死神さん

月(フリー素材)

子供の頃、友人がそのまた友人から聞いた話。

ある姉妹が、とある実験をしてみようということになった。

その実験というのが、夜中の午前2時に、寝ている人を真ん中にして二人左右に立ち、パンパンと軽く二回手を打ってから目を閉じて、

「死神さん死神さん、とても怖いものを見せてください」

と小さく呟く。

3分間そのまま目を閉じてからそっと目を開け、真ん中の人の顔を見ると、その顔が『その人が死ぬ時にしている表情』になっているというもの。

あまりにも安直な内容、安直な呪文。

そしてどこかで聞いたことのある話(三面鏡で13番目の顔が云々というやつね)にそっくりというチープさに、最初に知った時はお姉さんの方は全く興味が湧かなかった。

でも、妹さんの方が「やろうやろう、誰かで実験しよう」と大乗り気で、週末に自分たちの父親で試してみることになったんだそうだ。

別に父親に恨みがあるとかそういう背景は全く無く、ただ単に『家の中でできるし、その日母親は用事で実家に泊まってたから』という理由だけで選んだらしい。

二人でそっと父親の部屋に入って、気付かれていないことを確認して準備開始。準備と言っても二人で横に立つだけなんだけど。

午前2時になったのを見計らって、教わった通りにやってみた。

「パンパン」

「死神さん死神さん、とても怖いものを見せてください」

すっかり信じている妹さんは、3分経つのが怖いような待ち遠しいような。

付き合っているだけのお姉さんは、冷静に3分間を知らせるバイブが震えるのを待っている。

3分経過したのを確認してから、お姉さんの「いくよ、せーの」で二人で目を開けてみると…。

何も変っていない。

「あれぇ、おかしいなあ」

「まあ、噂なんてこんなもんよ。気が済んだら寝ましょう」ということでお開き。

二人それぞれの部屋でぐっすり寝てしまった。

まあ、小学生と中学生にとって、午前2時なんてかなりの夜更かしだし。

昼近くになってから目が覚めてみると、一階が騒がしい。

朝に帰って来ると言っていた母親が、狼狽しながら何やら電話をかけているようだ。

「大変、大変なんです、主人が、主人が…」

いつも早起きの父親が、まだ寝室から出て来ないことを不審に思った母親が起こしに行ってみると、布団の中で冷たくなっていたのだそうだ。

心筋梗塞だか脳梗塞だか…。死因は何かの発作であったと。

母親と救急隊員みたいな人が玄関先で、

「主人は…、どのくらいの時間に発作を起こしたんでしょうか?」

「まだ詳しくは判りませんが…。あの状態ですと、恐らく深夜0時頃と思われるかと…」

などと話している。

泣き崩れる母親を見ながら、お姉さんの方が無表情なまま

「そりゃ、変わるはずないわよね」

と言ったのが妹さんにはとても怖かったらしい。

ただの偶然だったのか、本当に死神さんが来たのか。

この話が広まってからは、誰も同じことをやろうとする人がいないため、判らず終いなんだってさ。

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

コンセント

最初に気付いたのは散らかった部屋を、僕の彼女が片付けてくれた時だった。僕は物を片付けるのが苦手で、一人暮らしをしている狭いアパートはごみ袋やら、色々な小物で埋め尽くされていて、…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

鬼になった武士

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

水戸黄門が一話完結の理由

日本時代劇の代名詞と言っても過言ではない水戸黄門。水戸黄門と言えば毎回一話完結が当たり前のように思えるが、昔はたまに前編・後編と分かれて放送することもあった。しかし、シ…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…