ミンキーモモ

img_0

10年程前の話です。当時学生だった私は、友人とドライブに出かけました。昼間にも関わらず「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。

場所は、ご存知の方はマニアと呼ばれる『旧○部倉トンネル』。

当時、横浜・横須賀道路は開通していたものの、完全竣工までは至っておりませんでした。

車ではトンネル跡までたどり着けなかったため、車を降りて徒歩で坂を登って行った記憶があります。

トンネル跡まであと少しという所で、私と友人はほぼ同時に急にある方向を見つめました。何故って? それは得体の知れない臭いが漂ってきたからです。

何かが腐って強烈な臭いを発している様な…。

ここで帰れば良かったのですが、余計な好奇心が後に最悪の事態を招く事を、当時のバカ2人組は全く予測しておりませんでした。

さて、無用心にも臭いのする方へ近づいていったバカ2人組。あまりの臭いに「もう止めるか。こりゃ」と思っていたところ、6~7メートル先に黒い物がある事に気がついた。

「なんだありゃあ? しっかし、くせーなぁ。何かの死骸か?」

辺りは背の低い草むらで、私が事もあろうにズカズカと近づいたところ、

「ブオオオオオオオォォォォォォンンンンン!!」

と、ものすごい音が。

なんと、無数のハエが飛び立ったのであった。今まで生きてきて『蚊柱』は何度も見たことがあるが『ハエ柱』にお目にかかったのはこれが初めてだった。

かなりおっかなびっくりになった2人組にさらに追い討ちが!

「おい…これ…人の形してねぇか」

「なぬ? ンゲェェェェェェェ!!」

皆さん。焼死体なるものを見た事がありますか? 当然、私は初めてでした。

まともに死体と目が合ってしまった。一目散に逃げようとしたその時、友人が「四方八方に何か散らばってるが、ありゃ何だ?」と言いました。

「何、のん気な事言ってんだよ。アホ!」と私。

しかし、足元を見れば、確かに何かを細かく切り刻んだものが散らばっていた。紙のような物もあれば、薄いプラスチックのような物もあった。

比較的大きな破片もあったので、適当に拾い、御遺体から離れて並べてみると、何かの絵…? 女の子みたいな…。

その間、友人は近くの公衆電話へ一目散。当然110番通報。戻ってきて言うなり、

「(警察が)着くまでここにいてくれってさ」

「…マジかよ」

この時は本当に鬱になった。

ふと、白い紙切れが近くにある事に気が付いた。私達から向かって右数メートル先の所に。

「現状維持なんじゃねーのか?」と言う友人の声を無視し、私は紙切れを拾った。

その紙切れにはこう書いてあった。

『ノロウ。ノロウ。コノヨノスベテヲノロウ。ワガウラミ、トワニハツルコトナシ』

私は寒毛立った。これ、遺書じゃねーの?

恐る恐る御遺体の方へ目を向けてみると、何と顔がこっちの方に向いてるじゃあ~りませんか…(泣)。

頭髪は燃え尽き全身黒焦げ。口の一部は腐ったのかハエに食われたのか、一部骨が露出している様にも見えた。

ここまで酷く焼けてるとなると、ガソリン被ったみたいだな…(実は当時、私は科学を専攻していた院生でした)。

元々生物の肉体は、そう簡単には燃えない。総体重の半分は水分なのだから、全身黒焦げとなると、相当量の可燃性物質を浴びてから、自らに火を放ったとしか考え付かなかった。

そうこうしている内に警察が到着。初めて事情徴収を受けましたです。はい。

担当のお巡りさんが「とんだもの見つけちゃったねぇ」と苦笑いしながら私に言った。私は「はぁ…」としか返答のしようがなかった。

お巡りさんが「手に持っている紙切れは何?」と聞いてきたので「近くで拾いました。遺書みたいです」と答え、私は紙切れを渡した。

この時、私は妙に冷静だった事を憶えている。ちなみに友人はガクガクブルブルで、事情を聞ける状態ではなかったそうな。そりゃ普通はそうだ。

「その細かい物は何かな?」と別のお巡りさんに聞かれたので「御遺体の周囲に散らばってます。適当に集めてみたら、何かの絵みたいなんですよねぇ…」

何故か私はこの絵に何か見覚えがあった。実はこの絵が更なる戦慄を私にもたらす事になるとは、その時は夢にも思っていなかった。

友人は車を運転できる状況ではなかったので、私が運転して帰途についた。家に戻り両親に事情を話した所、見事に沈黙された。

食欲など全く湧かなかったので早々に寝ることにしたのだが、その時に私は思い出した。

「あの絵…確か、ミンキーモモっていうアニメーションじゃなかったか?」

正直言って私はアニメには興味がない。ただ、予備校時代の知り合いに変わった奴がいて、そいつがミンキーモモ好きで、当時いろいろなグッズを予備校内で持ち歩いていたので、思い出したのだ。

真性ロリコンで医学部志望。

「ちっちゃい子が大好きだから、小児科医になりたい」などとほざく、私が人の親ならば絶対医者にはさせたくない奴であった。

と言っても、成績は理学部志望の私より悪かったので「まず、医者は無理だろうなぁ…」とは思っていた。

「そういやあいつ、どうしているんだろう…まさかなぁ…」

しばらく経って、同じ大学の予備校以来の友人が、私の所属する研究室にやって来た。

「時間ある?」

「ああ、いいけど…珍しいなぁ。何?」

「○○○が横須賀で、焼身自殺したらしいんだよ。一週間程行方が判らなくなっていて、親御さん、捜索願出してたらしいよ。それもさぁ…自分の周りにミンキーモモグッズ切り刻んで、ばら撒いたらしくてさぁ」

私は自分の血がみるみる引いていくのを覚えた。

「どうしたんだよ? おい!」

「それ…見つけたの。俺だ…」

絶句する友人。

これ以上、会話の必要はなかった…。

四浪の末、受験したすべての大学の入学試験にPASS出来ず…という事だった。覚悟の上の自殺だったのだろう。

奴は私に見つけて欲しかったのだろうか?

とにかく、未だにミンキーモモの絵を時たま目にしてしまうと、当時の『ハエの羽音』と『焼け焦げた顔』がフラッシュバックする事がある。

私の数少ない恐怖体験であり、トラウマでもある。

不思議な手紙と異常な部屋

去年の暮れ、会社に一通の手紙が届いた。編集プロダクションに勤めている俺への、名指しの手紙だった。中を読むと自分のエッセイを読んで添削して欲しい事、そして執筆指導をして欲…

感謝の言葉

数年前に、東京の某グランドホテルで客室係のバイトをした時の話です。ある日の早朝4時くらいに、姿見(全身を映す鏡)を持ってきてくださいとの電話が入りました。こんな時間にな…

養鶏場(フリー素材)

ヒギョウさま

今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。毎年夏休みになると、母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず、毎年家に残っていました。 …

人間の闇

新婚の頃、旦那のお祖母さんの妹の家に挨拶に行った。古い大きな家だった。その時は玄関で挨拶して帰っただけだったが、テレビの音が凄いボリュームだったのが妙に印象に残った。そ…

ツーリング

ツーリング

その昔、10歳くらい年上の従兄に聞いた話。従兄が学生だった頃、バイク仲間数人とツーリングに出かけたらしい。当時はヘルメットの着用が義務付けられていなかったので、まともに…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

田舎の景色(フリー素材)

てっぐ様

これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。おばちゃんは多少霊感がある人らしく、近所では「伝説のおばちゃん」と言われていて、自分でもそう言っている。俺はそのおばちゃんに昔…

ヒサユキという男

この話は私にとって本当に怖ろしい体験で、その為に長い間精神を病んでいました。最近になってようやく落ち着いてきたので、自分の体験をまとめてみました。読み直してみると何だか…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。山奥なので土地だ…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…