死神さん

月(フリー素材)

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。

ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。

その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に立ち、パンパンと軽く二回手を打ってから目を閉じて、

「死神さん死神さん、とても怖いものを見せてください」

と小さく呟く。

3分間そのまま目を閉じてからそっと目を開け、真ん中の人の顔を見ると、その顔が『その人が死ぬ時にしている表情』になっているというもの。

あまりにも安直な内容、安直な呪文。

そしてどこかで聞いたことのある話(三面鏡で13番目の顔が云々というやつね)にそっくりというチープさに、最初に知った時はお姉さんの方は全く興味が湧かなかった。

でも、妹さんの方が「やろうやろう、誰かで実験しよう」と大乗り気で、週末に自分たちの父親で試してみることになったんだそうだ。

別に父親に恨みがあるとかそういう背景は全く無く、ただ単に『家の中でできるし、その日母親は用事で実家に泊まってたから』という理由だけで選んだらしい。

二人でそっと父親の部屋に入って、気付かれていないことを確認して準備開始。準備と言っても二人で横に立つだけなんだけど。

午前2時になったのを見計らって、教わった通りにやってみた。

「パンパン」

「死神さん死神さん、とても怖いものを見せてください」

すっかり信じている妹さんは、3分経つのが怖いような待ち遠しいような。

付き合っているだけのお姉さんは、冷静に3分間を知らせるバイブが震えるのを待っている。

3分経過したのを確認してから、お姉さんの「いくよ、せーの」で二人で目を開けてみると…。

何も変っていない。

「あれぇ、おかしいなあ」

「まあ、噂なんてこんなもんよ。気が済んだら寝ましょう」ということでお開き。

二人それぞれの部屋でぐっすり寝てしまった。

まあ、小学生と中学生にとって、午前2時なんてかなりの夜更かしだし。

昼近くになってから目が覚めてみると、一階が騒がしい。

朝に帰って来ると言っていた母親が、狼狽しながら何やら電話をかけているようだ。

「大変、大変なんです、主人が、主人が…」

いつも早起きの父親が、まだ寝室から出て来ないことを不審に思った母親が起こしに行ってみると、布団の中で冷たくなっていたのだそうだ。

心筋梗塞だか脳梗塞だか…。死因は何かの発作であったと。

母親と救急隊員みたいな人が玄関先で、

「主人は…、どのくらいの時間に発作を起こしたんでしょうか?」

「まだ詳しくは判りませんが…。あの状態ですと、恐らく深夜0時頃と思われるかと…」

などと話している。

泣き崩れる母親を見ながら、お姉さんの方が無表情なまま

「そりゃ、変わるはずないわよね」

と言ったのが妹さんにはとても怖かったらしい。

ただの偶然だったのか、本当に死神さんが来たのか。

この話が広まってからは、誰も同じことをやろうとする人がいないため、判らず終いなんだってさ。

関連記事

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。 その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。 私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。 鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。 いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。 俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

GO!GO!ACKMANの都市伝説

「GO!GO!ACKMAN」はバンプレストが販売したゲームである。 この会社は当時経営難であったため、安く生産してくれる海外の業者に生産を依頼したところ、制作費を浮かすため、部品…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。 かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。 店の辺りには風俗店の…

集落(フリー写真)

カガ(蛇)さま

医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任した時の話。 当時6歳だった俺は、祖父と祖母の家に預けられる形で、一緒にその村で暮らすことになった。 喘息持ちの俺の転地療法も兼ね…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。 俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

櫛で髪をとかす女性(フリー写真)

櫛のなくなる部屋

私が以前住んでいた部屋の話。 私は就職を機に、会社近くのアパートに引っ越した。 立地は良いけどかなり古いアパートで、家賃が安かったのが決めた理由だ。 出社一日目、早…