お化け煙突

IMG_1606

数年前の事ですが、私の職場にKさんという人が転勤してきました。

Kさんは、私と同じ社員寮に住むことになったのですが、しばらくして、私と雑談している時に

「寮の窓から見える高い煙突は何だ?」

と訊いてきました。その時のKさんは心なしか青ざめていたようでした。

私には心当たりはなかったのですが、同じ社員寮でも、私とKさんの部屋は離れていましたし、Kさんの部屋の窓から見える風景と私の部屋から見える風景が同じとは限りません。

それに私もその土地では余所者でしたし、詳しい地理を知っていたわけでもありませんので、銭湯か何かの煙突でしょうと適当に話を合わせ、その話はそれきりになっていたのです。

ところが、それから一月ほど経って、Kさんが寮から程近い住宅街で死んでいるのが発見されました。

死体の状態は無惨なものだったそうです。

奇妙なことに、Kさんはかなり高い所から墜落して死んだらしいのですが、Kさんの遺体が発見された付近は住宅ばかりで墜死するほどの高所は見当たりません。

とはいえ、自動車事故でもなく他殺の疑いも全くなく、結局事故死として処理されたようです。

さて、私はKさんの本葬に参列するため、Kさんの郷里を訪れました。

Kさんの郷里というのは、九州のある海辺の町だったのですが、遺族の方の車に乗せてもらって、Kさんの実家に向かう途中、海沿いの道路に差し掛かった時、現れた風景に目を奪われました。

そこには古びた工場があり、巨大な煙突が立っていたのです。

遺族の方によると、それはお化け煙突と言われる煙突で、かなり昔から町のシンボルとしてそこに建っているそうです。

私は何となく、Kさんが寮の窓から見た煙突というのが、この煙突ではないかと思えてなりませんでした。

ところで、私は最近とても不安な日々を送っています。

私の寮の部屋の窓から、高い煙突が見えるようになったのです。

心なしかKさんの郷里で見た、あのお化け煙突に似ているような気がしました。

煙突はかなり遠くに見えますので、以前からあったのに気づかなかった可能性もないとは言えません。

また、最近になってできた建造物なのかもしれませんが、私にはその煙突が最近になって忽然と現れたようにしか思えないのです。

職場の同僚に訊いてみても曖昧な答えしか返ってきません。

私には、あの煙突の近くまで行って確かめてみる勇気はありません。

皆さん、お願いです。今すぐあなたの家の窓から、外を覗いてみてほしいのです。

それまで見たこともなかった煙突が見えるということがあったら教えてほしいのです。

一体そんなことがあり得るのでしょうか?

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。 数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

夜の街灯(フリー写真)

迎えに来た叔母

20年近く前、まだ私が中学生だった頃の事です。 当時、親戚のおばさんでTさんという方がいました。 小さい頃は気さくでよく喋る方だったのですが、旦那さんが病気で亡くなってから…

夜の山道

ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中での出来事。 母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。 お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

廃屋

廃屋での恐怖体験

小4の時の話。 多分みんな経験があると思うけれど、小さい頃って廃屋があると聞いただけで冒険心が疼いて仕方ないと思うんだ。 俺自身もあの日は家からそう遠くない場所に、まだ探検…

山道

ぐにゃぐにゃおばさん

大無間から光へ。これが一発で解る奴は山が好き。 でも、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。 これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。 小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。 もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。 ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。 一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。 その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。 そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …