お待たせ

Couples-In-Love-Hugging-Art-HD-Wallpapers

別れ話を大分こじらせたカップルがいて、彼女が彼氏に「見せたいものがあるから」と言って呼び出されたんだって。

長い付き合いで色々なものをあげたりもらったりしたから、“思い出の品” 的なものを見せて考え直させる気なんじゃないか…。

うざかったからその場できっぱり断ってやろうと思い、夜になってから彼氏のマンションに向かったんだそうだ。

彼氏のマンションのそばまで来てタクシーを降りたら、彼氏から携帯が鳴った。

「何よ? 着いたよ」

「おーい、ここ、ここ」

何だろうと思い50メートルくらい先のマンションの入り口を見ると、暗くてよく分からないけど人影があって、どうやらこっちに手を振ってるみたい。

わざわざ下まで迎えにきたのか…と思ったら脱力しちゃって、

「は? そこにいんの? なんか訳分からないんですけど」と言いながら入り口に向かって行ったら、

「あ、ごめん。忘れ物した。ちょい待って」って言うんだって。

「待つのだるいし、部屋に行く」と言ったんだけど、

「あ、いい。そこで待ってて。そこで」と言って聞かない。

「すぐ戻るから」と入り口に消えちゃった。なぜかその間も携帯は繋がったまま。

何考えてんのか訳分からないし、勝手に電話切ってキレられるのも嫌だし…。

「私急いでんの。バイトから直できたんだよ。終電もなくなるしさ…」

「ごめんごめん、すぐだから。すぐだから」

ガチャ、バタン、ドタドタと部屋の中であろう音がひとしきり聞こえて、それからエレベーターの来る「チン」って言う音が聞こえたので、『やれやれ、やっとか…』なんて思ってたら、重そうなドアを開ける音が携帯から聞こえたので、入り口の方を見たらまだ来てないみたい。

「ちょっと、どこよ」

「お待…せ…」

「ん? 電波悪いな。聞こえないよ」

「…待た…せ…」

「は?」

「お待たせ」

その瞬間、後ろ数メートルの方から物凄く大きな

「ドサッッツ!!!」

って音が聞こえて、もしやと思ったらやっぱり彼氏だったんだって。

街灯に照らされて、今まで見たこともないような量の血が、頭から止まらず流れている…。

警察の方曰く、わざわざ待っている場所を指定したのは、よく考えれば飛び降りる時に彼女を巻き込みたくなかった、悪く考えれば街灯の下の一番良いポジションで自分の事を見せるためだったんじゃないかと…。

“忘れ物” であったと思われる、屋上に残されていた遺書には恨みつらみなんかは全くなくて、ただただ自分が彼女のことをどれだけ好きなのかが延々と書き連ねてあったそう。

それ以来、彼女は色々な意味でダメになっちゃって、仕事も休みがちになり、もちろん男なんか作れない。

携帯もあれから一度も使ってないんだって。あのコンクリートにぶつかる

「グッシャアァ!!」

って音がまた聞こえてくるんじゃないか。

そう思うと電話を耳に当てることができなくなったんだそうだ。

関連記事

コトリバコ(長編)

序 暇なときにここを読んでいる者です。俺自身、霊感とかまったくありません。ここに書き込むようなことはないだろうと思ってたんですが、 先月起こった話を書き込もうかと思いここに来ました。一応…

病院への道

数年前に務めていた病院が東北の田舎の山間にあったんだけど、ほんの少し一緒に働いてたおじさんに聞いた話。「大分昔の事だよー」と前置きしてから話してくれた。世間でいうお盆休…

田舎のフリーイラスト素材

ほっとけさん

これは私が小さい頃、実際に起こった出来事です。私の親は私が物心がつく前に離別し、私は母方に引き取られました。しかし私の母の実家は結構な田舎で、女性が仕事を探すのは困難で…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

集落(フリー素材)

武君様

俺の住む集落には、『武君(たけぎみ)様』という神様が祀られている。何でも、この集落を野武士などから守り命を落とした青年が神と成り、今もこの集落を守っているらしい。この『…

養鶏場(フリー素材)

ヒギョウさま

今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。毎年夏休みになると、母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず、毎年家に残っていました。 …

かんひも

僕の母の実家は、長野の山奥にある。信州新町という町から奥に入って行った所なんですけど。僕がまだ小学校3年生くらいの頃だったかな?その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。そ…

踏切(フリー素材)

留守電に残された声

偶にニュースで取り上げられる、『携帯電話に夢中で、踏切を気付かずに越えて電車に轢かれてしまう』という事故があるじゃないですか。巻き込まれた本人もさる事ながら、電話の相手も大変で…

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…