治験のバイト

b0af76f501812f34b55ab0f8846ed7a1

20年以上前の話。

当時フリーターだった俺は治験のバイトをすることになった。

確か1ヶ月弱で40万以上だったと思う。参加者は10人。

検査は都内で行われたんだけど治験は他県で行われる。

新幹線で2時間、駅についてから車で1時間半。

かなり閑散としている土地で、やけに高い塀に囲まれた敷地に入ると無機質な建物が並んでいた。

車を降りてしばらくここで待つように言われて待っていると

「んぐぐあ゛あ゛あ”あああああああ」

という叫び声が聞こえた。

声の方を見ると超でかいヤツがこっちに向かて走ってくる。

確実に2メートル以上あったと思う。顔がなんかぼこぼこで、フランケンシュタインみたいな感じ。

俺達全員びっくりして一歩も動けないでいると、一人が体当たりされてビックリするぐらい吹っ飛んだ。

これはやばいと思って全員そいつから逃げまわってると、警備の人が3人やってきてそいつを取り押さえようとしたんだけど無理。

応援の警備員と先生が10人近くでやっと取り押さえて連れて行かれた。

正直言ってかなり不安になった。

この施設なんなんだ?俺たち何されるんだろ、大丈夫か?

宿泊場所は2階建ての建物の2階で、ベットがずらっと並んでる。

部屋と畳敷きでテレビや本が置いてある部屋の二部屋だけ。

ここで1ヶ月過ごさなければならない。

何の薬だったかは忘れたが毎日2時間点滴を打ち、3回採血をする。

1週間ほど経ったある夜にサイレンが鳴った。

窓から外を見ると一人の男が警備員に取り押さえられている。

何があったんだろうと思って窓を開けると、

「イヤだー。もう嫌だ。頼むから帰らせてくれ」

取り押さえられた男はこんなことを言っている。

宿直の看護婦さんがやってきて、気にしないで早く寝てくださいという。

俺達の体にも異変が起きていた。異様に体がむくむ。

自分だけだったらともかく全員むくんでいた。

ここに来て仲良くなったAさんとBさんは、普通は何か異常が出たらすぐに治験を中止するはずなのに、ここは明らかにおかしいと言っていた。

2人とも日本で1年間金を稼いで海外を放浪するのが趣味で何回も治験を体験済みである。

2週間経つ頃には全員顔がパンパンに膨れ上がっていた。もう限界だ。

俺達は治験の中止を訴えたが、先生達は聞き入れてくれなかった。

「この薬は安全だ。血液の数値に異常は見られない。大丈夫だ」

との一点張り。

だが明らかに俺も含めみんなの顔は大丈夫じゃなかった。

AさんとBさんは

「お金はいりませんからもう帰らせてください」

と言ったが、それでも帰らせてくれないという。

「契約書にちゃんと書いてありますよ。最後まで治験を受けると。皆さん判を押されてるじゃないですか。最後まで受けてください」

俺とAさんとBさんは荷物をまとめて帰ろうとしたが、階段のところに鍵付きのドアがあり、1階に降りることができない。監禁状態に陥った。

その夜、みんなと相談したが驚くことに6人はここに残り治験を続けるという。

金が入らないと困るらしい。

俺とAさんBさんともう一人Cさんは窓から脱出することにした。

シーツを4つ結んでベットにくくりつけ。窓から降りた。

無事全員降りて出口に向かうと、どうしてばれたのかわからないがサイレンが鳴った。

出口に向かう余裕はない。

2メートル以上ある塀よじ登りそこから外に出た。

夜の12時過ぎ。周りには何も無く街灯すら無い。

歩いて駅を目指し、駅についたのは朝の7時過ぎ、新幹線代はなく鈍行で東京へ行き家についたのは夜だった。

疲れ果てて寝ていると電話が鳴り、出るとあの施設からだった。

「何を考えているんです。一日でも点滴をしない場合、もう一度はじめからやり直しですよ。とにかく今すぐこちらへ戻ってください。こちらへお戻りいただけない場合、法的手段に出ますよ?」

ふざけんな。こっちこそお前らのこと訴えるからな。と言って電話を切った。

翌日から高熱が10日ほど続き寝込んだ。

全身のむくみは徐々に取れていったが、結局治るのに1ヶ月近くかかったと思う。

施設からはあれ以来一度も連絡はないが、残った人達は大丈夫だったんだろうか。

海(フリー素材)

アシュラさん

今年の3月の終わり頃だったかな。 俺はいつものように更新を楽しみにしている洒落怖まとめサイトを見ていた。 その時、オカルト好きな俺の叔父さんが家に遊びに来ていて、一緒になっ…

数字

余命推定システム

死ぬ程怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。 ただ、俺はこの話を最恐に怖い話だと思っている。 さっきテレビで関係する話が出ていて思い出した。 ※ 数年前の事…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

新築分譲

つたない文章になりますが、お話させて貰ってもよろしいでしょうか? 自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。 少し状況を整理したいので前置き…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。 夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。 それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。 その家に行ってみると、俺と同じく…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。 切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。 外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

ホテル(フリー素材)

記憶の中の友人

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。 ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。 昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の…

坊主斬り

飢饉の年の事である。 草木は枯れ果て、飢えのために死ぬものが相次いだ。 食人が横行し、死人の肉の貸し借りさえ行われる有様だった。 ある日、寺の住職が庄屋の家の法事に招…

拾った青い石(長編)

6年前の冬、12月27日か28日だったか、その日の昼は仕事場の年末大掃除を終えて、粗大ゴミやら古雑誌なんかをゴミ置き場に出しに行った。 その時、ふと目の端っこに何かが見えた。 …

女性

リゾートバイト(後編)

俺達は死んだように眠り、翌日、離塵さんの声で目を覚ました。 「皆さん、起きれますか?」 特別寝起きが悪い樹を、いつものように叩き起こし、俺達は離塵さんの前に3人正座した。 …