不可解な風景画

公園のベンチ(フリー写真)

私の友人にM君という結構霊感のある者がいるのですが、そいつから聞いたとても不思議な話です。

僕たちの住んでいる駅前には大きな団地が並んでおり、M君は駅を利用する行き帰りは、いつもその団地内を突っ切っていました。

ある日、家に帰ろうと、いつも通り団地を突っ切って歩いていました。

その日は仕事も残っており、普段より足早に家路に向かったそうです。

いつもは子供が遊んでいたり、買い物帰りの主婦で賑わっている場所ですが、夜も大分更けていたということもあり、辺りはあまり人影は見られなかったそうです。

1号棟、2号棟を過ぎた後、砂場とベンチとブランコしかない小さな公園に差し掛かると、チラッと人影が見えました。

こんな夜遅くに何しているのだろうと、遠目から目を凝らして見ると、それは女性の首吊り死体だったそうです。

こんな時に何故こんなものが…。

普通だったら逃げ出すほどびっくりし、パニックに陥るところでしょうが…。

M君は肝が座っているというか、何と言うか、半ば面倒なものを見つけちゃったという気持ちで警察に通報しました。

警察が到着し、野次馬も大分増え、M君に待っていたのは長い取り調べでした。

首を吊った砂場の横の木を正面に見据えられるベンチに座らせられ、隣に一人警察官が座り、同じことを何度も質問されたそうです。

結局、家に帰っても仕事どころではなく、その日はすぐに眠りに就いたそうです。

次の日、M君が目を覚まし会社へ行く準備をしていると、警察から電話があり、すぐに署に来て欲しいと言われました。

会社に行かなくちゃいけないし、発見当時の状況は昨日何度も説明したでしょと答えると、

「そうじゃない。君に見てもらいたいものがある」

と、何だか変な様子だったため、しぶしぶ警察に向かったそうです。

署に着くと昨日の警官が迎えてくれて、部屋に通されたそうです。

着いた早々にM君が、何故呼んだのか問い詰めると、その警官は何かを言いづらそうな感じでモゴモゴしていたそうです。

M君が怪訝な顔をしていると、

「確かに、あの女性とは面識がないんだよね。

いや、女性のお母さんに遺書を探してもらってたんだけど、変なものが出てきちゃって」

と一言口を開いた途端、堰を切ったように話し出し、茶封筒から一冊のスケッチブックを取り出しました。

「これを見て欲しいんだ…」

M君はスケッチブックを手渡され、一枚一枚ページを捲っていました。

何やら絵の学校に通っていたのか、そこには果物や家具などのデッサンが描かれていました。

そして、その中に一枚だけ風景画が混ざっていました。

どこかで見たことのある風景…。

それにはブランコがあり、砂場があり、その横の木にロープを括って首を吊っている女…。

そしてベンチには、一人の青年と、警察官らしき人が座っている画でした。

そのスケッチブックは、鍵の掛かった机の引き出しから出てきたものでした。

女性以外の指紋も見つかっていないらしく、とにかくその後もM君は、女性との関係を問い詰められたそうです。

M君も「だったら、何でおまわりさんも描かれてるんだ」と、半ば二人パニックになりながら言い争ったそうです。

結局埒が明かず、M君は帰してもらい、その事件も遺書なしの自殺ということで片付いたそうです。

M君は霊感も多少あり、今まで霊現象を体験したこともあるのですが、これほど不可解で恐ろしいことはなかったそうです。

関連記事

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

鏡(フリー素材)

呪いのコンパクト

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。「巣くうものシリーズ」で纏めてもらったので、説明は省略します(※これまでの流れについて、…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。実際に何…

競売物件

競売物件

自動車免許を取りに免許センターへ通っていた時に仲良くなった人から聞いた話。筆記試験が終わり、知り合いも来ていないし一人でぼーっとしていると、20代後半くらいのサラリーマン風の人…

娘が連れて行かれそうになった話

俺の田舎には土地神様が居るらしい。その土地神様が俺の娘を連れて行くかもしれないとの事。正直、今もどうして良いのか分からない。聞いた時は吹き出した。でも、親父の反…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

下心

これは7年ぐらい前の話です。高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。一人暮らしを始めて3ヶ月…