勘違い

駅のホーム

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。

その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混み合う電車待ちのホームは、いつにも増して人で溢れ返っていた。

その内自分が乗る電車がホームに入って来て、人混みに押されるように電車内に押し込まれて行った。

その時、下り線で通過電車が通過する際に何か悲鳴が上がったような気がしたが、上り電車はそのまま走り出した。

『くっそー、今日はやけに混んでやがる。でも前が女性だからラッキー』

電車の揺れに抗うことなく、右へ左へ揺れながらこんな事を考えていると、ふと前の女性がこちらをチラチラ振り返っている。

『?なに?』

不思議に思っていると、その女性は困ったような、怒ったような顔をしながら、相変わらずこちらを振り返りっている。

その内小声で「止めて下さい」と言い出すではないか!

『え、え、え!? なに!? 俺、まさか痴漢に間違われている!?』

焦って両手を引き出したいのだが、完全に体勢は固まってしまっており、上手く手が引き出せない。

その内女性の異変に気付き始め、周りの視線も女性と私に集まり始める。

『まずいまずいまずいまずい!!!!冤罪だ冤罪だ冤罪だ冤罪だ!!!!』

その時、女性が意を決したように私の方を睨み付けこう叫んだ!!

「この人痴漢ですっ!」

女性が叫びながら手を上に上げた時、ちょうど電車が揺れ、私の両手も自由になり、彼女の叫びとほぼ同時に私は両手を上に上げた。

集中する電車内の好奇な視線。

女性の睨み付ける視線の先は相変わらず私であったが、その彼女の視線が不意に揺れた。

彼女の視線は、私が上に上げた両手に行き、そしてその後に自分が揚げている右手に注がれた。

彼女は自分の体に這い回った痴漢の手を私の手だと思い、掴んで持ち上げたのだが、それは私の手ではない。

彼女が掴んだ手。

その手の主を確認しようと視線を移す。

しかし、その腕の持ち主は…。

「きゃーっ!!!」

電車内に響き渡る悲鳴の中、電車は次の駅に到着し、車内の人が押し出されるようにホームに吐き出される。いつもの光景。

だが、一つだけいつもと違っていたのは、ホームに呆然と立ち竦む女性がいる事。

その女性が先程まで私を痴漢だと勘違いしていた事。

そして、その女性の右手は、しっかりと一人の男性の腕を握り締めており、その腕の肘から先はそこには存在していなかった。

その日の夕刊記事より

【○○線で人身事故 ダイヤ大幅に乱れ】

○月○日午前○時○分、○○線下り線○○駅にて、通過電車に男性が巻き込まれる人身事故が発生し、男性が即死した。

(中略)

その時間帯、車両トラブルによるダイヤの乱れが発生しており、ホーム上は人で溢れ返っていたため、事件、事故、自殺等あらゆる側面からの捜査を余儀なくされている模様。

尚、人身事故発生のほぼ同時刻に、上りホームを出発した車内から、同人身事故の被害者の右手肘から先の部分が発見されている。

なぜそのような状況が発生したのかは今のところ不明であり…。

関連記事

津海岸集団水難事件

事件のあらまし 1955年7月28日に三重県津市の津市立K中学校の女子生徒36人が、同市中河原海岸で水泳訓練中に溺死した水難事件。 女子生徒100名前後の者が一斉に身体の自…

きさらぎ駅

98 :名無し:01/08 23:14 気のせいかも知れませんがよろしいですか? 99 :名無し:01/08 23:16 取りあえずどうぞ 100 :名無し:01/08…

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。 あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

山(フリー写真)

山の掟

親父から聞いた話。 今から30年程前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。 山の中に作った炭窯でクヌギやスギの炭を焼く。 焼きに掛かると足かけ4日にもなる作業の間、釜の側…

ゲーム屋

大量のゲームソフト

10年前くらい前、ゲーム屋でバイトをしていた。 ある日、もうすぐ閉店時間という時に、突然60歳くらいのおばさんが大きなダンボールを抱えて店に入って来て、物凄い形相で「お金いらない…

わたしはここにいるよ

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボ…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。 帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。 しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。 その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。 俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

山小屋(フリー画像)

けんけん婆あ

子供の頃は近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでいた。 この山の通常ルートとは別の、獣道や藪を突っ切った先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば…