秘密基地

Traditional_scenery_in_Kori_housing_complex

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。

当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。

そこには面白い物やまだ使えそうな物があり、人目につかなかったのもあり同じ住宅に住んでる同級生の友達何人かと秘密基地にして遊んでいました。

秘密基地の近所には有名なくそババアがゴミ屋敷みたいな所に住んでいました。

そいつは子供に嫌われていて、もちろん自分達も大嫌いだったので、そいつが外に出るたびに大声を出したりして驚かすのを遊びとして、学校の帰りには必ず寄っていたのです。

夏休みに入ってから間もなくのある日、自分と友達数人はプールに行く前に少しそこでゆっくりしてから行こうという事になりました。

そしてみんなで作ったごみの通路を通って秘密基地に入り、手製の小部屋の中で持ち寄った菓子などを食べながら時間を潰しました。

少ししてから友達の一人が腕時計を見て、そろそろプールの開く時間だから行こうと言い、自分達はごみの山の中にお菓子の袋を隠し、秘密基地を出ました。

すると、最初に来た時にはなかった新しいごみが秘密基地の入り口に並べてあります。

それは、紙のパッケージをぼろぼろに剥した汚いみかんの缶詰でした。

全部口は開いていて、缶も錆びていたり油で黄色く汚れている完璧なごみなのですが、自分達は興味を惹かれて半分閉じているぎざぎざの汚い蓋を木の棒を使って開けました。

中に詰まっていたのは生肉でした。売っている肉とは違い、ぐちゃぐちゃの細切れ肉には小さいごみみたいなのが混ざっていて、とても美味しそうだとは思えません。

それを友達はバーベキューごっこと称しながら太陽光でかなり熱くなったトタンの上にひっくり返しました。

いきなり、中から出てきた生肉を木の棒で解していた友人が「ウェ!!」と短い叫び声を上げました。

なんだなんだと興味深々で駆け寄った自分と友達が見たものは、肉の中に混ぜ込んであった大量の毛でした。

いや、混ぜてあったというよりもまだ毛が付いたままの肉も入っていたような気がします。

明らかにそれは家畜じゃない動物の肉以外の何物でもないのですが、頭の悪い自分達は缶詰の中には腐ったコンビーフが入っているといって気持悪がり、全部くそババアのゴミ庭にぶちまけてしまいました。

思えばアレは猫肉の缶詰だったのかも知れません。

住宅で可愛がっていた仔猫の姿が見えなくなったのも確か夏休みに入る直前でした。

でも缶詰は一つ二つじゃなく有った筈です。仔猫にそんな質量があるとは思えません。

昔から変質者の多い地域ではあったのですが、今思うと相当洒落にならない思い出です。

関連記事

山小屋(フリー画像)

けんけん婆あ

子供の頃は近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでいた。この山の通常ルートとは別の、獣道や藪を突っ切った先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば…

山(フリー写真)

山に魅入られる

小学校5年生の頃、私が祖母の家に遊びに行った時の話。当時は夏休みになると祖母の家に何週間も泊まりに行くのが定例となっていて、地元の子供達とも夏休み限定の友人として結構打ち解けて…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。大学のサークルの友人Aが、「引っ越しをするので手伝ってくれ」と言って来た。お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。その教習所で、地元の女の子2人組、C子…

ヒッチハイク(長編)

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したものの、就職も決まっていない有様だった。昔から追い詰められないと動かないタイプで、「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞か…

病院(無料背景素材)

カウンセラーの伯父

伯父さんは地元の病院で精神科医…と言うより、『薬などの治療で治せない患者さんの話し相手になり、症状を精神的な面から改善させる』というような仕事をしていた。カウンセラーと…

寝たフリ

小学校の先生Aから聞いた話。高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ち…

心理テスト

「心理テスト」というと、簡単に性格などを判断できる手段として、馴染みあるものだ。しかし、それは時として犯罪者の精神鑑定で用いられる場合もあるという。そこで、実際に犯罪者…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。放課後にそこでオヤツを食べた…

暗い歌

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかって…