不気味な唄

和室(フリー素材)

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。

入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。

壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。

ある日、誰が一番その壁を叩き続けられるかという肝試しをする事になった。

怖かったが仲間外れにされたくなかったので渋々参加。

俺の番が回ってきて十回ほど叩いた頃だろうか…何か聞こえる。

壁に耳を当ててみると、

ひとつあわてしなぬのち、ふたつあわてしなぬのち

という唄が聞こえてきた。

俺はすっかり怯えて動けなくなってしまった。

そしたら友達のお爺ちゃんが走って来て、

「起こしたのか!起こしたのか!」

と凄い剣幕で怒鳴られ、すぐに神社へ連れて行かれて御祓いされた。

あの唄は一体何だったのだろうか…。

ちなみに友達の家は地元でもかなり古い家だった。

関連記事

養鶏場(フリー素材)

ヒギョウさま

今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。毎年夏休みになると、母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず、毎年家に残っていました。 …

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。朝に堤防まで…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

鎌爺

小学生の頃、田舎に住んでいた時の話。その村には鎌爺という有名な爺さんがいた。その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人…

山道(フリー写真)

かなめさま

長くなるがどうか聞いて欲しい。俺が昔住んでいた場所はド田舎で、町という名前は付いていたものの、山間の村落みたいな所だった。家の裏手の方に山道があり、そこに「かなめさま」…

木更津古書店

これは自分の体験談という訳ではないんですが…。幽霊やなんかの仕業なのかもよく分かりません。私も大分絡んではいるんですが、祖母の様子がちょっと変なんです。原因は判っています。一通…

折詰め

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら店主がいらないと言うんだ。「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…