砂利を踏む足音

夜空の月(フリー写真)

学生の頃、実家を離れて大学の寮に住んでいた。

田舎の学校で、その敷地から歩いて20分程度の場所にある寮だった。

周りは住宅地で、古くからあるお宅と、ベッドタウン化による新興宅地が混ざった感じ。

寮は4階建てで屋上に物干があり、夜間は屋上への出入りは禁止だった。

でもみんな時々屋上へ出ては、煙草を吸ったり小声でお喋りをしていた。

確か私が大学2年生の終わり頃、何となく眠れない日が続いていた。

よく夜中に屋上へ出て1時間くらいボーっとしていたので、その日も防寒対策して行ってみた。

フェンスの側のベンチで夜空を見上げたり、夜の住宅街を上から眺めたりしていたら、寮の門の前にある左右に伸びる比較的広めの道路に、何か動くものを見つけた。

自分から見て左手側、門から100メートル以上離れた辺りに人影があった。

周りとの比較から、子供と思えるくらいの背格好だ。

脇道からその道路へひょいっと出たり入ったり、ちょこちょこと走り出したと思ったら、また向きを変えて脇道へ入ったり。

『何だろう? こんな夜中に…』と思いながら(確か午前1時は過ぎていた)、なぜか目が離せなくなり、じっと観察してしまった。

なかなか近付いて来ないのでイライラした気持ちでいたんだけど、田舎道のまばらな街灯の光で、徐々にそいつの姿が判別できるようになって来た。

びっくりした。

道端の自販機と較べた感じでは、背丈は確かに10歳くらいの子供サイズ。

でも体はガリガリに痩せていて、頭が異常に大きく見える。

頭を支えるのが大変なのか、歩く度に首が不自然にゆらゆら動いている。

大きな顔の中で目も異常に大きく感じられ、しかも極端な黒目なのが更に無気味だった。

体がガリガリだったと書いたけど、そいつがどんな服装だったのかはどうしても思い出せない。

自分の中では裸だったという記憶もあるけど、だからと言ってそれに確信は持てない。

表情はニヤニヤ笑いだった。子供がそのまま老人になったような薄い感じの顔。

夜中に4階の屋上から見ていた自分が、それらをはっきり目にしたという自信は今となっては持てないけど、フラフラ歩いて近付いて来る無気味さは消えようがない。

門から50メートル程の距離になった時、そいつがいきなりこちらへ視線を向けた。

私は黒いダウンコートを着ていて、声も出さずにしゃがみ込んで4階の屋上に居たのに、そいつは迷わず私の方に視線を向けて来た。

お互いに相手を見ていることが私にもはっきり分かって、鳥肌が立つのと同時に、手の平に汗を掻いた。

そいつは立ち止まってこちらをじっと見ながら、ニヤニヤ笑いを続けていた。

私が固まったようになっていると、突然そいつはこちらへ向かって走り出した。

あのヒョコヒョコとした不安定な動きで。

訳の解らない恐怖感に私はパニックになりそうで、声を必死で抑えたままで屋上から中へ飛び込んだ。

寮の建物自体はオートロックで施錠されている。自室のドアも鍵が掛かる。

3階にある自分の部屋に駆け込んで鍵を掛け、異常なくらいの心臓のバクバク音を感じていた。

何をどうしたら良いか分からない。何あれ!何あれ!何でこっち来るの?

部屋の電気を点けたらあいつに気付かれてしまうという恐怖で、暗闇の中で震えていた。

友達の部屋に行こうか? でも廊下であいつに会ってしまったら?

寮の中に居る訳が無い!きっとただの酔っ払いか何かだ!

頭がグルグル回るような感じがして、気が付いたら涙まで出ていた。

すぐに窓の外から砂利を踏む音が聞こえた。寮の周りを歩いている!

「ジャッザザッザ…ジャッザザッザ…」

という引き摺るような足音だ。

私はもう堪らずに、寮長さんの携帯に電話した。

眠そうな寮長さんの声が聞こえた途端、変なプライドや気取りが蘇った私(笑)は、できるだけダルそうな声を作り

「誰かが寮の周り歩いてるみたいで迷惑なんスよね~」

と言ってみた。

「解りました。念のために見回って来ますから」

と言ってくれて一安心。

暫くして、明らかにさっきとは違う普通の足音がして、去って行った。

今度は寮長さんから電話をくれて、

「不審なものは無かったですよ。施錠も大丈夫でした」

という言葉で自分を安心させ、何とか眠ることができた。

次の日は1限からの授業だったので、普通に起きて寮の玄関を出た。

玄関の左側へ10メートルくらい進んだ辺りが、私の部屋の窓の真下になる。

『昨日は怖かったなあ』と思いながらその辺りに目を向けると、何かいつもと違う印象を受けた。

恐る恐るそちらへ近付くと、昨日感じた鳥肌と汗が一気に蘇ってきた。

私の部屋の窓の真下、その地面に、子供がよくやるように、片足で砂利の地面を擦って線が引かれていた。

図形はきれいな二重丸だった。

直径1メートルも無いくらいの二重丸が、まるで手で整えられたようにきれいに描かれていた。

頭が真っ白になった私は、侵入者の証拠を残しておくという考えも無く、夢中で自分の足で砂利を蹴って二重丸を消した。

あれから砂利を踏む足音が聞こえると、このことを思い出してしまう。

夜道(フリー写真)

連れて帰ったもの

私が小学3年生の夏休みに体験した話。私が住んでいた所は凄い田舎で、地域の子供会の恒例行事で七夕会があった。七夕はもう過ぎているけど、要するに皆で集まって、クイズなどの出…

治験のバイト

20年以上前の話。当時フリーターだった俺は治験のバイトをすることになった。確か1ヶ月弱で40万以上だったと思う。参加者は10人。検査は都内で行われたんだけど治験…

脱落者の烙印

上京してきた友人に聞いた話です。友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです。その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受…

猿夢

私は、夢をみていました。昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭い…

リゾート(昼)

リゾートバイト(前編)

これは夏休みも間近に迫った大学3年生の頃の話。大学の友人の樹と覚、そして修(俺)の3人で、海に旅行しようと計画を立てたんだ。計画段階で、樹が「どうせなら海でバイトしない…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。そう…ちょう…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

てるてる坊主(フリー素材)

いもうと

俺の家には昔、いもうとが居た。いもうとと言っても人間ではなく、赤ん坊くらいの大きさの照る照る坊主みたいな奴だった。下の方のスカートみたいな部分を丸く結んだ感じ。まあつま…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…