夢幻と現実の間で

黒い霧(フリー写真)

私の母方の実家は熊本県にあるのですが、そこには常住している母の姉がいます。

その姉、私たちからはおばさんと呼んでいる彼女が、つい先日、我が家に遊びに来ました。

その時、偶然にも映画『ターミネーター2』が放映されており、我々は皆でその映画を見ていました。

その映画の中には、核爆発後の光景を想像するシーンがあり、遊んでいた子供たちが焼けてしまう描写が含まれていました。

そのシーンを見つながら、

「一瞬で皮が剥け落ちるのか、恐ろしい」

というような会話をしていたところ、おばさんが何気なく驚くべきことを語り始めました。

おばさんの長女がつい先日、双子を出産したのです。

長女はか弱い女性だったため、非常に難産だったそうです。

出産は予定よりも早く、2ヶ月前からすでに入院していました。

そのため母体も危険な状態にあり、最終的には帝王切開で出産することになったとのこと。

現在では母子ともに元気ですが、その時おばさんは初孫ということもあり、心配のあまり夜も眠れなかったそうです。

ある日、病院から帰ってきたおばさんの家に、電話がかかってきました。

相手はおばさんの幼馴染だったのです。

その幼馴染はかつて近所に住んでいたのですが、ある時期を境に引っ越してしまったそうです。

それでも仲が良かったため、長らく連絡を取り合っていました。

しかし、ここ10年ほど、突然連絡が途絶えてしまったのです。

長女のことで心が疲れていたおばさんは、思いがけない懐かしい人からの電話に非常に喜びました。

早速、近況報告をしようとしたその時、おばさんの幼馴染は予想もしないことを口にしました。

「私、今神様やってるの。たくさんの人たちを救っているわ。

何か困ったことがあったらいつでも電話して。助けてあげられるわよ」

かつての彼女と変わらぬ明るい声で、そのようなことを語りました。

非常識なことを普通に言われたため、おばさんはただ「ああ、そう…」と答えるしかありませんでした。

しかしその夜、自分の娘と生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら、おばさんは疲れていたのかもしれません。

あの電話のことを思い出し、

『もしかしたら、これも何かの縁なのかもしれない。明日頼んでみよう』

と思ったのです。

何かに縋ることができたからか、おばさんはその夜、久しぶりに深い眠りに落ちました。

その夜、おばさんの夢の中には娘と幼馴染が登場しました。

娘は何故か妊娠しておらず、3人は仲良く遊んでいました。

幼馴染も笑顔で、お花畑のような場所で、とても幸せな夢でした。

それらのシーンの中で、ある球体がおばさんの方へ飛んできました。

おばさんはその球体を受け止めたのですが、その球体から皮がずるりと剥がれるように、大きな幼虫のようなものが現れました。

その様子に驚いたおばさんは思わず悲鳴を上げました。

しかし、幼虫のようなものは絡み付いて離れず、誰かに投げようとしてもできませんでした。

その時、おばさんの視線はとっさに娘より幼馴染の方に向けられました。

その幼馴染は見ていて、狂ったように笑っていました。

その目は全て黒目で、まるで穴が開いているかのようでした。

幼虫の鳴き声と幼馴染の子供の笑い声が響き合い、重なりました。

その光景に怯えたおばさんは飛び起きました。

全身は汗でびっしょりとしていました。

「その時、私は思ったのよ。あの幼虫は赤ちゃんだって。どうしてか分からない。

人間の姿なんてもちろんしてなかったし、泣き声は獣のようだった。

でも、絶対に赤ちゃんだと思ったの。

それがとても不吉に感じて、それからせっかく連絡してくれた幼馴染に、恐くて連絡できなかったの」

とおばさんは語りました。

その後、何とか無事に赤ちゃんは生まれ、その電話の存在も忘れてしまいました。

そしてある日、何気なくつけたテレビのワイドショーに、幼馴染の名前と、現実とはかけ離れた年老いた女性の顔が映し出されました。

近年になって報道された事件をご存知でしょうか。

怪しげな新興宗教を信じて、亡くなった我が子の皮を剥ぐと生き返るという話に誘われ、その通りにしてしまった若い夫婦。

その神様として信じられていたのが、なんとおばさんの幼馴染だったのです。

あの幼馴染が…。何不自由ない家庭環境にいたはずなのに、おばさんが知らない10年の間に一体何が起こったのか。

おばさんは怖さよりも悲しみが募り、涙が止まらなかったそうです。

「もし、私が彼女に相談していたら…」と、おばさんは後悔の念を抱いたのでした。

関連記事

電話ボックス(フリー写真)

電話ボックス

もう十年近く前。そうだな、まだ街のあちこちに電話ボックスがあった頃の話だ。 ある三連休の前の金曜日。俺は大学の仲間としたたかに飲んだ。 深夜1時前、仕上げに屋台のラーメンを…

水溜り(フリー素材)

かえるのうた

ある年末の事です。会社の先輩からこんな誘いを受けました。 「年末年始は実家に帰るんだけど、良かったらうちで一緒に年越ししない? おもしろい行事があるのよ。一回見せてあげたいなあと…

焼かれた十円玉

一昨年まで東京の三鷹に住んでたけど、アパートの部屋に朝4時頃になると必ず誰か来て、郵便受けにバーナーかなんかで焼いた10円を入れられた。 最初気付いた時は3枚。 たいして気…

田舎の川(フリー写真)

山中の張り紙

今から5、6年前の話。 夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父の家は、宮崎県の山中にありました。 目的は主に川遊びで、モリ突きや釣りなどをして楽しんでいました。 …

赤ちゃん(フリー写真)

違和感

私の母方の祖母は、以前産婆をしていました。 以前と言ってもかなり昔で、今から50年前くらいになると思います。 「どんな子も小さい時は、まるで天使のようにかわいいもんだ」 …

田舎(フリー素材)

障り

試験勉強に行き詰まったから、気分転換に後日書こうと思っていた話をするよ。 登場人物は下記の通り。 俺: 都内大学4年(暇人) A: 同じクラスの男(野球部) B…

裏山

危険な好奇心(中編)

山を降り、俺達は駅前の交番へ急いだ。 『このカメラに納められた写真を見せれば、五寸釘の女は捕まる。俺達は助かる』 その一心だけで走った。 途中でカメラ屋に寄り現像を依…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。 父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。 祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。 そ…

祖父の箱

旅先で聞いた話。 伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。 そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。 ただし、箱を開ける…

根絶やしの歌

本当の話です。というより、現在進行中なんですが…。 私は今まで幽霊どころか不思議なことすら体験したことがない人間なんですが、最近どうもおかしなことが続いているので書き込みします。…