少年とテレビ

カーテン(フリー写真)

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。

姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。

当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には家を出ていました。

姉はいつものように慌ただしく旦那に弁当を作り、朝飯を食べさせ旦那を送り出しました。

姉自身も朝から仕事があるので、出勤時間の8時まで仮眠を取るのが日課だったそうです。

テレビを点けたまま、鼻の辺りまで布団を被りウトウトしていると、視界に左右に揺れる何かが目に入ったそうです。

普段から霊感があった姉は、直感的に『ヤバイ』と感じたそうです。

その嫌な予感を感じた瞬間、金縛りに遭ってしまったそうです。

『きよったか…』

姉は心の中で呟きました。

恐怖と言うよりも、面倒くさい感情が先に立った姉は、

『さっさと正体を見せて帰れ』

という気持ちで、少し恐怖心もありましたが、その左右に揺れる何かを見たそうです。

姉が見たそれは、短パンに白いランニング、坊主頭で肌は土色(紫がかっていたと強調していました)の12、3歳の少年が、正座で首を左右に揺らしながら、テレビを不思議そうに見ていました。

第二次世界対戦などの資料でよく見るような子だったそうです。

普段は霊感があった姉でも、カーテンの隙間の日光に照らされた霊を見るのは初めてだったらしく、カタカタ震えながらそれが消えるのを待っていたそうです。

『消えてや。お願い』

そう心で念じた瞬間、その少年が左右に揺らしていた首を姉の方に向け、ゆっくり正座しながらズリズリと姉の布団に近付いて来ました。

『ちょっと…勘弁して』

と思った姉は目を瞑ろうとしましたが、何故か目が瞑れなかったそうです。

ついにその少年は姉が寝ている布団の横まで来て、掛け布団を引っ張って来ました。

姉は心の中で何度もお経を唱えたそうですが、掛け布団を引っ張る手は止まらず、ついには、

「なぁなぁ、なぁなぁ」

と少年は喋りかけてきました。

『うるさい。黙れや』

と声に出そうとしましたが、喉がカラカラになり声が出ません。

「なぁなぁ、なあって」

少年の声は段々と強さを増し、部屋の中に響き渡る程になり、姉は何とか目を瞑りカタカタ震えて居ました。

目を瞑ってしまうと、更に少年の声が大きくなり、耳の横にスピーカーでもあるのではないかと思う程大きな声になりました。

『早く帰ってくれ!アタシには何も出来ひんから!!他を当たってくれ』

姉がそう心で叫んだ瞬間、急に少年の声は止みました。

『やっと、帰ってくれた』

そう心を撫でおろし、姉は目を開けた瞬間、見てしまいました。

自分の体の横に添い寝するような形で、少年が寝そべっていました。

不思議な事に姉はこの時、恐怖と言うより少年に対する怒りが先立ってしまい、

「なんやコラ!!何が言いたいねん!!ワレ」

と、事もあろうに幽霊に怒鳴ってしまったそうです。

すると、

「あれ何なん?」

と、テレビの方に向かって少年が指を指したそうです。

姉がテレビの方に目をやると、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われ、目が飛び出た怪獣のような生き物が目に入ったそうです。

姉が少年の方をもう一度振り向くと、もう少年は消えていたそうです。

姉は笑いながら話してくれました。

今でも、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われた目が飛び出た生物をテレビで見掛けると、恐ろしくなりチャンネルを変えてしまいます。

関連記事

カーテン(フリー素材)

宗教施設での心霊体験

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。 その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。 宿泊施設なので管理人と世話…

(゚Д゚)ハァ?って表情になって消えた

学生の頃の話。 夜、部屋で寝てたら急に金縛りになった。 変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら、顔が沢山浮かんでこっち見てた。 なんか霊とかってどんなものかよ…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。 中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。 ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。 その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。 公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。 当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。 古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。 俺…

カオル

バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。 俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。 寮に入っている社員のTさんの部屋が、…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…