砂風呂

img_0

昔ね、友達と海に行った時の話なんだけど。

砂風呂をやろうとして、あんまり人目が多い場所だとちょっと恥ずかしいから、あんまり人気のない場所で友達に砂かけて埋めてもらったんだ。

顔には日よけのパラソルがかかるようにしてもらって快適だったし、すぐにウトウトし始めた。

その時、不意に誰かが近づいてくる気配がして

「オキテタラヤル」

と、若くはない女性の声でしゃべったのよ。

友達の声じゃなかったし、妙に抑揚が無いしゃべり方だった。

かなり眠かったから無視したんだけど、結局それきり声は聞こえてこなくて気配もすぐ立ち去った。

それからしばらく砂から出て海で遊んでたんだけど、人も少なくなった帰りの時間に、パラソルをあの場所に置いてきてしまったことを思い出して取りにいったのね。

言い忘れてたけど、あの時砂から出る際に人がまだいるかのように砂を盛り上げて、パラソルも顔に当たる部分が見えないように配置していたわけよ。

友達を驚かそうとしていたんだけど、結局待つのが面倒ですぐに別の場所で合流してしまったんだけどね。

で、パラソルを取りに戻った俺が見たのは、俺のじゃない別のパラソルが砂の盛り上がった部分に何本も突き刺さっていたのね。

俺のパラソルは切り裂かれて、顔があるべきはずだった場所に垂直に突き刺さっていた。

あと何故かカミソリが頭と胴体の間にめり込んでいた。

正直、怖かった。怖い話のテンプレみたいだなとも考える自分もいたけど。

とりあえずゴミはまずいから自分の分のパラソルの残骸は持って帰ろうと思って、思い切り深く刺さってたそれを軽い怒りと共に引き抜いたのね。

そしたらさ、遠くからなんか声が聞こえてきて、視線を向けると結構長い砂浜の向こうからものすごい勢いで走ってくる奴がいるのよ。

で、そいつがなんか叫んでるの。

まだ残っていた人たちが、そいつから後ずさっているのはよく見えた。

もう俺もすぐに走って車に戻って、よくわかんない顔してる友達を車に乗せてさっさと逃げた。

焦ってはいたが、距離はかなりあったから結構余裕ではあったが、笑いながら「オキテル」「オキテル」と走ってくる姿は忘れない。

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

崖

おいぼ岩

時刻は夜十時を幾分か過ぎた、とある冬の日のこと。僕を含めて三人が乗った車は、真夜中の国道を平均時速80キロくらいで、潮の香りを辿りつつ海へと向かっていた。僕が住む街から…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

小屋の二階

俺がまだ大学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。メンバーの殆どが貧乏学生だったので、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。民宿のすぐ隣に古い小屋みたいな建物が建…

ガラス瓶

知り合いに、瓶を怖がる女性がいます。コーラ瓶、一升瓶はもちろん醤油の小瓶も触れない。そんな彼女に聞いた話。ジュース容器といえばペットボトル主流の現在だけど、彼女が子供の…

ヒサルキ

保育園で保母さんをやっている友達に聞いた話。その子が通っている保育園はお寺が管理しているところで、すぐ近くにお墓があったりする。お墓に子供が入って、悪戯をしないように周…

病院(無料背景素材)

カウンセラーの伯父

伯父さんは地元の病院で精神科医…と言うより、『薬などの治療で治せない患者さんの話し相手になり、症状を精神的な面から改善させる』というような仕事をしていた。カウンセラーと…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。そのせいか、電車の急停止が多い。急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。集…