泉の広場の赤い服の女

ada_wong__red_dress__by_ladyannett-d63d5w3

3年近く前、泉の広場のところで、変な女がうろついていた。

通勤の帰りによく見かけた。

30前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。

髪は背中近くまであって、伸ばしっぱなしに見えた。

目立つ服の色となんか独特の雰囲気があって目がいってしまう。

でも怖い(狂人っぽい)感じがして、何気なく観察はしても目は合わせんようにしてた。

女はいつも広場の中をうろうろしてた。

地下出口出たとこの何本か外れた飲み屋筋に、立ちんぼのねーちゃんの多い場所があって、そこのねーちゃんかな?と思ってた。

ある日の仕事帰り、広場内の薬局の店頭でコスメの安売りを見ていた。

私は買い物に結構時間をかける方で、その時も多分1時間近く店にいたと思う。

その夜も女は広場をうろついていて、いつものことなので特に気に留めていなかった。

でも、店から出た時、視線感じて顔上げると、広場の真ん中の噴水を隔てて、女がこっちを見ていた。

なんだか変な感じがした。

私は目が悪くて、眼鏡かけてても少し離れた場所だと相手の顔とかよく見えないのに、女は妙にくっきり見えたんよ。3Dみたく。

目があった途端、気持ち悪くなった。

何か本能的に怖くて、びしぃ!と鳥肌が立って。

『うわ、ヤバい』『でも何が?』

自分でも思考回路謎のまま、それでも反射的に店内に戻ろうとしたけど、金縛りかかったみたいに身体が動かん。

助けを求めようとして声すら出ないことに気が付いた。

いつもふらふら歩いてるはずの女が、すっと素早く近寄ってくる。

明らかに普通じゃない様子で、髪振り乱してドレスの裾を揺らしてこっちに来るのに、誰も気付いてくれない。

物凄い顔で笑ってて、その表情の怖さにふーっと気が遠くなった。

だって、目のあるとこ、全部黒目にかわってるんやで。

怖い、もうあかんって思ったときに、いきなり誰かが後ろからぎゅっと腕を掴んできた。

ここで身体の自由が戻り、驚いて顔を上げると男の人がいて、話しかけようとしたら「静かにして」って小声で注意された。

呆然として顔を見上げていると、男の人はますます手をぎゅーっと握ってきて、怖い顔で前を見てる。

吊られて視線戻したら、女がすぐそばに立ってて、男の人を呪い殺しそうな目つきで睨んでた。

すごい陰惨な顔してて、怖くて横で震えてたけど、女はもう私のことは眼中にない感じで、

「…………殺す……」

って、つぶやいて、男の人の横をぶつかるみたいに通りすぎて店内に入ってった。

男の人はその後、私をぐいぐい引いて、駅構内まで来ると、やっと手を離してくれた。

駅は賑やかで、さっきあったことが信じられんで呆然としてると、

「大丈夫か?」

って声かけてきたんで、頷いたけど、本当はかなりパニクってたと思う。

相手の名前聞いたりとか、助けてもらったのにお礼言うとか、まともにできなかった。

男の人は改札まで見送ってくれた。

別れ際に、

「もうあそこ通ったらあかん」

とか言われて、

「でも仕事あるし」

「命惜しかったらやめとけ」

答えようがなくて黙ってると、

「今日は運が良かったんや。あんたの守護霊さんが俺を呼んであんたを守ってくれたんやで」

「………………」

「たまたまやねん。わかるか?あんたが助かったの、たまたま守護霊さんが分かるもんが、たまたまそばにおった、それだけやで。あいつにとり殺されたくなかったら、もう通らんとき」

霊なんて見たことなかったから、自分の体験したのが何なのか分からなかった。

女はどう見ても生身の人間に見えた。

それで返答に困ってると、その人は私に何度も一人で通るなよと繰り返して、行ってしまった。

未だにアレが何だったのかわからない。

私は2ヶ月後、そこの仕事場辞めたけど、その間夜は泉の広場は一度も通らなかった。

男の人も、女も共に謎。

男の人の名前、聞いて置けばよかった。

助けてくれたんならちゃんとお礼を言いたかった。

反面、かつがれたんかな?と思わなくもない。

すっきりしない。

怖い目にあった次の日、性凝りもなく泉の広場を通ろうとしたのな。

霊体験の少ない悲しさ。

なんか日が変われば白昼夢を見たみたいな感じで、恐怖感が薄れたんさ。

実際昼間通った時は、何ともなかった。

で、帰り道。

さすがに暗くなってると、あの男の人の「とり殺される」って言葉が浮かんで怖かった。

ただ、梅田界隈って賑やかやから、警戒心は薄れてた。

自分の中に、女が人間かどうか確かめたい気持ちもあった。

でも、甘かった。

泉の広場に続く階段を途中まで降りると、赤服の女がしっかり居たのな。

下から3段目ぐらいの、階段右の隅っこのほうに、背中をこっちに向けて座ってた。

『もしかしてこれは待ち伏せ?』

反射的にそう思った。

私は広場をうろつく姿は見てたけど、女が階段に座ってるのを見たことはなかった。

妄想かもしれないと思ったけどぞっとした。

逃げた方がいいと思った時、女がゆらーっと立ち上がった。

まるで、操り人形の糸を引いたみたいな不自然な立ち方で、何故かその瞬間、『あっ、こっち向く!!』って分かって、慌てて階段駆け上がって後も見ず逃げた。

その時は体が動いたんで、神様ありがとうと結構マジに思った。

関連記事

駅のホーム

勘違い

とある路線の通勤時間帯の上り電車。この線は都心でも通勤時間帯の乗車率がずば抜けて高く、車内はまさにすし詰め状態である。その日は運が悪いことに下り線でトラブルがあり、ただでさえ混…

テープレコーダー

これは友人から聞いた話。ある男が一人で登山に出かけたまま行方不明になった。3年後、湿地帯でその男の遺骨が発見され遺留品も回収されたが、その中には一つのテープレコーダーが…

田舎の景色(フリー写真)

よくないもの

自分、霊感ゼロ。霊体験も経験無し。だから怖い怖いと言いながら、洒落怖を見てしまうのさね。何年か前、当時大学生だった親友Aから奇妙な頼まれ事があった。そう…ちょう…

きさらぎ駅

98 :名無し:01/08 23:14 気のせいかも知れませんがよろしいですか?99 :名無し:01/08 23:16 取りあえずどうぞ100 :名無し:01/08…

数字

余命推定システム

死ぬ程怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。ただ、俺はこの話を最恐に怖い話だと思っている。さっきテレビで関係する話が出ていて思い出した。 ※ 数年前の事…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。ところが、何故かどこもかしこも…

鎌爺

小学生の頃、田舎に住んでいた時の話。その村には鎌爺という有名な爺さんがいた。その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人…

紫の抽象的模様(フリー画像)

塊紫水晶奥

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…