殺人ビデオ

50616

このビデオを私が実際見たことがある訳ではないので、あまり多くは語りません。

ただ、私の友人Yは今から半年程前に見たそうなので、その聞いた話をお伝えします。

私の友人Yは、全国でも恐らく100本の指に入るぐらいのビデオ収集家で、現在の彼のマンションには、所狭しと1万本近いビデオがひしめき合っております。

そして沢山のビデオ収集家の友達を持っており、時折皆んなで集まっては、あらゆるジャンルのビデオ鑑賞会を開いておりました。

ある時、彼の友人が知り合いのビデオショップ経営者が「今面白いビデオがある。もしよければここでそのビデオの鑑賞会を開かないか」と言うのです。それがこのビデオです。

もちろんビデオと言っても、大凡殆どの人が見たこともないようなビデオです。二つ返事で彼の友人はOKしました。

しかし、その鑑賞代金が3万円と言われ、彼は非常に困りそこで私の友人Yの登場です。

2人で1万5千円ずつ支払うことを条件にその鑑賞会は始まりました。

そのビデオはこのようなストーリーだったそうです。

まず女の人が一人6畳程の部屋で椅子に縛り付けられている場面から始まります。

女の人は呆然としていて、意識があるのかないのかは判断できないような状態だったそうです。

女の人は25歳前後で、まず間違いなく日本人だそうです。それでもってとても可愛かったそうです。

そこに男が二人部屋に入って来て、一人が日本語ではないようなことを喋りながら、女を殺す場面へと移ります。

女の人は、男が部屋に入って来てから物凄い勢いで泣き叫ぶのですが、何を言ってるのか全く理解不可能で、友人は恐らく人の名前だろうと推測しておりました。

殺し方については至ってシンプルで、強姦する訳でもなく、ただひたすらに刃物を突き刺すというものだったそうです。

女は裸の状態でしたが、全然官能的ではなかったそうです。

最初は、ランボーが持ってるようなアーミーナイフで指を落とそうとするのですが、女が抵抗してなかなか指が切れず、そこで男が怒ったらしく胸にナイフを突き刺すそうです。

女はなかなか死なないのですが、何度もナイフを突き刺し、次第に叫ぶのをやめ動かなくなり、男だけが奇声を発していたそうです。

血は思ったよりも出ず、ぽたぽたと落ちる程度だったと彼は言っていました。

もう一人の男は、最初ビデオスタンドに付いていた8ミリを手に持ち直し写していたそうですが、彼曰くカメラ技術は二流で、8ミリは最近の機種ではないだろうとも言っていました。

あとビデオを撮っていた場所は、幹線道路沿いなのか何度もクラクションの音や車の通り過ぎる音が聞こえたそうです。

ここまでが彼から聞いた話です。

どこまで本当でどこから嘘なのか私には判断できませんが、とても彼から聞いたことが嘘とは思えません。

そしてただの偶然だとは思いますが、彼の友人はそれから1ヶ月もしないうちに行方不明になってしまい、未だに消息不明です。

関連記事

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

ヤマノケ

一週間前の話。娘を連れてドライブに行った。なんてことない山道を進んで行って、途中のドライブインで飯食って。で、娘を怖がらそうと思って舗装されてない山道に入り込んだ。「や…

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

着物(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。AがB宅を訪問した時のことをもう一つ話してくれたので投稿します。 ※ 以下はこれまで…

ハコマワシ(長編)

半年くらい前、怖い体験をした。心霊現象ではないが、かなり気持ち悪い体験だ。長くなると思うから適当に読み流してくれても構わない。中学生だった頃、俺のクラスに霊感少女がいた。家が神…

森(フリー素材)

模倣

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。「巣くうものシリーズ」で纏めてもらっているので、前と同じく説明は省略します(※これまでの…

電話受信のバイト

数年前、まだ大学生の頃に電話受信のバイトをしていた。クレームなども偶にあるけど、基本受信だから殆どは流れ作業ね。通信教育の会社なので一番多いのは解約かな。あとは教材の発…

マイナスドライバー

そんなに怖くないのですが聞いてください。私がまだ4~6歳の頃の話です。当時、私の家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。まだ小さかったので、母と女湯に…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

ビル(フリー写真)

鳴り続ける電話

先日、年末の追い込みで一人残業をしておりました。残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。商店街の一角の会社と…