笑う女

公開日: 本当にあった怖い話

wm3

旅先で知り合ったアニキに聞かせてもらった話。

このアニキが昔、長野と岐阜の県境辺りを旅していた頃、山間の小さな集落を通りかかった。

陽も暮れ掛けて夕焼け空に照らされた小さい村の約半数近くが廃屋で、残りの半数近くも結構古い建物ばかり。

そして、小さい学校らしき建物にはちゃんと校庭もあった。

季節は夏で、アニキは今日はここで野宿することに決め、校庭と校舎の間にある階段に腰掛けて寛いでいた。

夜になりタバコを吸いながら何気なく周りを見渡すと、月明かりでかろうじて物が見えるほどの暗い中を、校庭の向こう側からこちらに向かって誰かが歩いて来るのが見えた。

それは24〜25歳くらいの女の人で、白っぽい服を着ていた。

最初はアニキも期待はしたけど、その人が近くまで来た時にはむしろ不安がよぎっていた。

その人はずっと笑い続けていたから。

しかもアニキと同じように階段の端っこに腰掛け、ずっと笑い続けている。

下手に動くと余計マズいんじゃないかと、アニキはとても緊張していた。

隙を見て逃げようとすればするほど余計に怖くなる。

だが他に行き場がないし、旅の疲れも溜まっているので、いつしか眠ってしまっていたそうだ。

朝になって目が覚めると、夕べの気のふれた女はいなくなっていた。

でも、着ていたシャツのあちこちに女の人の手で触ったような汚れというか、跡が付いていたそうだ。

近所の人にこの辺りでちょっとおかしい人はいないか聞いてみても、知らないという。

このアニキ曰く、下手な幽霊よりも生きている人間の方が怖いんだそうだ。

関連記事

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。姉貴と両親が出か…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

山の小道

廃道の先に

20年程前に俺が体験した、今だに信じられない話を書こうと思います。と言うのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く実際に体験した出来事を一体どう…