幻の滝

滝(フリー写真)

10年程前に体験した話。

ある日、友人に誘われて山奥の渓流に釣りに行った。

自分は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランだった。

自分は彼の案内に従い、渓流を逆上って行った。

川の美しさに興奮しながら上流へと進んで行くと、やがて高さ10メートルはある滝に辿り着いた。

この滝もまた非常に美しく、私も友人も釣りを忘れ、暫くその滝を眺めていた。

うっとりと滝を眺めていると…何と滝の上から水と一緒に裸の人間が落下して来た。

人間は落下の途中で岩にぶつかり、鈍い音を立てながら下に落ちた。

岩にぶつかるたびに手足がおかしな方向に跳ね上がっていたので、意識は無かったと思う。

当然かもしれないが、下に落下した後もぴくりとも動かなかった。

既に死んでいたのだろうか…それとも落下によって死んだのだろうか…。

いずれにせよ、異様な光景に私と友人はどう行動すべきか、咄嗟には判断が付かなかった。

しかし、取り敢えず安否を確認しようとその人間に近付こうとした時、友人が

「また来た!」

と叫んだ。

見上げると、また裸の人間が滝から落下して来たのである。

この滝の上はどうなっているのか…。そう思っていると、次から次へと別の裸の人間が落下して来た。

上手い例えが思いつかないが、流しそうめんのように人間が流されて落下して来るのである。

人間は誰も20代か30代くらいに見え、男も女も流れて来た。

壊れた人形のように岩にぶつかりながら落下し、滝の下に折り重なって行ったのだった。

早く警察に連絡した方が良いと判断し、友達と共に川を下り、車に乗り数十分かけて来た道を戻り、電話が通じるようになってから110番した。

「10人以上、人間が死んでる」

人数的にも場所的にも救急車は無理という事で、ヘリが飛んだ。

やがて待っているとパトカーも到着したので、警官に事情を説明した。

しかし、暫くするとヘリから『大量の死体など見当たらない』との連絡が入った。

そんなはずは無いと地上から歩いて川を逆上って行ったが、死体はおろか滝すらも見つからなかった。

その後、私と友人は度々大量の人間の死体の幻を見るようになった。

幻は一緒に居る時に二人で見る事もあったが、各々が一人で見る事もあった。

大量の死体は、農家のビニールハウスの中に満杯になっていたり、海岸に打ち寄せられていたり、到着したエレベーターにぎゅうぎゅう詰めにされていたり、様々な形で現れた。

滝での経験からもう通報などはしないが、忘れた頃に突然現れ、その時は非常に驚かされる。

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

ごうち(長編)

ある新興住宅地で起こった出来事です。そこはバブル期初期に計画が出来、既存の鉄道路線に新駅を作り広大な農地を住宅地へと作り変えて、駅の近辺には高層マンションやショッピングモールな…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

笑い袋

もう20年以上前の話です。当時小学低学年だった私には、よく遊びに行く所がありました。そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。お兄さんは沢山の漫…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

ガソリンスタンド

ある若い男がガソリンスタンドに行った。車の窓拭きをしてくれている店員が、凄い顔で車の中を睨んでくる。クレジットカードで会計をしたら、このカードは不正だから降りろといわれ…

ゲーム屋

大量のゲームソフト

10年前くらい前、ゲーム屋でバイトをしていた。ある日、もうすぐ閉店時間という時に、突然60歳くらいのおばさんが大きなダンボールを抱えて店に入って来て、物凄い形相で「お金いらない…

赤ちゃん(フリー写真)

違和感

私の母方の祖母は、以前産婆をしていました。以前と言ってもかなり昔で、今から50年前くらいになると思います。「どんな子も小さい時は、まるで天使のようにかわいいもんだ」 …

指輪(フリー素材)

指輪

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近判ったことがあったので投稿します。 …

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…