新宿地下道

shinjuku_tikadou

3ヶ月程前の出来事。新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、その道を歩いていた時の事。

通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間の手が見えた。

何と説明したら良いのか…。壁から手首より先が生えているとでも表現したら良いのか、少なくとも置き物のようには見えなかった。

作り物にも見えず、非常に生々しく今にも動き出しそうな手だった。

しかし特に血の跡などがある訳でもなく、ただ壁のかなり下の方に手がだらんと垂れ下がっているだけだったので、俺は『きもちわりーな…誰の悪戯だよ』と思いながらそのままスルーして通り過ぎた。

その日はそれだけで、特に何もなかった。

そんな事も完全に忘れて1週間程経った頃、俺はまたその地下道を通って某書店へ行く事にした。

地下道は場所が少し辺鄙なところにあるため、普段あまり人通りはないのだが、その日は俺の前方に20代中盤くらいの女の人が歩いていた。

地下道の書店側出口は地上へ出るエレベーターになっており、女の人が俺に気付かず乗ってしまうとエレベーターが戻って来るまで待たないといけないので、少し早足に女の人を追うような形で歩き始めた。

その時、ある事に気が付いた。

その女の人には左腕の手首から先が無かった。

俺はその瞬間に先日の事を思い出したが、『まさか、偶然だろ』と思い、そのまま女の人と一緒にエレベーターに乗り込んだ。

俺が1階のボタンを押したのだが、その女の人はボタンを押す気配が無い。

『まあ、俺と同じく1階で降りるんだろう』とそのまま1階に到着するのを待ったのだが、何かおかしい。

普通なら1階までは30秒程度で到着するのだが、エレベーターが動いている気配はあるのにいつまで経っても1階に着かない。

『おかしいなあ』と思いながら何となく天井辺りを眺めていると、俺の斜め後ろにいた女の人が急にボソボソと何かを呟き始めた。

最初はよく聞き取れなかったので、俺は『気もちわりいなあ』くらいにしか思っていなかったのだが、女の人の呟き声が段々と大きくなってきて、はっきりと聞き取れるようになった時、俺は背筋が寒くなった。

女の人はずっと俺の後ろで「どうして左手がないか知りたい?」と繰り返し呟いていた。

俺は必死で気付かない振りをしていたのだが、なぜか未だにエレベーターは1階に到着しない、もう1分以上経っている。

明らかに異常な状況だったため、俺は全身に嫌な汗をかき始め、必死で気付かない振りをしながら『早く1階に着いてくれ!』と心の中で言い続けた。

それから更に1分程この状況が続いたが、一向にエレベーターのドアが開く気配が無い。

俺は嫌な汗をかきながら1階のボタンを何度も押し続けた。

すると、今度は女の人が俺の後ろでクスクスと笑い始めた。

俺は耐え切れなくなり、「何なんだよ!」と言いながら後ろを振り向いた。

かなり強い口調で言ったのだが、女の人は全く動じず、俯いたまままだ笑っている。

その時、やっとエレベーターが1階に到着しドアが開いた。

俺は助かったと思い早足に外へ出ようとすると、女の人が俺の去り際に、今度はこう呟いた。

「私の左手見たよね? これで終わりだと思う?」と。

何か思わせ振りだったが、あれから3ヶ月、俺におかしな事は何も起きていない。

ただ、あれ以来あの地下道は通っていない。

二度と通る事は無いだろう。

そもそもあの女の人が人だったのか、それともそれ以外のモノだったのかすら分からないが…。

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。 すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

山(フリー写真)

炭鉱跡の亡霊

小学5年生の時に体験した話。 当時は学校が終わってから友達4人で、よく近所の炭鉱跡の山で遊んでいた。 山の中腹の側面に大きな穴が開いていて、覗くと深さは5メートル位だった。…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。 名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。 ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

夜空の月(フリー写真)

砂利を踏む足音

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。 田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。 周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興…

蟹風呂

まあ聞いてくれ。 俺は霊感とかそういうのは持ち合わせちゃいない。 だけど恐怖と言う意味では、幽霊なんぞよりもよっぽど恐ろしいモンがある。 昔、小さい印刷会社みたいなと…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

自分の名前で検索

自分の名前(A子)で検索をかけてみた。 すると、10件ほど同姓同名の人たちが検索に引っかかった。 研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。 …

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。 私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。 七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。 当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。 あれは確か冬の雨の日のことだった。 …