彼氏からのメール

20090607

若い女性があるマンションに一人で住んでいた。

彼女には、交際して2年の彼氏がおり、いつかは結婚もあり得るくらい交際は順調だった。

ある日の晩、彼氏からのメールを受信した。

「今から家に行っていい?」

あまりに急だったが、明日は仕事も休みのため、彼女は「いいよ」と返事をしたのだった。

数分後、また彼氏からのメールを受信した。

「タクシーで行きたいけど、正確な住所が分からないから教えて」

彼女は、詳しい住所を彼氏にメールした。

しばらくして、また彼氏からのメール。

「ちょっと遅くなる。先に寝てていいから鍵開けておいて」

彼女は言われるがままに、玄関の鍵を開けてベッドに横になり、彼を待つことにした。

どのくらい時間が経ったのか…。

人の気配に目を覚ました彼女が見たものは、見知らぬ男が鋭いナイフを自分に振りかざす瞬間だった。

彼氏が携帯をどこかで落としてしまい、その携帯を拾った変質者が、メールのやり取りを見て、彼女の存在を確認した上で彼氏になりすまし、彼女の住所を聞き出して殺しに来たのだった。

関連記事

脳(フリー素材)

脳の限界

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。そう…ちょう…

女性

リゾートバイト(後編)

俺達は死んだように眠り、翌日、離塵さんの声で目を覚ました。「皆さん、起きれますか?」特別寝起きが悪い樹を、いつものように叩き起こし、俺達は離塵さんの前に3人正座した。 …

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

抽象的(フリー素材)

ムシャクル様

前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、何もしなくて大丈夫か」「あれは一体何だったのか」などを寺に尋ねに来る人…

マンション(フリー写真)

縦に並んだ顔

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。最初の…

大事な妹

小4の時の話。Tちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるよく解らない難しい病気で、入退院を繰り返していた。家に遊びに行くとたまにお姉さんもいて、挨拶くらいはしたこと…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

滝(フリー写真)

幻の滝

10年程前に体験した話。ある日、友人に誘われて山奥の渓流に釣りに行った。自分は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランだった。自分は彼の案内に従い、渓…