秘密基地

Traditional_scenery_in_Kori_housing_complex

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。

当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。

そこには面白い物やまだ使えそうな物があり、人目につかなかったのもあり同じ住宅に住んでる同級生の友達何人かと秘密基地にして遊んでいました。

秘密基地の近所には有名なくそババアがゴミ屋敷みたいな所に住んでいました。

そいつは子供に嫌われていて、もちろん自分達も大嫌いだったので、そいつが外に出るたびに大声を出したりして驚かすのを遊びとして、学校の帰りには必ず寄っていたのです。

夏休みに入ってから間もなくのある日、自分と友達数人はプールに行く前に少しそこでゆっくりしてから行こうという事になりました。

そしてみんなで作ったごみの通路を通って秘密基地に入り、手製の小部屋の中で持ち寄った菓子などを食べながら時間を潰しました。

少ししてから友達の一人が腕時計を見て、そろそろプールの開く時間だから行こうと言い、自分達はごみの山の中にお菓子の袋を隠し、秘密基地を出ました。

すると、最初に来た時にはなかった新しいごみが秘密基地の入り口に並べてあります。

それは、紙のパッケージをぼろぼろに剥した汚いみかんの缶詰でした。

全部口は開いていて、缶も錆びていたり油で黄色く汚れている完璧なごみなのですが、自分達は興味を惹かれて半分閉じているぎざぎざの汚い蓋を木の棒を使って開けました。

中に詰まっていたのは生肉でした。売っている肉とは違い、ぐちゃぐちゃの細切れ肉には小さいごみみたいなのが混ざっていて、とても美味しそうだとは思えません。

それを友達はバーベキューごっこと称しながら太陽光でかなり熱くなったトタンの上にひっくり返しました。

いきなり、中から出てきた生肉を木の棒で解していた友人が「ウェ!!」と短い叫び声を上げました。

なんだなんだと興味深々で駆け寄った自分と友達が見たものは、肉の中に混ぜ込んであった大量の毛でした。

いや、混ぜてあったというよりもまだ毛が付いたままの肉も入っていたような気がします。

明らかにそれは家畜じゃない動物の肉以外の何物でもないのですが、頭の悪い自分達は缶詰の中には腐ったコンビーフが入っているといって気持悪がり、全部くそババアのゴミ庭にぶちまけてしまいました。

思えばアレは猫肉の缶詰だったのかも知れません。

住宅で可愛がっていた仔猫の姿が見えなくなったのも確か夏休みに入る直前でした。

でも缶詰は一つ二つじゃなく有った筈です。仔猫にそんな質量があるとは思えません。

昔から変質者の多い地域ではあったのですが、今思うと相当洒落にならない思い出です。

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

警察官(フリー写真)

首が無い警官

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近…

ホテル(フリー素材)

記憶の中の友人

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の…

イタコ

以前、北東北の寒村に行った際にお寺のご住職夫人から聞いた話。恐山のような知名度はないんだけど、彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。今も出稼ぎがある地だから推して知る…

祖父の箱

旅先で聞いた話。伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。ただし、箱を開ける…

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

山道

お遍路さんの道標

俺は九州出身なのだが、大学は四国へ進学した。以下はゼミの先輩から聞いた話だ。四国と言えば八十八ヶ所霊場巡りが有名だが、昔は大変だったお遍路も今では道が整備され、道標も各所にあり…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

笑う女

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい…