出した異物」は「たくさんの長い毛の塊」と「引き剥がしたような生爪」でした。

その後、弟は特に何事もなく過ごしていますが、海には絶対行きたがりません。

弟の言った子供の事は今でも信じられませんが、弟と一緒に医者で見た血に塗れたあの髪の毛の塊と生爪を思い出すと、今でも背筋が寒くなります。

関連記事

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

団地(フリー写真)

深夜の足音

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。しかし一つ問題があった…

夜のアパート(フリー写真)

リビングの物音

2年程前に体験した話です。僕は当時、一人暮らしをしていました。借りていたアパートは1LDKで、リビングとキッチンの両方にテレビがありました。平日は会社から帰ると…

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

少女

霊感を持つ女

霊感がある知人の話。彼女曰く、霊感というのは遺伝的なものらしい。彼女の母方の家系では、稀に霊感を持つ女が生まれるのだと言う。彼女が子供の頃の事、母方の祖父の初盆で本家に…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。母親が心…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

飛び降り

大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

ホテル

アンケートの忠告

私が某会員制リゾートホテルに勤めていた時、ある老夫婦に書いて頂いたアンケート用紙の内容です。表面は通常のよくある普通のアンケートの回答でした。ホテルの従業員の対応や施設の使用感…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…