勘違い

駅のホーム

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。

その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混み合う電車待ちのホームは、いつにも増して人で溢れ返っていた。

その内自分が乗る電車がホームに入って来て、人混みに押されるように電車内に押し込まれて行った。

その時、下り線で通過電車が通過する際に何か悲鳴が上がったような気がしたが、上り電車はそのまま走り出した。

『くっそー、今日はやけに混んでやがる。でも前が女性だからラッキー』

電車の揺れに抗うことなく、右へ左へ揺れながらこんな事を考えていると、ふと前の女性がこちらをチラチラ振り返っている。

『?なに?』

不思議に思っていると、その女性は困ったような、怒ったような顔をしながら、相変わらずこちらを振り返りっている。

その内小声で「止めて下さい」と言い出すではないか!

『え、え、え!? なに!? 俺、まさか痴漢に間違われている!?』

焦って両手を引き出したいのだが、完全に体勢は固まってしまっており、上手く手が引き出せない。

その内女性の異変に気付き始め、周りの視線も女性と私に集まり始める。

『まずいまずいまずいまずい!!!!冤罪だ冤罪だ冤罪だ冤罪だ!!!!』

その時、女性が意を決したように私の方を睨み付けこう叫んだ!!

「この人痴漢ですっ!」

女性が叫びながら手を上に上げた時、ちょうど電車が揺れ、私の両手も自由になり、彼女の叫びとほぼ同時に私は両手を上に上げた。

集中する電車内の好奇な視線。

女性の睨み付ける視線の先は相変わらず私であったが、その彼女の視線が不意に揺れた。

彼女の視線は、私が上に上げた両手に行き、そしてその後に自分が揚げている右手に注がれた。

彼女は自分の体に這い回った痴漢の手を私の手だと思い、掴んで持ち上げたのだが、それは私の手ではない。

彼女が掴んだ手。

その手の主を確認しようと視線を移す。

しかし、その腕の持ち主は…。

「きゃーっ!!!」

電車内に響き渡る悲鳴の中、電車は次の駅に到着し、車内の人が押し出されるようにホームに吐き出される。いつもの光景。

だが、一つだけいつもと違っていたのは、ホームに呆然と立ち竦む女性がいる事。

その女性が先程まで私を痴漢だと勘違いしていた事。

そして、その女性の右手は、しっかりと一人の男性の腕を握り締めており、その腕の肘から先はそこには存在していなかった。

その日の夕刊記事より

【○○線で人身事故 ダイヤ大幅に乱れ】

○月○日午前○時○分、○○線下り線○○駅にて、通過電車に男性が巻き込まれる人身事故が発生し、男性が即死した。

(中略)

その時間帯、車両トラブルによるダイヤの乱れが発生しており、ホーム上は人で溢れ返っていたため、事件、事故、自殺等あらゆる側面からの捜査を余儀なくされている模様。

尚、人身事故発生のほぼ同時刻に、上りホームを出発した車内から、同人身事故の被害者の右手肘から先の部分が発見されている。

なぜそのような状況が発生したのかは今のところ不明であり…。

関連記事

着物(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。AがB宅を訪問した時のことをもう一つ話してくれたので投稿します。 ※ 以下はこれまで…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

神社(フリー素材)

雁姫様の鏡

昔、修学旅行中に先生から聞いた話。先生が小学4年生まで住んでいた町はど田舎で、子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。そのお宮には元々祭られている神様と…

アケミちゃん(長編)

大学に入学し友達も何人かできたある日の事、仲良くなった友人Aから、同じく仲良くなったBとCも遊びにきているので、今からうちに来ないかと電話があった。時間はもう夜の9時過ぎくらい…

廃工場(フリー素材)

溶接

大学一回生の冬。俺は自分の部屋で英語の課題を片付けていた。その頃はまだそれなりに授業も出ていたし、単位も何とか取ろうと頑張っていた。ショボショボする目で辞書の細い字を指…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。更にそれを思い出しながら書くので、…