お待たせ

Couples-In-Love-Hugging-Art-HD-Wallpapers

別れ話を大分こじらせたカップルがいて、彼女が彼氏に「見せたいものがあるから」と言って呼び出されたんだって。

長い付き合いで色々なものをあげたりもらったりしたから、“思い出の品” 的なものを見せて考え直させる気なんじゃないか…。

うざかったからその場できっぱり断ってやろうと思い、夜になってから彼氏のマンションに向かったんだそうだ。

彼氏のマンションのそばまで来てタクシーを降りたら、彼氏から携帯が鳴った。

「何よ? 着いたよ」

「おーい、ここ、ここ」

何だろうと思い50メートルくらい先のマンションの入り口を見ると、暗くてよく分からないけど人影があって、どうやらこっちに手を振ってるみたい。

わざわざ下まで迎えにきたのか…と思ったら脱力しちゃって、

「は? そこにいんの? なんか訳分からないんですけど」と言いながら入り口に向かって行ったら、

「あ、ごめん。忘れ物した。ちょい待って」って言うんだって。

「待つのだるいし、部屋に行く」と言ったんだけど、

「あ、いい。そこで待ってて。そこで」と言って聞かない。

「すぐ戻るから」と入り口に消えちゃった。なぜかその間も携帯は繋がったまま。

何考えてんのか訳分からないし、勝手に電話切ってキレられるのも嫌だし…。

「私急いでんの。バイトから直できたんだよ。終電もなくなるしさ…」

「ごめんごめん、すぐだから。すぐだから」

ガチャ、バタン、ドタドタと部屋の中であろう音がひとしきり聞こえて、それからエレベーターの来る「チン」って言う音が聞こえたので、『やれやれ、やっとか…』なんて思ってたら、重そうなドアを開ける音が携帯から聞こえたので、入り口の方を見たらまだ来てないみたい。

「ちょっと、どこよ」

「お待…せ…」

「ん? 電波悪いな。聞こえないよ」

「…待た…せ…」

「は?」

「お待たせ」

その瞬間、後ろ数メートルの方から物凄く大きな

「ドサッッツ!!!」

って音が聞こえて、もしやと思ったらやっぱり彼氏だったんだって。

街灯に照らされて、今まで見たこともないような量の血が、頭から止まらず流れている…。

警察の方曰く、わざわざ待っている場所を指定したのは、よく考えれば飛び降りる時に彼女を巻き込みたくなかった、悪く考えれば街灯の下の一番良いポジションで自分の事を見せるためだったんじゃないかと…。

“忘れ物” であったと思われる、屋上に残されていた遺書には恨みつらみなんかは全くなくて、ただただ自分が彼女のことをどれだけ好きなのかが延々と書き連ねてあったそう。

それ以来、彼女は色々な意味でダメになっちゃって、仕事も休みがちになり、もちろん男なんか作れない。

携帯もあれから一度も使ってないんだって。あのコンクリートにぶつかる

「グッシャアァ!!」

って音がまた聞こえてくるんじゃないか。

そう思うと電話を耳に当てることができなくなったんだそうだ。

関連記事

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。 人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。 村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

田舎の家(フリー写真)

般若面の女

過去から現在まで続く、因果か何かの話。 長いし読み辛いです。 ふと思い出して混乱もしているので、整理のために書かせてください。 ※ 私が小学生一年生の夏、北海道の大パパ…

山道のベンツ

友達と山にドライブに行った時、深夜でしかも霧がかっていたので、後続車もないしチンタラ走ってたんだ。 俺たちは頂上付近の展望台を目指していた。 すると、かなりのスピードで俺た…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。 俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。 そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

宿

『コ』の字の家

私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。 近所の噂では、元女郎宿を改築した家らしいです(改築したとは言え、かなり古い家でしたが)。 その家は…

祭祀(長編)

近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる神職の一家がある。 その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。 うちも住んでいる辺りではかな…

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。 友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。 たまに立ち…

エラーの原因

俺は当時リサイクル工場で働いていた。 仕事の内容は、ゴミを回収してきて、それを可燃・不燃・ビン・アルミ・スチール・ペットボトル・発砲スチロールと分別し、それぞれを出荷するというも…

田舎(フリー素材)

障り

試験勉強に行き詰まったから、気分転換に後日書こうと思っていた話をするよ。 登場人物は下記の通り。 俺: 都内大学4年(暇人) A: 同じクラスの男(野球部) B…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。 放課後にそこでオヤツを食べた…