山遊び

鳥海山写真2012.09.24-サンミッシェル教会 -

子供の頃の話。

大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。

小学校が休みの日、最初は友だちとゲームしたりして遊んでたんだが、どうにも飽きてしまってどっか面白いところは無いかって話になった。

俺は、近所にうちの爺さんがよく山菜を取りに入っている山があるのを思い出した。

よくふきのとうやキノコをザルいっぱいに取って、家に持って来てくれていたんだ。

それでその山に行って山菜とかを取りに行くかという事になった。

一旦みんな家に帰って、山歩き道具を自転車に詰め込んでその山に向かった。

途中まではアスファルトの道路があるんだが、その先は何もない。

あとは薄ら暗い杉の森が広がっているだけだ。

どこから入ろうかと思案に暮れていると、友だちの一人が草むらの先にけもの道を見つけた。

午後15時くらいなのに、陽があまり差し込まなくて暗い。

用意がいい俺たちは懐中電灯を点けて進むことにした。

その山は、入って見ると思いのほか鬱蒼としていて山菜取り、なんて雰囲気ではなかった。

懐中電灯片手に草むらをかきわけて進む。

ちょっとした探検みたいで、小学生の俺たちは目的を忘れて奥へ奥へと入っていった。

暫く行くと唐突に草むらがない空間に出た。

俺たちは山の奥に自分たちしか知らない空間を見つけたという喜びで舞い上がった。

ここをしばらく探索の拠点にしようよと言って、そこで普段禁じられてるサバイバルゲームみたいなことや、花火やらでしばらく盛り上がった。

そんな折、友だちの一人が不意に声をあげた。

やっていなかった夏休みの宿題の再提出の期限が明日だった、と言い出したのだ。

もういいじゃん、一日くらい変わらないよ、とみんな言ったが、そいつは先生が怖いから、と言って先に抜けることになった。

そんな事をしている内に暗くなってきて、その日は帰ることになった。

当然、この日の事は友だちだけの秘密って事になった。

山を出る頃には真っ暗になっていたが、こういう山歩きには慣れていたので、特に問題なく山を抜けることが出来た。

ちょっと不気味な雰囲気になってきてはいたが、みんなバカ話に夢中でそんなこと気にもしなかった。

でも、自転車を停めたところに着いた時、話は止まった。

あいつの自転車まだ置いてあるじゃん。

携帯なんてなかった時代だ。

一回外で離れてしまえば、家に着くまで連絡の取りようがない。

小学生の俺たちは声をあげてそいつの名前を呼んだ。

一人が山に入って探そうって言い出したが、それは別の友だちに止められた。

もしかしたら自転車を置いて車で近くまで迎えに来てもらったかもしれないという話も出た。

何せ広場からここまではさっき通ったけもの道を真っ直ぐ来るだけなんだから、迷う訳がない。

落ちて迷い込むような淵も窪みも無い。だからそうに違いない、という事だったのだ。

そして俺たちはとにかくそいつの家に確かめに行くことにした。

だけど、そこに友だちはいなかった。

自分たちの遊びを隠すこともできず、友だちの親父さんに事情を話した。

親父さんは顔色を変え、寄り合いまで車で行ってしまった。

俺たちはどうして良いか分からず、とにかく帰ることにした。

家で事情を話すと、普段じゃ考えられないくらいこっぴどく怒られた。

他の友だちもそうだった。

その時はただ友だちと危険な遊びをしたこととか、友達を見捨てて帰ったことを責められたんだ、と思っていたが、爺さんが事情はまるっきり違うことを教えてくれた。

あの山には昔、この地方を治めていた城の出城があり、この地方が近くの有力な大名に呑み込まれる際に、真っ先に焼け落ちたところで、その跡地は今でも草木が生えないと伝わっているという事。

うちの爺さんはその供養で山に時折入っては神酒を撒いたりしているそうだ。

そんな所で花火やら戦の真似事をしていたら、連れて行かれる者が出ても仕方が無い、と静かに言ったのだ。

果たして友だちはまだ見つかっていない。

俺たちはあの時、山に入って探しにいくべきだったのだろうか?

関連記事

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

森(フリー写真)

森の中の人

俺は中学の時、死のうと思っていた。凄い虐めに遭っていて、教師も見て見ぬ振り。両親共に不倫していて俺に興味なし。身体中に痣があり、その日は顔もボコボコで、もう息をするのも辛かった…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

インフルエンザウィルス(フリー素材)

高熱とアリス症候群

去年の年末、俺がインフルエンザで倒れていた時の話。42度という人生最高の体温で、意識もあるのか無いのか分からない状態で俺は寝ていたのだが、尿意に襲われてふらふらと立ち上がった。…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

ドライブイン

奇妙なドライブイン

この話はオカルトや怪談に入るものなのか少し微妙なところなのだが、個人的には非常に怖かった体験です。それと、もう何ヶ月も前の事なので会話はうろ覚えの部分が多く、『当時こんな感じだ…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

襖をひっかく音

僕の親友の小学校時分の話。今から二十年も前のある日。両親が共働きだった彼は、学校から帰ると一人、居間でテレビを見ていた。しばらくすると玄関の引き戸が開く音がするので、母…