集団の闇

南京錠(フリー写真)

身元が特定されるかもしれないから詳しくは書けないけど、某長寿番組に『開かずの扉を開ける』という企画で出たことがある。

当時住んでいたのは割と年代物の寮で、俺達の代で廃寮になることが決まっていた。

寮生の私物を入れる大きなロッカーがある部屋があり、ロッカーの後ろに押入れがあることに、ある日一人が気付いたんだ。

ロッカーを動かしてみようか、という話になったのだけど、何しろ大きくて重いし、折角だから有名な某番組に投稿しようぜ、という流れになった。

それが採用され、5月にタレントがやって来た。

最後の寮生である俺と、あと二人が立ち会って、ロッカーを退け、押入れを開けると…。

そこには大量の朝○日報。

そして木製バット。

○鮮日報は殆どが綺麗に折り畳まれていたけど、血の染みのようなドス黒いものが大量に付着していて、ぐちゃぐちゃにされたものも結構大量にあった。

それらを取り出して更に捜索すると、押入れの壁は落書きだらけ。

大半は日本語だったけど、ハングルやよく解らない文字もあった。

お札も貼ってあった。

結局、テレビではボロっちい寮で暮らす生活を面白おかしく取り上げて、開かずの扉のところは、取り敢えず無難そうな顕微鏡と謎の皿を映しただけで終わった。

取り出した物は全部、カメラマンさんやタレントさんが戻し、ロッカーも元通りにしてくれた。

そういう作業はADさんの仕事だと思っていたから、タレントさん自らやることに少しびっくりした。

元々とても古い寮で、トイレの傍には学生闘争時代のポスター(『1979年×月×日、○○が死んだ!彼の遺志を継げ!』というような物騒な内容)が今だに貼ってある。

それでも、やはり血の染みが付いた朝○日報と、凶器っぽいバットには血の気が引いた…。

その番組が放送された後、その寮の出身者と思われる占い師を自称する女性が訪ねて来て、現役寮生が席を外した間に、過去~現在までの寮生名簿を持ち去るという事件もあった。

一応返却はされたのだけど、コピーされているかもしれないよね…。

俺達が在寮している時には、もう思想的な縛りなど何も無かった。

でも同じ大学や近所の大学では、今だに学生闘争を引き摺って、何やら活動してる寮もあったようだ(一応、西暦2000年だったのに)。

実家が貧乏で仕送りが期待出来ない、でも一人暮らししたい、という軽い気持ちで寮に入ったけど、集団というものには闇が潜みやすいのだろうなと思う。

関連記事

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。お経も終わり墓参りも終わ…

折詰め

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら店主がいらないと言うんだ。「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、…

紫の抽象的模様(フリー画像)

塊紫水晶奥

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

下心

これは7年ぐらい前の話です。高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。一人暮らしを始めて3ヶ月…

プール

臨時の用務員

小学校の時、用務員さんが急病で一度だけ代理の人が来た。あまり長くは居なかったけど、まあ普通のおじさん。ただ妙だったのは、すべての女子に「ヨリコちゃん」と話しかける。 …

山の小道

廃道の先に

20年程前に俺が体験した、今だに信じられない話を書こうと思います。と言うのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く実際に体験した出来事を一体どう…

顔だけにモザイク

小学校くらいに友達から聞いた話なんだけど、ちょっと思い出したので書いてみる。ある男を仮にAとさせていただきます。Aがレンタルビデオ屋でビデオを借りてきて、家に帰って早速…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…