殺人ビデオ

50616

このビデオを私が実際見たことがある訳ではないので、あまり多くは語りません。

ただ、私の友人Yは今から半年程前に見たそうなので、その聞いた話をお伝えします。

私の友人Yは、全国でも恐らく100本の指に入るぐらいのビデオ収集家で、現在の彼のマンションには、所狭しと1万本近いビデオがひしめき合っております。

そして沢山のビデオ収集家の友達を持っており、時折皆んなで集まっては、あらゆるジャンルのビデオ鑑賞会を開いておりました。

ある時、彼の友人が知り合いのビデオショップ経営者が「今面白いビデオがある。もしよければここでそのビデオの鑑賞会を開かないか」と言うのです。それがこのビデオです。

もちろんビデオと言っても、大凡殆どの人が見たこともないようなビデオです。二つ返事で彼の友人はOKしました。

しかし、その鑑賞代金が3万円と言われ、彼は非常に困りそこで私の友人Yの登場です。

2人で1万5千円ずつ支払うことを条件にその鑑賞会は始まりました。

そのビデオはこのようなストーリーだったそうです。

まず女の人が一人6畳程の部屋で椅子に縛り付けられている場面から始まります。

女の人は呆然としていて、意識があるのかないのかは判断できないような状態だったそうです。

女の人は25歳前後で、まず間違いなく日本人だそうです。それでもってとても可愛かったそうです。

そこに男が二人部屋に入って来て、一人が日本語ではないようなことを喋りながら、女を殺す場面へと移ります。

女の人は、男が部屋に入って来てから物凄い勢いで泣き叫ぶのですが、何を言ってるのか全く理解不可能で、友人は恐らく人の名前だろうと推測しておりました。

殺し方については至ってシンプルで、強姦する訳でもなく、ただひたすらに刃物を突き刺すというものだったそうです。

女は裸の状態でしたが、全然官能的ではなかったそうです。

最初は、ランボーが持ってるようなアーミーナイフで指を落とそうとするのですが、女が抵抗してなかなか指が切れず、そこで男が怒ったらしく胸にナイフを突き刺すそうです。

女はなかなか死なないのですが、何度もナイフを突き刺し、次第に叫ぶのをやめ動かなくなり、男だけが奇声を発していたそうです。

血は思ったよりも出ず、ぽたぽたと落ちる程度だったと彼は言っていました。

もう一人の男は、最初ビデオスタンドに付いていた8ミリを手に持ち直し写していたそうですが、彼曰くカメラ技術は二流で、8ミリは最近の機種ではないだろうとも言っていました。

あとビデオを撮っていた場所は、幹線道路沿いなのか何度もクラクションの音や車の通り過ぎる音が聞こえたそうです。

ここまでが彼から聞いた話です。

どこまで本当でどこから嘘なのか私には判断できませんが、とても彼から聞いたことが嘘とは思えません。

そしてただの偶然だとは思いますが、彼の友人はそれから1ヶ月もしないうちに行方不明になってしまい、未だに消息不明です。

毟られる髪

中学時代、怪談ゲームを通して怪談話が好きになり、よく自分に構ってくれる母方従兄弟に怪談をせびってました。従兄弟は新しいもの好きで、ロンゲメッシュと当時では珍しい格好、友達も多く…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。大半…

中身はミンチ

Nさんは、鋼材関係の専門の現場作業員だ。会社勤めではないが、色々と資格を持っているおかげで、大手企業の下請けや手伝いをやっている。人集めを任されることもあるが、そんな時…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』その一心だけで走った。途中でカメラ屋に寄り現像を依…

女友達の話

怖いと言うか気持ち悪い話。動物好きで特に猫好きの方は絶対に読まないで欲しい。細かい会話とかは覚えてないので適当だが……。俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく…

アパート

早く早く

かなり昔、私が小学校2、3年の頃の事です。当時家族でアパートに住んでいたのですが、隣に新婚さん夫婦が引越して来ました。彼等は二人とも小学校の教師という事で、とても優しく…

鎌爺

小学生の頃、田舎に住んでいた時の話。その村には鎌爺という有名な爺さんがいた。その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人…

田舎(フリー素材)

障り

試験勉強に行き詰まったから、気分転換に後日書こうと思っていた話をするよ。登場人物は下記の通り。俺: 都内大学4年(暇人)A: 同じクラスの男(野球部)B…

養鶏場(フリー素材)

ヒギョウさま

今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。毎年夏休みになると、母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず、毎年家に残っていました。 …

家(フリー写真)

次女の願い

私は神社の家系に生まれ、霊能力者を生業としている者です。三年前に訪れたお客様の話ですが、今でもどうしても考えてしまい胸が苦しくなるお話があります。もう時効かと思います…