閉ざされた一家

Art-Nano-Tech-Helix-Dna-The-Chain

警察には未公開な事件が多数あるらしいのですが、そのファイルの一つに、TSと銘打たれた事件がある。

事件はこうだ。今から7年前、千葉県内にて連続殺人事件が発生した。被害者は8名で、全て20歳前後の男性。

遺棄された死体は全裸にされ、男性器…キンタマが千枚通しで二つとも串刺しになっている姿で発見されたとのこと。

しかも、生きている間に貫かれている。これは、男性に深い怨みをもつ女性の犯行とみて捜査を続けたが、一向に犯人が上がってこない。

仕方がないので公開し、注意喚起と共に情報提供を求めようと考えた。

そんな中、現行犯のチャンスに警察は恵まれたが、取り逃がしてしまった。何故か? そこにいた全員が恐怖で動けなかったという。

犯人はプロファイルされた女ではなく…いや、人間ですらなかった。正確に言うなら…雌というべきか…。奇形のよたいだったという証言もある。

目の前で玉を串刺しにされ悶える男を見ながら、彼らは何もできなかった。

しかし、事が終わり、その化け物が去る時には正気に戻り、追跡を始めた。その化け物は、土地で有名な資産家の宅へ入っていった。

まさか…さらに犠牲者が? と思い突入したが、何もなかったかのように主がいるだけだった。

ことの次第を説明し、捜査への協力を求めたが、主は顔色を変え拒否した。

仕方なく署に戻り報告したが、あまりに不可解かつ、主が一連の事件に深く関わっていることは一目瞭然であるため、家付近をしばらく監視することに決定した。

1班は張り込みを、そして2班は身辺調査を…といった形で、2班に分けて捜査は続けられた。

張り込み組に関しては、1ヶ月以上なんの成果もなく時が過ぎたが、調査組に関しては、興味深い事実を発見することができた。

その事実とは…

・その資産家の苗字○○○○(漢字四文字)は、その土地でなくてもかなり珍しい名前

・何故かある代以下は養子で家を継がせており、実子が存在しない

・ある代以下は結婚もせずに、養子縁組だけで成り立っている

・養子にしている子供の素性が不明

等々。

さて、成果の上がらない監視組はと言うと…。

あまりの暇さに、その化け物が入っていったことも見間違いかもしれないと、半ば諦めていた。

そんな中、23時頃に家の中から悲鳴とも雄叫びともとれる音が闇夜に響く。捜査員は急いで自宅のインターホンを鳴らした。

しばらくして、主が戸を開けた。捜査員が先程の音の話しをすると、主は途端に青ざめた。

何かある…と捜査員は主の家へ踏み込む。リビングや寝室等には異常は見られない。やはり勘違いかと失望したが、二度目、やはり叫び声が家から聞こえた。

詳細に部屋内を調べると、家の大きさからすると明らかに大きすぎるデッドスペースがあるように思えた。

回りを捜索すると、予想通り入口を発見したのだった。中に入った捜査員は、中に漂う腐臭とその光景に硬直したらしい。

そこで見た光景は、報告書によると…

・追跡した犯人が寝ていた

・犯人と同じ様相の生き物が2体そこにいた

・すぐ側に大きな箱があり、無造作に赤子と思しき腐った遺体が入れられていた

とかく捜査員は無線で応援を呼び、主を確保。

そして、三体の化け物がいる部屋を閉ざし、応援を待った。

応援が到着後、主を連行し取り調べを行った。調書からのポイントは以下のようなものだった。

・あの三体は自分の家族であり、母親、姉、娘であること

・捨てられていた赤子も自分の子であること

・○○○○家では近親相姦を繰り返し、あのような化け物(奇形)が生まれてくることが多いこと

・先祖から家が集落に呪われており、集落の外に出ることも集落の外から嫁を迎えることもできなかったことが、近親相姦の始まりであったこと

・昔は奇形の赤子を埋めて棄てていたが、今では簡単に捨てられない為に、保管せざるを得なかったこと

・昔は勝手に自分の実子にしても疑われなかったが、今では制度が整いすぎて、養子として実子を育てるしかなかったこと

等々…信じられない話が調書にまとめられた。

さて、彼らはその後どうなったかと言えば…。

主は勾留中に自殺。他の三体の家族たちは秘密裏に処理されたという。

主とのやり取りの中、

「失礼ですが、あのようなモノと性交をもつことに、嫌悪感はないのですか?」

という警察官の問いに、

「ええ…家族ですから…」

と微笑む主の顔が印象的だったと、それを知る当事の警官は語ったという。

ちなみに、なぜにあの奇形が男性のキンタマを刺すのかということについては、判らずじまいだったそうです。

そして、千枚通しが8本もある家も変だし、とにかく奇妙な話でした。

尚、何故に彼らが外に出るかといえば、主が「夜くらいは外の空気を吸わせてあげたい」という気持ちだったとのことです。

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。 今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

山(フリー写真)

禁断の地

これは俺の祖父の父(曽祖父)が体験した話だそうです。 大正時代の話です。大分昔ですね。曾爺ちゃんを仮に「正夫」としておきますね。 ※ 正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれ…

かんひも

僕の母の実家は、長野の山奥にある。信州新町という町から奥に入って行った所なんですけど。僕がまだ小学校3年生くらいの頃だったかな? その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。そ…

大事な妹

小4の時の話。 Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。 家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。 帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。 しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

毟られる髪

中学時代、怪談ゲームを通して怪談話が好きになり、よく自分に構ってくれる母方従兄弟に怪談をせびってました。 従兄弟は新しいもの好きで、ロンゲメッシュと当時では珍しい格好、友達も多く…

日本人女性の目(フリー写真)

最後の一線

ある意味怖く、ある意味笑っちゃうような話なのだが…。 俺が高校一年生の時の話だ。 この頃はもう両親の関係は冷え切っていて、そろそろ離婚かな…という感じの時期だった。 …

廃屋(フリー写真)

人形の右手

私が幼稚園児の頃の話。 幼稚園の隣に木造二階建ての廃屋がありました。 当時の私はその建物(隣接大学の旧校舎らしい)が何なのか判らず、ただ先生の 「あそこで遊んではい…

養鶏場(フリー素材)

ヒギョウさま

今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。 毎年夏休みになると、母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず、毎年家に残っていました。 …