お待たせ

Couples-In-Love-Hugging-Art-HD-Wallpapers

別れ話を大分こじらせたカップルがいて、彼女が彼氏に「見せたいものがあるから」と言って呼び出されたんだって。

長い付き合いで色々なものをあげたりもらったりしたから、“思い出の品” 的なものを見せて考え直させる気なんじゃないか…。

うざかったからその場できっぱり断ってやろうと思い、夜になってから彼氏のマンションに向かったんだそうだ。

彼氏のマンションのそばまで来てタクシーを降りたら、彼氏から携帯が鳴った。

「何よ? 着いたよ」

「おーい、ここ、ここ」

何だろうと思い50メートルくらい先のマンションの入り口を見ると、暗くてよく分からないけど人影があって、どうやらこっちに手を振ってるみたい。

わざわざ下まで迎えにきたのか…と思ったら脱力しちゃって、

「は? そこにいんの? なんか訳分からないんですけど」と言いながら入り口に向かって行ったら、

「あ、ごめん。忘れ物した。ちょい待って」って言うんだって。

「待つのだるいし、部屋に行く」と言ったんだけど、

「あ、いい。そこで待ってて。そこで」と言って聞かない。

「すぐ戻るから」と入り口に消えちゃった。なぜかその間も携帯は繋がったまま。

何考えてんのか訳分からないし、勝手に電話切ってキレられるのも嫌だし…。

「私急いでんの。バイトから直できたんだよ。終電もなくなるしさ…」

「ごめんごめん、すぐだから。すぐだから」

ガチャ、バタン、ドタドタと部屋の中であろう音がひとしきり聞こえて、それからエレベーターの来る「チン」って言う音が聞こえたので、『やれやれ、やっとか…』なんて思ってたら、重そうなドアを開ける音が携帯から聞こえたので、入り口の方を見たらまだ来てないみたい。

「ちょっと、どこよ」

「お待…せ…」

「ん? 電波悪いな。聞こえないよ」

「…待た…せ…」

「は?」

「お待たせ」

その瞬間、後ろ数メートルの方から物凄く大きな

「ドサッッツ!!!」

って音が聞こえて、もしやと思ったらやっぱり彼氏だったんだって。

街灯に照らされて、今まで見たこともないような量の血が、頭から止まらず流れている…。

警察の方曰く、わざわざ待っている場所を指定したのは、よく考えれば飛び降りる時に彼女を巻き込みたくなかった、悪く考えれば街灯の下の一番良いポジションで自分の事を見せるためだったんじゃないかと…。

“忘れ物” であったと思われる、屋上に残されていた遺書には恨みつらみなんかは全くなくて、ただただ自分が彼女のことをどれだけ好きなのかが延々と書き連ねてあったそう。

それ以来、彼女は色々な意味でダメになっちゃって、仕事も休みがちになり、もちろん男なんか作れない。

携帯もあれから一度も使ってないんだって。あのコンクリートにぶつかる

「グッシャアァ!!」

って音がまた聞こえてくるんじゃないか。

そう思うと電話を耳に当てることができなくなったんだそうだ。

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

山の小道

廃道の先に

20年程前に俺が体験した、今だに信じられない話を書こうと思います。 と言うのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く実際に体験した出来事を一体どう…

ツーリング

ツーリング

その昔、10歳くらい年上の従兄に聞いた話。 従兄が学生だった頃、バイク仲間数人とツーリングに出かけたらしい。 当時はヘルメットの着用が義務付けられていなかったので、まともに…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。 放課後にそこでオヤツを食べた…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。 不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。 現地警察に通報…

割れたスイカ

あれは10年くらい前の暑い夏の日でした。 俺は仕事で車を運転していて、それまで順調に流れていたのに急に渋滞し始めた。 『くそー、なんだよ…』 渋滞しているけど、ゆっく…

彼氏からのメール

若い女性があるマンションに一人で住んでいた。 彼女には、交際して2年の彼氏がおり、いつかは結婚もあり得るくらい交際は順調だった。 ある日の晩、彼氏からのメールを受信した。 …

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。 俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。 俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

ヒサユキという男

この話は私にとって本当に怖ろしい体験で、その為に長い間精神を病んでいました。 最近になってようやく落ち着いてきたので、自分の体験をまとめてみました。 読み直してみると何だか…