ジェニー人形

学校の校門(フリー背景素材)

昔、父親に愛人が居た。

数年後、母にバレて別れる事になったのだが…。

それが原因でその愛人さんは精神的に不安定になり、私や私の姉達の通学路に立って、おかしな言動をするようになった。

姉達は彼女を最初から徹底して無視していたのだが、私は何だか可哀想だったので、当り障りのない受け答えをしていた。

すると「○○ちゃんだけはいい子なのね」と、私にジェニー人形をくれるようになった。

オモチャも服も全てお下がりだった末っ子の私には、古いリカちゃんではない真新しいジェニーがとても嬉しく、内緒で受け取って親に隠していた。

でも愛人さんはこちらの都合も考えずに、尋常ではない数(一度にジェニーハウス・ヘアサロン・ジェニー7体等)を通学路で押し付けてくるようになり、流石に怖くなって彼女を避けるようになった。

彼女の姿を見かけなくなったので、通学路を元に戻したある日の朝。

以前の焦ったような雰囲気ではなく、至って冷静で表情の薄い彼女に遭遇。

つばの大きな帽子を被り、ボストンバッグ2つとオモチャの箱を抱えていた。

「遠くに行かなくちゃならなくなったので、お別れに受け取って」

と、当時は見た事がなかった、黒髪のロングヘアーのジェニーをくれた。

早速学校へ行き、その珍しい黒髪のジェニーを皆に自慢して有頂天になっていたら、男子の一人が奪って箱からむしり出し、首を引っこ抜いてしまった。

そして女子数人がジェニーを男子から取り返してくれた。

そのジェニーの顎下からは、黒い人の髪がぼうぼうにはみ出ていた。

気の強い女子の一人が毛束をつまんだら、最初に固く丸めた毛の塊がポコンと出てきた。

次にゾロゾロととても長い毛が出てきて、頭皮から毛束が連動してゾロゾロゾロゾロと抜けた。

血の混ざった毛根が付いた、切り髪ではなく抜いた毛だった。

囲んでそれを見つめていた一同は、恐ろしくて滅茶苦茶に叫んだ。

気持ち悪くて怖くて、私も皆も悪戯した男子も泣き出してしまい、次の授業が潰れる程の大騒ぎになった。

その日の学級会で、

『○○さんが通学路で “知らない女の人” から貰った人形に、人の毛が詰まっていて怖かった件』

について話し合い、

『知らない人から物を貰わない。変質者には気を付ける』

ということで話がついた。

先生にも母にも父にも『その変質者=父の元愛人』とは言えなかった。

今だにジェニー人形、特に黒い髪のジェニーはまともに見ることも出来ない。

関連記事

公衆トイレ(フリー写真)

順番待ち

この間、東京に用事があって行ったんだよ。片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、朝9時頃に新宿駅に着いた。その途中にトイレ休憩もあったんだけど、眠くてずっと寝てい…

湖(フリー写真)

真っ赤な顔面

中学生の頃、俺は運動部系の体格に似合わず、吹奏楽部に所属していた。約40名の部員のうち、男子は自分を含めてたった3、4人しか居らず、俺はクラリネットを担当していた。夏…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。は…

ストーカー

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴…

日本人女性の目(フリー写真)

最後の一線

ある意味怖く、ある意味笑っちゃうような話なのだが…。俺が高校一年生の時の話だ。この頃はもう両親の関係は冷え切っていて、そろそろ離婚かな…という感じの時期だった。…

台風の夜

私が友人と4人でキャンプに出かけた時のことです。ちょうど台風が日本に近づいている時でしたが、日本上陸はしないと天気予報は報じていたので、キャンプを強行したのでした。しか…

エレベーターのボタン(フリー写真)

走って来る人影

その日は仕事帰りに買い物のため、自宅近くのショッピングモールに寄りました。時刻は20時過ぎだったと思います。そのショッピングモールは、デパートと言うには小さ過ぎる地方の…

浜辺(フリー写真)

浜辺で踊るモノ

小学四年生の頃に体験した話。当時親戚が水泳教室を開いていて、そこの夏季合宿のようなものに参加させてもらった。海辺の民宿に泊まり、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。…

別荘

人の塊

2年前の話を。この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …