治験のバイト

b0af76f501812f34b55ab0f8846ed7a1

20年以上前の話。

当時フリーターだった俺は治験のバイトをすることになった。

確か1ヶ月弱で40万以上だったと思う。参加者は10人。

検査は都内で行われたんだけど治験は他県で行われる。

新幹線で2時間、駅についてから車で1時間半。

かなり閑散としている土地で、やけに高い塀に囲まれた敷地に入ると無機質な建物が並んでいた。

車を降りてしばらくここで待つように言われて待っていると

「んぐぐあ゛あ゛あ”あああああああ」

という叫び声が聞こえた。

声の方を見ると超でかいヤツがこっちに向かて走ってくる。

確実に2メートル以上あったと思う。顔がなんかぼこぼこで、フランケンシュタインみたいな感じ。

俺達全員びっくりして一歩も動けないでいると、一人が体当たりされてビックリするぐらい吹っ飛んだ。

これはやばいと思って全員そいつから逃げまわってると、警備の人が3人やってきてそいつを取り押さえようとしたんだけど無理。

応援の警備員と先生が10人近くでやっと取り押さえて連れて行かれた。

正直言ってかなり不安になった。

この施設なんなんだ?俺たち何されるんだろ、大丈夫か?

宿泊場所は2階建ての建物の2階で、ベットがずらっと並んでる。

部屋と畳敷きでテレビや本が置いてある部屋の二部屋だけ。

ここで1ヶ月過ごさなければならない。

何の薬だったかは忘れたが毎日2時間点滴を打ち、3回採血をする。

1週間ほど経ったある夜にサイレンが鳴った。

窓から外を見ると一人の男が警備員に取り押さえられている。

何があったんだろうと思って窓を開けると、

「イヤだー。もう嫌だ。頼むから帰らせてくれ」

取り押さえられた男はこんなことを言っている。

宿直の看護婦さんがやってきて、気にしないで早く寝てくださいという。

俺達の体にも異変が起きていた。異様に体がむくむ。

自分だけだったらともかく全員むくんでいた。

ここに来て仲良くなったAさんとBさんは、普通は何か異常が出たらすぐに治験を中止するはずなのに、ここは明らかにおかしいと言っていた。

2人とも日本で1年間金を稼いで海外を放浪するのが趣味で何回も治験を体験済みである。

2週間経つ頃には全員顔がパンパンに膨れ上がっていた。もう限界だ。

俺達は治験の中止を訴えたが、先生達は聞き入れてくれなかった。

「この薬は安全だ。血液の数値に異常は見られない。大丈夫だ」

との一点張り。

だが明らかに俺も含めみんなの顔は大丈夫じゃなかった。

AさんとBさんは

「お金はいりませんからもう帰らせてください」

と言ったが、それでも帰らせてくれないという。

「契約書にちゃんと書いてありますよ。最後まで治験を受けると。皆さん判を押されてるじゃないですか。最後まで受けてください」

俺とAさんとBさんは荷物をまとめて帰ろうとしたが、階段のところに鍵付きのドアがあり、1階に降りることができない。監禁状態に陥った。

その夜、みんなと相談したが驚くことに6人はここに残り治験を続けるという。

金が入らないと困るらしい。

俺とAさんBさんともう一人Cさんは窓から脱出することにした。

シーツを4つ結んでベットにくくりつけ。窓から降りた。

無事全員降りて出口に向かうと、どうしてばれたのかわからないがサイレンが鳴った。

出口に向かう余裕はない。

2メートル以上ある塀よじ登りそこから外に出た。

夜の12時過ぎ。周りには何も無く街灯すら無い。

歩いて駅を目指し、駅についたのは朝の7時過ぎ、新幹線代はなく鈍行で東京へ行き家についたのは夜だった。

疲れ果てて寝ていると電話が鳴り、出るとあの施設からだった。

「何を考えているんです。一日でも点滴をしない場合、もう一度はじめからやり直しですよ。とにかく今すぐこちらへ戻ってください。こちらへお戻りいただけない場合、法的手段に出ますよ?」

ふざけんな。こっちこそお前らのこと訴えるからな。と言って電話を切った。

翌日から高熱が10日ほど続き寝込んだ。

全身のむくみは徐々に取れていったが、結局治るのに1ヶ月近くかかったと思う。

施設からはあれ以来一度も連絡はないが、残った人達は大丈夫だったんだろうか。

関連記事

数字

余命推定システム

死ぬ程怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。ただ、俺はこの話を最恐に怖い話だと思っている。さっきテレビで関係する話が出ていて思い出した。 ※ 数年前の事…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。何とい…

後女

中1の頃の夏でした。私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが、夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出…

事件事故

父親が道警勤務で、事件事故は親父の出動の方がニュース速報よりも早い。だから事件事故は「親父の仕事」のイメージが強かったりする。でも、豊浜トンネルの崩落のときはちょっと違った。 …

山(フリー写真)

山に魅入られる

小学校5年生の頃、私が祖母の家に遊びに行った時の話。当時は夏休みになると祖母の家に何週間も泊まりに行くのが定例となっていて、地元の子供達とも夏休み限定の友人として結構打ち解けて…

顔文字

オンラインゲームの恐怖体験

一年前の話。友人に誘われて某MMO(オンラインゲーム)を始めた。それまでネトゲはおろかチャットも未経験だった私は、たまたま大規模ギルドに拾ってもらい、そこの古参プレイヤー数人に…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。現地警察に通報…

南京錠(フリー写真)

集団の闇

身元が特定されるかもしれないから詳しくは書けないけど、某長寿番組に『開かずの扉を開ける』という企画で出たことがある。当時住んでいたのは割と年代物の寮で、俺達の代で廃寮になること…

骨折り

私が中学二年生の時に祖父が死に、その葬儀に行く事になった。当時、北海道に住んでいた私にとって 本州に住んでいる父方の祖父とは会う機会も少なかった。また祖父の性格も寡黙で…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…