浜辺で踊るモノ

浜辺(フリー写真)

小学四年生の頃に体験した話。

当時親戚が水泳教室を開いていて、そこの夏季合宿のようなものに参加させてもらった。

海辺の民宿に泊まり、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。

小学生が十数人と、後は引率の先生が男女合わせて四人ほど居た。

俺は同年代の従姉妹がいたおかげですぐに他の生徒とも打ち解け、一週間もの間、毎日楽しく過ごした。

その最終日前日のことだったと思う。

運悪く台風が近付いて来ているということで、海でも泳げず俺たちは部屋でくさっていた。

みんなは部屋で喋ったりお菓子を食べたりテレビを見たりしていたが、俺は目の前の海を民宿の二階の窓からぼんやりと眺めていた。

強風で物凄い高さの波がバッコンバッコンやって来るグレーの海。

「何だあれ?」

思わず声が出たのかもしれない。

気が付くと後ろにKちゃんもやって来て、一緒に窓の外を見ていた。

二つ上の六年生で、虫採りが上手な奴だったと記憶している。

「え、あれ…」

Kちゃんも浜辺のそれに気が付いたらしく、目が大きく見開いている。

荒れ狂う海のすぐ傍を、白いモノが歩いて来る。

歩いて来ると言うより、移動して来る。

男か女かも分からない。

俺は近眼なのでよく見えない。

服などを着ているようには見えないのだけど、全身が真っ白だ。

真っ白のウェットスーツ? そんなものあるのか?

動きはまるでドジョウ掬いをしているような感じで、両手を頭の上で高速で動かしている。

俺の真後ろで突然やかんが沸騰した。

「ピーーーーーーーーーー!」

いや、違う。Kちゃんの叫び声だった。

引率の先生が飛んで来た。

Kちゃんは何度もやかんが沸騰したような音を出し、畳をザリザリと裸足の足で擦りながら、窓から離れようとしていた。

その後、引率の先生と他の先生とがKちゃんを病院に連れて行った。

その日はみんな怖かったので、布団をくっつけ合って寝た。

Kちゃんは戻って来なかった。

数年後に親戚の集まりで従姉妹と会ったので、その夏のことを聞いてみた。

従姉妹は何故か露骨に嫌な顔をした。

Kちゃんはストレス性の何とかで(脳がどうとか言っていた)、その後すぐに水泳教室を辞めたらしい。

水泳教室もあれ以降、夏季合宿を中止したそうだ。

Kちゃんは何を見たと言っていた? 俺が聞きたいのはこれだけなのだ。

が、どうしても聞き出せなかった。

俺はその夏季合宿の後、すぐ眼鏡を掛けるようになった。

今でも、その夏季合宿の時にもし眼鏡を掛けていたら…と思う。

Kちゃんは一緒に森を探索した時に、木に擬態しているような虫も真っ先に見つけるほど目が良かった。

Kちゃんはきっと、その浜辺で踊っていたモノを、はっきりと見てしまったに違いないのだ。

ハンバーグ

私が中学生の時の事です。母がスーパーで手作りハンバーグを買ってきました。真空パックに入った調理済みのものではなく、そこのスーパーの肉屋さんでひき肉をこねて成形し、後は焼…

田舎のフリーイラスト素材

ほっとけさん

これは私が小さい頃、実際に起こった出来事です。私の親は私が物心がつく前に離別し、私は母方に引き取られました。しかし私の母の実家は結構な田舎で、女性が仕事を探すのは困難で…

千寿江(長編)

もう色々済んだから、書かせてくれ。かなり長い。父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母に当たるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因は不明。待望の娘が死んでしまい、…

リゾート(昼)

リゾートバイト(前編)

これは夏休みも間近に迫った大学3年生の頃の話。大学の友人の樹と覚、そして修(俺)の3人で、海に旅行しようと計画を立てたんだ。計画段階で、樹が「どうせなら海でバイトしない…

無人マンション

会社までの通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。こ…

抽象的模様(フリー素材)

融合体

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。……8月に物凄いことがあったので、以下にまとめました。フェイク込みなので辻褄が怪しいとこ…

○○ガマ

9年前のある日、釣りに出かけていた兄が顔を蒼白にして帰宅した。がたがた震えている兄に話を聞くと、「怖い思いをした。○○ガマへは行くな。あかんぞあそこは、コワイモンがおる…

わたしはここにいるよ

俺が小学生の頃の話。俺が住んでいた町に廃墟があった。2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボ…

別荘

人の塊

2年前の話を。この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…