変わってしまった家族

手(フリー素材)

私の家族は、自由奔放な父と明るく誰からも好かれる母。どこにでもいる三人家族でした。

あそこに住むまでは。

今から12年前に引っ越した、三階建ての赤黒いマンション。

その辺りは晴れていても何だか淋しい雰囲気でした。

部屋は3LDKの一階。私の部屋は和室。窓は大きいのにとても暗かったです。

初めて妙なものを見た時の事は覚えていないけど、真っ赤な着物を着た女が毎晩、布団の周りをウロウロしていました。

毎日電気を点けて全身に布団を被って寝ていたんですけど、少し隙間を開けて見ると女も覗いている。

大体そこで記憶は飛び、起きたら汗びっしょり。風邪を引きやすくなったのもその頃からです。

転校してすぐ友達もでき、私の母親がとても明るく優しかったので、いつも家に友達が遊びに来ていました。

でも誰かが来ると急にラジカセが点いたり声が聞こえたり、みんなでちょっとした肝試しみたいな感じになっていました。

色々あり過ぎたので詳細は省きますが、特に気になったのは、みんな家に来ると必ず寝るんです。

誰かから聞いたのですが、そういう空間に居ると眠くなるらしいです。詳しくは知らないんですけど。

家族に異変があったのは、私が中学に入ってすぐの頃でした。

部活が終わって家に帰ると、部屋が真っ暗なんです。

いつもは母が晩ご飯の用意をしていて「おかえりー」と言ってくれていたのに、その日は誰も居ない。晩ご飯も出来ていない。

取り敢えず電気を点けようとしたけど、点かない。

それで電球を買いに行ったのかなと思い、自分の部屋に入ると母親が居るんですよ。

ベットがあるのに、床にうつ伏せなっていて動かない。

「お母さん?」

と声を掛けると普通に起きている。

「なあに?」

目は何か虚ろでいつもと全然違う。

「何…、何してるんよ?」

「…」

「ってかご飯は?」

と聞いた時でした。

「うるさいいいいいいぃぃぃぃ!!!」

母は急に立ち上がって私の髪の毛を掴み、ビビって倒れた私のお腹を何度も蹴りまくった。

何が起こったのか解らなかった。

首を絞められ、

「お前が悪いんや」

などと叫んでいたけど、その時の私は放心状態だったと思う。

それからは地獄でした。

母は毎日、仏壇や窓に向かって

「入って来んな。殺すぞ」

と一人で喋っていました。

特にきついのが、夜一人で外に出て、線香を道路にずっと並べて行くんです。

泣いて止めても、「姫は私が守ります」とか「お前で最後。だから大丈夫」などと意味不明なことを言います。

今まで元気だった母が急に別人のようになり、悲しいと同時に恥ずかしかった。

高校に入ってすぐに引っ越し、母は精神病院へ。父は刑務所へ。

後から聞いたのですが、あの辺りには霊道が通っていて、マンションの裏には小さな祠があるらしいです。

あと、うちの父の家系が呪われているという話も聞きました。

私で最後ということらしいのですが、もしかしたら母が守ってくれたのかもしれないです。

この投稿への返信 -1-

家が悪いというか…。

もしかしてお父さん、浮気してなかった?

勘違いだったら悪いけど、生霊くさいんですが。

父のことはあまり書いていないのに、マジびびりました!

確かに父の不倫相手はやばそうな感じでした。

怖いです(涙)。

いや、ただ何となくお母さんのセリフとか見てるとそれっぽかったんで(どんな風にと言われると説明し難いのですが)。

書き込む時、もし間違えていたらかなり恥ずかしいと思いながら書き込んでいたので、そこまでびっくりしないでくださいね(汗)。

いや、ホントぞっとしましたよ~。

その頃は母も父の浮気を知らなかったんですけど、今も生き霊でいるのかな…。

この投稿への返信 -2-

あの…。

お父様はなぜ刑務所に?

差し支えなければ…。

詳しくは話せないんですが、事件のあった日もその女性が関係していたらしいです(涙)。

関連記事

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。 その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。 言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

マイナスドライバー

そんなに怖くないのですが聞いてください。 私がまだ4~6歳の頃の話です。 当時、私の家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。 まだ小さかったので、母と女湯に…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。 利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。 二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。 これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…

蔵(フリー写真)

犬神様の蔵

学生の時、友人と民宿に泊まった。 そこは古い民家のような所で、母屋の隣に大きな蔵があった。 民宿のおばあちゃんが言うには、その蔵には神様が祀ってあるから入るなとのこと。 …

森の小屋(フリー写真)

牛の森

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。 森から牛の鳴き声が聞こえるのでそう呼ばれている。 聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。 俺自…

田舎の景色(フリー素材)

てっぐ様

これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。 おばちゃんは多少霊感がある人らしく、近所では「伝説のおばちゃん」と言われていて、自分でもそう言っている。 俺はそのおばちゃんに昔…

民家

きょうこさん

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話です。「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら、彼女は深刻な表情で教えてくれました。 …