黒い物体

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。

機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。

3時間くらい経ち映画を観終わる頃には、周りは寝静まっていた。

手持ち無沙汰になった俺は、外でも眺めようと思い窓のブラインドを上げた(俺の座席は登場口より少し後位の窓側の席だった)。

そしたら変なものが見えた。

棒というか箱のような黒い物体が、機外の、前の席ら辺に生えて(?)いた。

外はほんのり明るくなり始めていて、黒い物体の輪郭がはっきり判った。

恐怖心より驚きの方が大きく、まじまじと見た。

高さは2メートルくらい、幅は60センチくらい。

30秒くらい見ていたと思うんだが、もしかしたら見たらまずい物かもしれないと思った。

そしたらいきなりそいつに手みたいなものが生え、ガクンと背が低くなった。四つん這いになったような感じ。

ちょうど戦隊物にあるロボットのような感じで、カクカクした動きだった。

そして、カクカクしながらこちらに移動してきた。

ここで初めて俺は怖いと思った。

相手がこちらを認識していると思ったらパニックになった。

思わず手元の新聞でバシンと窓を叩いてからブラインドを速攻で下ろし、隣の席の寝ているおっさんの上をぴょんと飛び越えた。

火事場の馬鹿力なのか、寝ている人間のいる座席を立ち飛びで飛び越えていた。

そのまま通路を走り、機体の最後尾のトイレに駆け込んだ。

飛行機の中では逃げ場がないというのがひたすら怖かった。とにかく気が動転していた。

30分くらいトイレに篭っていたらノックされた。

FA(添乗員)が「具合が悪いのか?」と外から声をかけてきた。

俺はさすがに「飛行機の外に変なものがいる」とは言えず、「大丈夫、ちょっと気分が悪いだけ」と言って個室を出た。

そして、恐る恐るFAの後について席まで戻った。

もちろん黒い物体は機内には居なかった。

でも、もう外を覗くのが怖くてブラインドは下ろしたままにした。

成田に着く頃には、何かの見間違いだったんだろうと思うようになっていた。

でも飛行機から出る通路で、気になって自分の席の辺りを見たら、何か黄色っぽい油みたいなものが擦り付けられていた。

やはり何か居たのだと思い、血の気が引いた。

乗客の見送りに出てたFAの中に、あの時トイレに来てくれた人がいたので、「あれは何?」と訊いたみたけど、「判らない」と言われた。

「良い旅を。ミスター・ニンジャ」

と、そのFAは小さくぴょんと跳ねる仕草をしてくれた。

おっさんを飛び越えたのを見ていたらしい(だからトイレまで来てくれたんだろうけど)。

俺はなんとか作り笑いで「ニンジャは内緒にしといてくれ」と言い飛行機を降りた。

結局あの物体が何だったのか判らない。

どこか途中のよその国に落ちていてくれと祈っている。

関連記事

狐の社(宮大工2)

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。 オオカミ様のお堂の修繕から三年ほど経ち、俺もようやく一人前の宮大工として仕事を任されるようになっていた。 ある日、隣の市の…

神秘的な山(フリー写真)

サカブ

秋田のマタギたちの間に伝わる話に『サカブ』というのがある。 サカブとは要するに『叫ぶ』の方言であるが、マタギたちが言う『サカブ』とは、山の神の呼び声を指すという。 山の神…

空

深い霧の中の着陸

長い海外出張からの帰国。心待ちにしていた日本の大地を見るため、私は飛行機の窓際の席を選びました。 雲の上の空は碧く澄んでいましたが、その下は厚い霧に覆われていました。 飛…

枕(フリー写真)

ひとりおしゃべり

「ひとりおしゃべり」というものをご存知でしょうか。 降霊術の一つだそうで、椅子を二つ用意して片方に座り、もう一つの空いた椅子に向かっておしゃべりを続けると霊が出るというものです…

年賀状をくれる人

高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。 ありきたりな感じの干支の印刷に、差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめで…

ドライブイン

奇妙なドライブイン

この話はオカルトや怪談に入るものなのか少し微妙なところなのだが、個人的には非常に怖かった体験です。 それと、もう何ヶ月も前の事なので会話はうろ覚えの部分が多く、『当時こんな感じだ…

笑い声

僕がまだ子供だったころ、寝るときになるといつもある ”笑い声“ が聞こえていたんだ。 5、6歳のときには、廊下に響き渡る笑い声で、夜中に目を覚ますことも度々あったよ。 母に…

透視

超能力者の苦悩

友人はあるネトゲのギルドに属していたんだが、なかなか人気があり、そこそこの地位を得ていたらしい。 そんな友人はネトゲ内での友人達も多かったのだが、ひと際異彩を放つプレイヤーがいた…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。 これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…

東京ビックサイト

時空の遭難者

12月の中旬頃、私が『時空のおっさん』に関連すると思われる体験をした話をします。これは創作ではなく、確かに体験した実話です。 私はコスプレイヤーで、その日は友達と4人で地元のコ…