死神さん

月(フリー素材)

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。

ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。

その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に立ち、パンパンと軽く二回手を打ってから目を閉じて、

「死神さん死神さん、とても怖いものを見せてください」

と小さく呟く。

3分間そのまま目を閉じてからそっと目を開け、真ん中の人の顔を見ると、その顔が『その人が死ぬ時にしている表情』になっているというもの。

あまりにも安直な内容、安直な呪文。

そしてどこかで聞いたことのある話(三面鏡で13番目の顔が云々というやつね)にそっくりというチープさに、最初に知った時はお姉さんの方は全く興味が湧かなかった。

でも、妹さんの方が「やろうやろう、誰かで実験しよう」と大乗り気で、週末に自分たちの父親で試してみることになったんだそうだ。

別に父親に恨みがあるとかそういう背景は全く無く、ただ単に『家の中でできるし、その日母親は用事で実家に泊まってたから』という理由だけで選んだらしい。

二人でそっと父親の部屋に入って、気付かれていないことを確認して準備開始。準備と言っても二人で横に立つだけなんだけど。

午前2時になったのを見計らって、教わった通りにやってみた。

「パンパン」

「死神さん死神さん、とても怖いものを見せてください」

すっかり信じている妹さんは、3分経つのが怖いような待ち遠しいような。

付き合っているだけのお姉さんは、冷静に3分間を知らせるバイブが震えるのを待っている。

3分経過したのを確認してから、お姉さんの「いくよ、せーの」で二人で目を開けてみると…。

何も変っていない。

「あれぇ、おかしいなあ」

「まあ、噂なんてこんなもんよ。気が済んだら寝ましょう」ということでお開き。

二人それぞれの部屋でぐっすり寝てしまった。

まあ、小学生と中学生にとって、午前2時なんてかなりの夜更かしだし。

昼近くになってから目が覚めてみると、一階が騒がしい。

朝に帰って来ると言っていた母親が、狼狽しながら何やら電話をかけているようだ。

「大変、大変なんです、主人が、主人が…」

いつも早起きの父親が、まだ寝室から出て来ないことを不審に思った母親が起こしに行ってみると、布団の中で冷たくなっていたのだそうだ。

心筋梗塞だか脳梗塞だか…。死因は何かの発作であったと。

母親と救急隊員みたいな人が玄関先で、

「主人は…、どのくらいの時間に発作を起こしたんでしょうか?」

「まだ詳しくは判りませんが…。あの状態ですと、恐らく深夜0時頃と思われるかと…」

などと話している。

泣き崩れる母親を見ながら、お姉さんの方が無表情なまま

「そりゃ、変わるはずないわよね」

と言ったのが妹さんにはとても怖かったらしい。

ただの偶然だったのか、本当に死神さんが来たのか。

この話が広まってからは、誰も同じことをやろうとする人がいないため、判らず終いなんだってさ。

飛び降り

大学時代の経験を一つ。 神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。 講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。 俺は窓からその光景を見ていたので、驚…

地厄(じんやく)

今から25年前の小学3年生だった頃の話。 C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 凄く明るくて元気一杯な女の子だったんで、こ…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。 私は父が経営する土建屋で事務をしています。 今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。 そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…

教室(フリー写真)

余るプリント

この間久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。 幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師を勤めていた。 Aはいつも英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコ…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。 無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。 入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。 何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

ビル(フリー写真)

曰くのある場所

得意先が移転し、お祝いを兼ねて訪れた。 そこは1階が店舗で2階が事務所。 取り敢えず事務所で話を聞くからと、店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階に上がる。 しかしこ…

ユーカリの木(フリー写真)

当世話

俺の実家のある地区では『当世話(とうぜわ)』と呼ばれるシステムがあり、それに当たった家は一年間、地区の管理を任される。 今年はその当世話がうちで、祭事に使う御社の掃除を夏に一度し…