彼氏からのメール

20090607

若い女性があるマンションに一人で住んでいた。

彼女には、交際して2年の彼氏がおり、いつかは結婚もあり得るくらい交際は順調だった。

ある日の晩、彼氏からのメールを受信した。

「今から家に行っていい?」

あまりに急だったが、明日は仕事も休みのため、彼女は「いいよ」と返事をしたのだった。

数分後、また彼氏からのメールを受信した。

「タクシーで行きたいけど、正確な住所が分からないから教えて」

彼女は、詳しい住所を彼氏にメールした。

しばらくして、また彼氏からのメール。

「ちょっと遅くなる。先に寝てていいから鍵開けておいて」

彼女は言われるがままに、玄関の鍵を開けてベッドに横になり、彼を待つことにした。

どのくらい時間が経ったのか…。

人の気配に目を覚ました彼女が見たものは、見知らぬ男が鋭いナイフを自分に振りかざす瞬間だった。

彼氏が携帯をどこかで落としてしまい、その携帯を拾った変質者が、メールのやり取りを見て、彼女の存在を確認した上で彼氏になりすまし、彼女の住所を聞き出して殺しに来たのだった。

関連記事

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

田舎の家(フリー写真)

般若面の女

過去から現在まで続く、因果か何かの話。長いし読み辛いです。ふと思い出して混乱もしているので、整理のために書かせてください。 ※ 私が小学生一年生の夏、北海道の大パパ…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。そう…ちょう…

電話ボックス(フリー写真)

電話ボックス

もう十年近く前。そうだな、まだ街のあちこちに電話ボックスがあった頃の話だ。ある三連休の前の金曜日。俺は大学の仲間としたたかに飲んだ。深夜1時前、仕上げに屋台のラーメンを…

井戸

蠱毒

心の整理が出来てきたので、書こうと思います。長文になります。 ※ 俺には二人の大切な友達がいました。小学校からの付き合いの友達で、社会人になってからもよく一緒に酒を飲みに行…

ごうち(長編)

ある新興住宅地で起こった出来事です。そこはバブル期初期に計画が出来、既存の鉄道路線に新駅を作り広大な農地を住宅地へと作り変えて、駅の近辺には高層マンションやショッピングモールな…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

アパート

早く早く

かなり昔、私が小学校2、3年の頃の事です。当時家族でアパートに住んでいたのですが、隣に新婚さん夫婦が引越して来ました。彼等は二人とも小学校の教師という事で、とても優しく…

日本人形(フリー画像)

ばあちゃんの人形

母から聞いた本当にあった話。肉親の話だから嘘ではないと思う。母の昔の記憶だから、多少曖昧なところはあるかもしれないけど。 ※ 母がまだ子供の頃、遊んで家に帰って来たら居間の…

廃屋

廃屋での恐怖体験

小4の時の話。多分みんな経験があると思うけれど、小さい頃って廃屋があると聞いただけで冒険心が疼いて仕方ないと思うんだ。俺自身もあの日は家からそう遠くない場所に、まだ探検…