おあしという神様

冬景色(フリー写真)

『おあし』という神様の話。

父が若い頃、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。

お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情で暫く父の家から学校に通っていた。

父の実家は当時商売をやっていたので、若い男が何人か住み込んでおり、そのうちの一人とお嬢さんは、何か良い感じになってきていたらしい。

ある日、お嬢さんとその若い人が一緒にコタツに入っていた。

しかし、暫くして男は真っ青になり、上に上がって行ったと思ったら、従業員用になっていた部屋から凄い悲鳴が聞こえた。

普段おとなしい男なのに、何事かと思った祖父をはじめとした父の家族は、慌てて二階へ行った。

すると男が泡を吹いていた。完全に白目をむいていて、死んでいるのかと思い、父は相当驚いたそうだ。

その男はその日、それっきり気がつかなかったので、看病は祖父母に任せて父は寝たらしい。お嬢さんも寝たそうだ。

次の日、男が起きてきたので、一体何があったのか問い詰めた。

話すのを嫌そうにしていたが、なだめすかして話させると、こういうことだった。

昨日お嬢さんとコタツに入っていたら、足が自分の膝辺りに当たる。

最初はただ当たっているだけだったけど、段々膝から太ももの辺りを撫でるように動き出した。

お嬢さんとその男は良い感じになってきていたから、それでお嬢さんがそうしているのだと思い、男はどきどきしながらその足を触ってみると、毛むくじゃらで筋骨たくましい男の足としか思えない足だった。

ぎょっとしてお嬢さんを見ると、何か恥ずかしそうにうつむいていたので、男みたいな足だけどお嬢さんの足なのかと、釈然としないながらもその足を触っていた。

暫くすると、お嬢さんがコタツを出た。でも男は足を触ったままでいた。

訳が解らなくなって、コタツ布団を捲ると何も無い。

気分が悪くなった男は、二階に上がって寝ようとした。

布団に入って暫く震えていたら、またさっきと同じ感触がし始めた。

思わず飛び起きて布団をはいでみた。

すると、そこには黒々とした脛毛の沢山生えた、紛れもない男の筋骨たくましい足が転がっていて、しかも親指をくいくいっと動かしたそうだ。

足の裏にはマメらしきものがあるのもはっきり見えたという。

男は思わず悲鳴を上げ、その後は朝起きるまで気がつかなかったのだ。

それからもその男は暫く父の家で働いていたけれど、夜は時々同じように悲鳴を上げて家中を騒がせるし、何より布団やコタツといった、捲って中に入るものを怖がるようになった。

そして段々精神的に不安定になって行ったので、実家に帰らせたそうだ。

男がそんな状態になった時、お嬢さんは

「それはきっと『おあし』だ」

と言ったそうだ。

お嬢さんは特に怖がる様子も無かったとか。

何でも、どこの地方か忘れたけど、どこか東北の方で言い伝えられている神様らしく、お嬢さんはその地方の人だったとか。

そのお嬢さんとは父もそれきり会ったことも無いし、今どうしているのかも知らないので、詳しい話を確かめてみたいと思うけれどそれも出来ないでいる。

関連記事

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。1年生のころからずっといじめ続…

夜の海(フリー写真)

ふだらく様

自分は子どもの頃から大学に入るまでずっと浜で育ったのだけど、海辺ならではの不思議な話が色々あった。自分の家はその界隈で一件だけ漁師ではなく、親父は市役所の勤め人だった。…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

お酒(フリー写真)

悪夢を見せる子守唄

もう時効だと思うから投稿します。うちには代々伝わる『相手に悪夢を見せる子守唄』というものがある。何語か判らないけど、詩吟などに近い感じで、ラジオ体操の歌ぐらいの長さの…

夕日(フリー写真)

歳を取らない巫女様

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかっ…

モデルカー(フリー写真)

形見分け

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

刀(フリー素材)

霊刀の妖精(宮大工15)

俺と沙織の結婚式の時。早くに父を亡くした俺と母を助け、とても力になってくれた叔父貴と久し振りに会う事ができた。叔父貴は既に八十を超える高齢だが、山仕事と拳法で鍛えている…

雨の日の傘(フリー写真)

谷の置き傘

小学生くらいの時の話。親戚の家が辺鄙な場所にあった。裏手には山、逆側には谷がある。子供の遊び場としては最高だったのだけど…。そして谷にはよくゴミが捨てられる。山…

パンドラ(長編)

私の故郷に伝わっていた「禁后」というものにまつわる話です。どう読むのかは最後まで分かりませんでしたが、私たちの間では「パンドラ」と呼ばれていました。私が生まれ育った町は…