浜辺で踊るモノ

浜辺(フリー写真)

小学四年生の頃に体験した話。

当時親戚が水泳教室を開いていて、そこの夏季合宿のようなものに参加させてもらった。

海辺の民宿に泊まり、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。

小学生が十数人と、後は引率の先生が男女合わせて四人ほど居た。

俺は同年代の従姉妹がいたおかげですぐに他の生徒とも打ち解け、一週間もの間、毎日楽しく過ごした。

その最終日前日のことだったと思う。

運悪く台風が近付いて来ているということで、海でも泳げず俺たちは部屋でくさっていた。

みんなは部屋で喋ったりお菓子を食べたりテレビを見たりしていたが、俺は目の前の海を民宿の二階の窓からぼんやりと眺めていた。

強風で物凄い高さの波がバッコンバッコンやって来るグレーの海。

「何だあれ?」

思わず声が出たのかもしれない。

気が付くと後ろにKちゃんもやって来て、一緒に窓の外を見ていた。

二つ上の六年生で、虫採りが上手な奴だったと記憶している。

「え、あれ…」

Kちゃんも浜辺のそれに気が付いたらしく、目が大きく見開いている。

荒れ狂う海のすぐ傍を、白いモノが歩いて来る。

歩いて来ると言うより、移動して来る。

男か女かも分からない。

俺は近眼なのでよく見えない。

服などを着ているようには見えないのだけど、全身が真っ白だ。

真っ白のウェットスーツ? そんなものあるのか?

動きはまるでドジョウ掬いをしているような感じで、両手を頭の上で高速で動かしている。

俺の真後ろで突然やかんが沸騰した。

「ピーーーーーーーーーー!」

いや、違う。Kちゃんの叫び声だった。

引率の先生が飛んで来た。

Kちゃんは何度もやかんが沸騰したような音を出し、畳をザリザリと裸足の足で擦りながら、窓から離れようとしていた。

その後、引率の先生と他の先生とがKちゃんを病院に連れて行った。

その日はみんな怖かったので、布団をくっつけ合って寝た。

Kちゃんは戻って来なかった。

数年後に親戚の集まりで従姉妹と会ったので、その夏のことを聞いてみた。

従姉妹は何故か露骨に嫌な顔をした。

Kちゃんはストレス性の何とかで(脳がどうとか言っていた)、その後すぐに水泳教室を辞めたらしい。

水泳教室もあれ以降、夏季合宿を中止したそうだ。

Kちゃんは何を見たと言っていた? 俺が聞きたいのはこれだけなのだ。

が、どうしても聞き出せなかった。

俺はその夏季合宿の後、すぐ眼鏡を掛けるようになった。

今でも、その夏季合宿の時にもし眼鏡を掛けていたら…と思う。

Kちゃんは一緒に森を探索した時に、木に擬態しているような虫も真っ先に見つけるほど目が良かった。

Kちゃんはきっと、その浜辺で踊っていたモノを、はっきりと見てしまったに違いないのだ。

関連記事

数字

余命推定システム

死ぬ程怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。ただ、俺はこの話を最恐に怖い話だと思っている。さっきテレビで関係する話が出ていて思い出した。 ※ 数年前の事…

リゾート(昼)

リゾートバイト(前編)

これは夏休みも間近に迫った大学3年生の頃の話。大学の友人の樹と覚、そして修(俺)の3人で、海に旅行しようと計画を立てたんだ。計画段階で、樹が「どうせなら海でバイトしない…

落ちるおじさん

先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ。たまに立ち…

病院への道

数年前に務めていた病院が東北の田舎の山間にあったんだけど、ほんの少し一緒に働いてたおじさんに聞いた話。「大分昔の事だよー」と前置きしてから話してくれた。世間でいうお盆休…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

・・・からの電話

A、B、Cの三人が、卒業旅行で海辺にあるAの別荘に遊びに行った。別荘から帰る前日、夜遅く三人で話をしていると、突然1本の電話が。Aが言うには、昼間、浜で地元の女の子と知り合い、…

南京錠(フリー写真)

集団の闇

身元が特定されるかもしれないから詳しくは書けないけど、某長寿番組に『開かずの扉を開ける』という企画で出たことがある。当時住んでいたのは割と年代物の寮で、俺達の代で廃寮になること…

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

蔵(フリー写真)

犬神様の蔵

学生の時、友人と民宿に泊まった。そこは古い民家のような所で、母屋の隣に大きな蔵があった。民宿のおばあちゃんが言うには、その蔵には神様が祀ってあるから入るなとのこと。 …

割れたスイカ

あれは10年くらい前の暑い夏の日でした。俺は仕事で車を運転していて、それまで順調に流れていたのに急に渋滞し始めた。『くそー、なんだよ…』渋滞しているけど、ゆっく…