変わってしまった家族

手(フリー素材)

私の家族は、自由奔放な父と明るく誰からも好かれる母。どこにでもいる三人家族でした。

あそこに住むまでは。

今から12年前に引っ越した、三階建ての赤黒いマンション。

その辺りは晴れていても何だか淋しい雰囲気でした。

部屋は3LDKの一階。私の部屋は和室。窓は大きいのにとても暗かったです。

初めて妙なものを見た時の事は覚えていないけど、真っ赤な着物を着た女が毎晩、布団の周りをウロウロしていました。

毎日電気を点けて全身に布団を被って寝ていたんですけど、少し隙間を開けて見ると女も覗いている。

大体そこで記憶は飛び、起きたら汗びっしょり。風邪を引きやすくなったのもその頃からです。

転校してすぐ友達もでき、私の母親がとても明るく優しかったので、いつも家に友達が遊びに来ていました。

でも誰かが来ると急にラジカセが点いたり声が聞こえたり、みんなでちょっとした肝試しみたいな感じになっていました。

色々あり過ぎたので詳細は省きますが、特に気になったのは、みんな家に来ると必ず寝るんです。

誰かから聞いたのですが、そういう空間に居ると眠くなるらしいです。詳しくは知らないんですけど。

家族に異変があったのは、私が中学に入ってすぐの頃でした。

部活が終わって家に帰ると、部屋が真っ暗なんです。

いつもは母が晩ご飯の用意をしていて「おかえりー」と言ってくれていたのに、その日は誰も居ない。晩ご飯も出来ていない。

取り敢えず電気を点けようとしたけど、点かない。

それで電球を買いに行ったのかなと思い、自分の部屋に入ると母親が居るんですよ。

ベットがあるのに、床にうつ伏せなっていて動かない。

「お母さん?」

と声を掛けると普通に起きている。

「なあに?」

目は何か虚ろでいつもと全然違う。

「何…、何してるんよ?」

「…」

「ってかご飯は?」

と聞いた時でした。

「うるさいいいいいいぃぃぃぃ!!!」

母は急に立ち上がって私の髪の毛を掴み、ビビって倒れた私のお腹を何度も蹴りまくった。

何が起こったのか解らなかった。

首を絞められ、

「お前が悪いんや」

などと叫んでいたけど、その時の私は放心状態だったと思う。

それからは地獄でした。

母は毎日、仏壇や窓に向かって

「入って来んな。殺すぞ」

と一人で喋っていました。

特にきついのが、夜一人で外に出て、線香を道路にずっと並べて行くんです。

泣いて止めても、「姫は私が守ります」とか「お前で最後。だから大丈夫」などと意味不明なことを言います。

今まで元気だった母が急に別人のようになり、悲しいと同時に恥ずかしかった。

高校に入ってすぐに引っ越し、母は精神病院へ。父は刑務所へ。

後から聞いたのですが、あの辺りには霊道が通っていて、マンションの裏には小さな祠があるらしいです。

あと、うちの父の家系が呪われているという話も聞きました。

私で最後ということらしいのですが、もしかしたら母が守ってくれたのかもしれないです。

この投稿への返信 -1-

家が悪いというか…。

もしかしてお父さん、浮気してなかった?

勘違いだったら悪いけど、生霊くさいんですが。

父のことはあまり書いていないのに、マジびびりました!

確かに父の不倫相手はやばそうな感じでした。

怖いです(涙)。

いや、ただ何となくお母さんのセリフとか見てるとそれっぽかったんで(どんな風にと言われると説明し難いのですが)。

書き込む時、もし間違えていたらかなり恥ずかしいと思いながら書き込んでいたので、そこまでびっくりしないでくださいね(汗)。

いや、ホントぞっとしましたよ~。

その頃は母も父の浮気を知らなかったんですけど、今も生き霊でいるのかな…。

この投稿への返信 -2-

あの…。

お父様はなぜ刑務所に?

差し支えなければ…。

詳しくは話せないんですが、事件のあった日もその女性が関係していたらしいです(涙)。

早死一族

うちの爺さんの親父だか爺さんだか、つまり俺の曾祖父さんだか、ちょっとはっきりしないんだけど、その辺りの人が体験したという話。 自分が子供の頃、爺さんから聞いた話。もう爺さんも死ん…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。 7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。 集…

チャイムが鳴る

ある蒸し暑い夏の夕暮れ時、俺は自宅の2階で昼寝をしていた。 「ピンポ~ン、ピンポ~ン」 誰か来たようだ。俺以外家には誰もいないし、面倒くさいので無視して寝ていた。 「…

危険な好奇心(前編)

小学生の頃、親友二人(慎、淳也)と学校の裏山に秘密基地を作っていた。それなりに本格的なもので、板を打ち付けて雨風を防げる三畳ほどの広さの小屋だった。 放課後にそこでオヤツを食べた…

エラーの原因

俺は当時リサイクル工場で働いていた。 仕事の内容は、ゴミを回収してきて、それを可燃・不燃・ビン・アルミ・スチール・ペットボトル・発砲スチロールと分別し、それぞれを出荷するというも…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。 顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

病院で会ったお婆さん

この話は実話です。私自身も体験したことなのですが、当時は何も気付きませんでした。 ※ それは私がまだ幼い頃です。記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、私は小学生の低学年…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。 私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。 七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

崖

おいぼ岩

時刻は夜十時を幾分か過ぎた、とある冬の日のこと。 僕を含めて三人が乗った車は、真夜中の国道を平均時速80キロくらいで、潮の香りを辿りつつ海へと向かっていた。 僕が住む街から…

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。 その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…