おあしという神様

冬景色(フリー写真)

『おあし』という神様の話。

父が若い頃、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。

お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情で暫く父の家から学校に通っていた。

父の実家は当時商売をやっていたので、若い男が何人か住み込んでおり、そのうちの一人とお嬢さんは、何か良い感じになってきていたらしい。

ある日、お嬢さんとその若い人が一緒にコタツに入っていた。

しかし、暫くして男は真っ青になり、上に上がって行ったと思ったら、従業員用になっていた部屋から凄い悲鳴が聞こえた。

普段おとなしい男なのに、何事かと思った祖父をはじめとした父の家族は、慌てて二階へ行った。

すると男が泡を吹いていた。完全に白目をむいていて、死んでいるのかと思い、父は相当驚いたそうだ。

その男はその日、それっきり気がつかなかったので、看病は祖父母に任せて父は寝たらしい。お嬢さんも寝たそうだ。

次の日、男が起きてきたので、一体何があったのか問い詰めた。

話すのを嫌そうにしていたが、なだめすかして話させると、こういうことだった。

昨日お嬢さんとコタツに入っていたら、足が自分の膝辺りに当たる。

最初はただ当たっているだけだったけど、段々膝から太ももの辺りを撫でるように動き出した。

お嬢さんとその男は良い感じになってきていたから、それでお嬢さんがそうしているのだと思い、男はどきどきしながらその足を触ってみると、毛むくじゃらで筋骨たくましい男の足としか思えない足だった。

ぎょっとしてお嬢さんを見ると、何か恥ずかしそうにうつむいていたので、男みたいな足だけどお嬢さんの足なのかと、釈然としないながらもその足を触っていた。

暫くすると、お嬢さんがコタツを出た。でも男は足を触ったままでいた。

訳が解らなくなって、コタツ布団を捲ると何も無い。

気分が悪くなった男は、二階に上がって寝ようとした。

布団に入って暫く震えていたら、またさっきと同じ感触がし始めた。

思わず飛び起きて布団をはいでみた。

すると、そこには黒々とした脛毛の沢山生えた、紛れもない男の筋骨たくましい足が転がっていて、しかも親指をくいくいっと動かしたそうだ。

足の裏にはマメらしきものがあるのもはっきり見えたという。

男は思わず悲鳴を上げ、その後は朝起きるまで気がつかなかったのだ。

それからもその男は暫く父の家で働いていたけれど、夜は時々同じように悲鳴を上げて家中を騒がせるし、何より布団やコタツといった、捲って中に入るものを怖がるようになった。

そして段々精神的に不安定になって行ったので、実家に帰らせたそうだ。

男がそんな状態になった時、お嬢さんは

「それはきっと『おあし』だ」

と言ったそうだ。

お嬢さんは特に怖がる様子も無かったとか。

何でも、どこの地方か忘れたけど、どこか東北の方で言い伝えられている神様らしく、お嬢さんはその地方の人だったとか。

そのお嬢さんとは父もそれきり会ったことも無いし、今どうしているのかも知らないので、詳しい話を確かめてみたいと思うけれどそれも出来ないでいる。

関連記事

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。当時中学生だった…

裏S区(長編)

九州のある地域の話。仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。私の友人が飲食店の店長をする事になった。その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。今から15年前、俺は当時10歳だった。俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

鯉の池

けもの

俺のじいちゃん家は結構な田舎にあり、子供の頃はよく遊びに行っていた。じいちゃんは地元の名士とでも言うのかな、土地を無駄に一杯持っていて、それの運用だけで結構稼いでいたらしい。 …