禁忌の人喰い儀式

cannibals_23232

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。

とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。

鳥葬ならぬ人葬かな。それは小さな神社で行われていたとのこと。

そこの神主さんが、亡くなった人の脳だとか脊椎だとかを啜り、その人の魂を受け継ぐらしい。

それでイタコの真似事をして、残された家族に故人からの言葉を送るという流れ。

気味が悪いように聞こえるけど、それほど殺伐としたものではなかったみたい。

しかし、先に言ったように、大体60年代を過ぎる頃になると、流石にそのような風習も廃れてきた。

その頃は、その神社の神主を息子さんが受け持つようになっていたし、法律とかそういう問題もあったから、ちょうど世代交代の時期だったのかもしれない。

だがそれでも村の爺さん婆さん連中は、ご先祖様と同じように逝きたいと、この葬送を希望していた。

そのため、新しい神主さんも嫌々ながらそれを引き受け、数年の間、死体の脳を啜ったらしい。

多分これがいけなかった。

それから20年ほど経った頃、その神主さんに突然異変が起こった。

数日高熱にうなされた後、顔がパンパンに膨れ上がり、目玉が半分飛び出した恐ろしい容貌になって、常に汗水をだらだらと流し続ける体質になったらしいのだ。

常に水を飲まずにはいられないほど汗を流し続け、渇きに苦しむ姿は、まるで本物の呪いのようだったらしい。

当然、神主の家族も心配して神主を病院に連れて行ったのだが、原因は判らずに終わり、結局その半年ほど後に、目と鼻と耳から変な汁を噴き出して狂い死にしたらしい。

そして、解剖の結果判ったのは、生きたまま脳が腐っていたのが原因との事。

当時、風習を捨てた神主への呪いだのと囃し立てられたが、特に新聞に載ることはなかったみたい。

そして時は流れ、2000年を少し過ぎた頃。

今度はその神主の子供が似たような症状を発症した。

慌てて病院に駆け込んだが、結局治療法などは当時の医学でも判らなかった。

医者も色々と調べてくれたが、はんとう病とかそういう病気に似てるが、実際はよく判らないとの事。

ただその原因は断定はできないものの、可能性は推測できたみたい。

それは、『先祖が人の脳を食っていたこと』によるもの。

同じ人間を食べると、蛋白質が突然変異を起こし、脳がスポンジ状になるプリオン病というものがあるらしい。

その上、一度そういう病が発症すると、それは血筋で受け継がれる可能性があり、日本にも代々プリオン病が発症する家系が少数ながらあるとの事。

大抵は身体機能障害や痴呆で終わるのだが、中には一生眠れず狂い死にしたり、人肉を食べたくなって仕方なくなる症状もあるみたい。

発汗し続けるというのも負けず劣らず凄いものだが、人食のタブーを侵したカルマというのは存在するんだなと、それを聞いた当時は思ったね。

結局その息子も、脱水症状でショック死してしまった。

体は荼毘に付したが、今もどこかの病院に脳だけは保管されていると思う。

さて、ここまで読んでなんとなく察した人もいるかもしれないけど、これは親戚内での話です。

最初に発症したのが伯父で、その息子が従兄。

前半部分は親父からの伝聞で、医者の話はうろ覚えだから、細部は間違ってるかもしれません。

親父も幸い何も発症していないし、一応大丈夫だとは思うけれど、俺も人喰いの血は引いているので、もしかしたら発症するかもと怯えながら過ごしています。

一部の医者は、こんな症状は有り得ないと言っていたし、本当に呪いかもしれませんしね。

関連記事

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。朝に堤防まで…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。ある日、結婚している8歳上の姉が2…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

踏切(フリー写真)

開かない踏切

取引先の人から聞いた話。それは最終電車も通り過ぎた踏切での事。彼はお得意先のお偉いさんを接待した帰りだった。付き合いでさほど強くない酒を飲んだ彼は、タクシーに乗…

ハンバーグ

私が中学生の時の事です。母がスーパーで手作りハンバーグを買ってきました。真空パックに入った調理済みのものではなく、そこのスーパーの肉屋さんでひき肉をこねて成形し、後は焼…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。俺の地元には小さな鍾乳洞がある。田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…