彼氏からのメール

20090607

若い女性があるマンションに一人で住んでいた。

彼女には、交際して2年の彼氏がおり、いつかは結婚もあり得るくらい交際は順調だった。

ある日の晩、彼氏からのメールを受信した。

「今から家に行っていい?」

あまりに急だったが、明日は仕事も休みのため、彼女は「いいよ」と返事をしたのだった。

数分後、また彼氏からのメールを受信した。

「タクシーで行きたいけど、正確な住所が分からないから教えて」

彼女は、詳しい住所を彼氏にメールした。

しばらくして、また彼氏からのメール。

「ちょっと遅くなる。先に寝てていいから鍵開けておいて」

彼女は言われるがままに、玄関の鍵を開けてベッドに横になり、彼を待つことにした。

どのくらい時間が経ったのか…。

人の気配に目を覚ました彼女が見たものは、見知らぬ男が鋭いナイフを自分に振りかざす瞬間だった。

彼氏が携帯をどこかで落としてしまい、その携帯を拾った変質者が、メールのやり取りを見て、彼女の存在を確認した上で彼氏になりすまし、彼女の住所を聞き出して殺しに来たのだった。

廃屋(フリー写真)

人形の右手

私が幼稚園児の頃の話。幼稚園の隣に木造二階建ての廃屋がありました。当時の私はその建物(隣接大学の旧校舎らしい)が何なのか判らず、ただ先生の「あそこで遊んではい…

石段(フリー写真)

朽ち果てた神社の夢

二十年前から現在まで続く話。俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。見渡す限りの山や…

下心

これは7年ぐらい前の話です。高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。一人暮らしを始めて3ヶ月…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…

田舎の家(フリー写真)

アーちゃん

僕の町内には『アーちゃん』という人が住んでいた。アーちゃんは年中、肌色の肌着と肌色のモモヒキを身に付け、パンクしてホイールの歪んだ自転車で町を走り回る、人畜無害の怪人だ。 …

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

エクスカリバー

エクスカリバー

ゲーム好きな人なら「エクスカリバー」という剣の名前を一度は聞いたことがあるんじゃないだろうか。洞窟の奥深く、地面に刺さるその剣は、選ばれた勇者にしか抜くことのできない…みたいな…

ビデオテープ

OLのAさんが仕事を終えて自宅へ帰り着くと、郵便受けに1本のビデオテープが入っていた。中身が気になったAさんは、早速そのビデオテープを再生してみたのだった。夜中に電気を…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…