おおいさんの話

dark-abstract-art-paintings

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。

おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれをすぐ忘れてしまっていた。

3ヶ月程経ち、結構慣れてきた時に後輩が入って来た。

後輩に仕事を教えて結構楽できるようになった。

その後輩と二人で夜勤に入った日、バックで俺はタバコを吸いながら廃棄予定の弁当を食べていた。

その時に防犯カメラの映像を見ると、3人の中学生ぐらいの少年が立ち読みしているのみで、後輩はレジの前で注意深くそいつらの動きを監視していた。万引きを防ぐ為に。

俺も3つある切り替えボタンを操作しながら店内の様子を見ていた。

すると、後輩がいきなりレジの前で誰もいないのにペコペコしている。

何をしているのか不思議に思っていると、バックに居る店員を呼ぶブザーを押した。

瞬時に俺は『あ、万引きしたな』と察してバックから出て行くと、レジの前におじさんが立っていた。

『万引きの合図の後に来た客かな』と軽く考えつつ、「いらっしゃいませー」と大きな声で言うと、客がいきなり「こんにちはー、おおいさんです」と言い出した。

『何言ってんだ?』とは思うものの、後輩が手招きをしてくる。

近くまで行くと、「おおいさん。出ましたね。店長が言ってた人ですよ。目を合わせるなって」と言われて急に思い出した。

幸いおおいさんは俺が後輩に呼ばれるまで後ろを向いていたので顔は見なかったが、おおいさんは「えっとねー、マイルドセブンとー、あとー、このガムとー、から揚げ頂戴ー」と言って来た。

レジ打ちを後輩がしている間に俺はタバコとから揚げを取って袋詰めした。

するとおおいさんは「あとねー、どっちかの命ちょーうだーい」と冗談で言って来た。

『こわ!』と思いつつ「申し訳ございません、当店では取り扱っておりません」と頭を下げて冗談を受け流すように言った。

すると「あそこの3人のうちの一人でいいよー。いのちちょうーだーい」と言い出した。

中学生3人は聞こえていないのか雑誌を読みながらガヤガヤしていた。

俺と後輩はどうして良いのか分からずに、困ったなあ…とお互いを見ながら「申し訳ございません、彼らは商品ではございませんので」と言うと、おおいさんは笑いながら「ははは、じゃぁ、全部もーらーおっと」と言い、お金と変な針金細工を三つ置いて行った。

次の日、店長と俺より前に入ったパートのおばちゃんにその話をしたら、「なんてことを。おおいさん、何か置いてった?」と言うので、預かり品としておいた針金細工を持って来た。

これはおおいさんが次来たら返しなさいということなので、それをバックに持って行き、分かりやすい位置に置いていた。

それから次の夜勤の日。

バックから涙目で後輩が出て来た。何事かと聞くと、針金細工がウネウネと動いていると言う。

そんなバカな話あるかと見に行くと、三つともまるでミミズが這うかのように動いていた。

それは数日、しかも夜のみ動いた。他の夜勤の先輩達もそれを気持ち悪がった。

数日後に一つのウネウネがピクピクと動きを弱め始めた。

その日、近くの交差点でバイクと車が衝突事故を起こし、中学生が一人死亡した。

ニュースにもなったのだが、車の運転手は暴走行為をしていたバイクの前に誰かが立ったので、バイクが急ブレーキをかけてこちらに突っ込んで来たと言っていた。

次の日の夜、先輩と店長が夜勤の日、おおいさんが来た。

それをきっかけに細工三つを返して、「もうしわけございませんが…」と説明し返した。

その時の先輩の話では、おおいさんは少年の首を持って入って来たらしい。

店長もそれを見てびびっていたらしい。店長に言われてバックに針金細工を取りに行った先輩は、カメラに映る少年の体のみを見たらしい。

その体はレジの前の下を、何かを探すように撫でていたらしい。

そして、カメラには店長以外には映っていなかったらしい。

他のコンビニで働いている友人や、2時までやっているレンタルビデオ店でバイトしている友人も、おおいさんの話を知っていた。

どこの店でもこういう話ってあるのかね。

関連記事

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

揺れる木

2年程前の話。その年の夏、俺は大小様々な不幸に見舞われていた。仕事でありえないミスを連発したり、交通事故を起こしたり、隣県に遊びに行って車に悪戯をされた事もあった。原因…

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。…

崖

おいぼ岩

時刻は夜十時を幾分か過ぎた、とある冬の日のこと。僕を含めて三人が乗った車は、真夜中の国道を平均時速80キロくらいで、潮の香りを辿りつつ海へと向かっていた。僕が住む街から…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。…

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。古…

火柱

人型焼き

ある夏の日の話をしようと思う。その日は、前々から行くつもりだった近場の神社を訪ねた。俺には少々オカルト趣味があり、変な話や不思議な物等が大好物だった。この日も、…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…