お化け煙突

IMG_1606

数年前の事ですが、私の職場にKさんという人が転勤してきました。

Kさんは、私と同じ社員寮に住むことになったのですが、しばらくして、私と雑談している時に

「寮の窓から見える高い煙突は何だ?」

と訊いてきました。その時のKさんは心なしか青ざめていたようでした。

私には心当たりはなかったのですが、同じ社員寮でも、私とKさんの部屋は離れていましたし、Kさんの部屋の窓から見える風景と私の部屋から見える風景が同じとは限りません。

それに私もその土地では余所者でしたし、詳しい地理を知っていたわけでもありませんので、銭湯か何かの煙突でしょうと適当に話を合わせ、その話はそれきりになっていたのです。

ところが、それから一月ほど経って、Kさんが寮から程近い住宅街で死んでいるのが発見されました。

死体の状態は無惨なものだったそうです。

奇妙なことに、Kさんはかなり高い所から墜落して死んだらしいのですが、Kさんの遺体が発見された付近は住宅ばかりで墜死するほどの高所は見当たりません。

とはいえ、自動車事故でもなく他殺の疑いも全くなく、結局事故死として処理されたようです。

さて、私はKさんの本葬に参列するため、Kさんの郷里を訪れました。

Kさんの郷里というのは、九州のある海辺の町だったのですが、遺族の方の車に乗せてもらって、Kさんの実家に向かう途中、海沿いの道路に差し掛かった時、現れた風景に目を奪われました。

そこには古びた工場があり、巨大な煙突が立っていたのです。

遺族の方によると、それはお化け煙突と言われる煙突で、かなり昔から町のシンボルとしてそこに建っているそうです。

私は何となく、Kさんが寮の窓から見た煙突というのが、この煙突ではないかと思えてなりませんでした。

ところで、私は最近とても不安な日々を送っています。

私の寮の部屋の窓から、高い煙突が見えるようになったのです。

心なしかKさんの郷里で見た、あのお化け煙突に似ているような気がしました。

煙突はかなり遠くに見えますので、以前からあったのに気づかなかった可能性もないとは言えません。

また、最近になってできた建造物なのかもしれませんが、私にはその煙突が最近になって忽然と現れたようにしか思えないのです。

職場の同僚に訊いてみても曖昧な答えしか返ってきません。

私には、あの煙突の近くまで行って確かめてみる勇気はありません。

皆さん、お願いです。今すぐあなたの家の窓から、外を覗いてみてほしいのです。

それまで見たこともなかった煙突が見えるということがあったら教えてほしいのです。

一体そんなことがあり得るのでしょうか?

関連記事

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。そして、タクシーは山…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

旅館(フリー写真)

旅館での恐怖体験

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

ヒサルキ

保育園で保母さんをやっている友達に聞いた話。その子が通っている保育園はお寺が管理しているところで、すぐ近くにお墓があったりする。お墓に子供が入って、悪戯をしないように周…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。現地警察に通報…

病院(フリー背景素材)

宿直のバイト

数年前、大学生だった俺は、先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。業務は見廻り一回と電話番。後は何をしても自由という、夢のようなバイトだった。診療所は三階建て…

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…