少年とテレビ

カーテン(フリー写真)

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。

姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。

当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には家を出ていました。

姉はいつものように慌ただしく旦那に弁当を作り、朝飯を食べさせ旦那を送り出しました。

姉自身も朝から仕事があるので、出勤時間の8時まで仮眠を取るのが日課だったそうです。

テレビを点けたまま、鼻の辺りまで布団を被りウトウトしていると、視界に左右に揺れる何かが目に入ったそうです。

普段から霊感があった姉は、直感的に『ヤバイ』と感じたそうです。

その嫌な予感を感じた瞬間、金縛りに遭ってしまったそうです。

『きよったか…』

姉は心の中で呟きました。

恐怖と言うよりも、面倒くさい感情が先に立った姉は、

『さっさと正体を見せて帰れ』

という気持ちで、少し恐怖心もありましたが、その左右に揺れる何かを見たそうです。

姉が見たそれは、短パンに白いランニング、坊主頭で肌は土色(紫がかっていたと強調していました)の12、3歳の少年が、正座で首を左右に揺らしながら、テレビを不思議そうに見ていました。

第二次世界対戦などの資料でよく見るような子だったそうです。

普段は霊感があった姉でも、カーテンの隙間の日光に照らされた霊を見るのは初めてだったらしく、カタカタ震えながらそれが消えるのを待っていたそうです。

『消えてや。お願い』

そう心で念じた瞬間、その少年が左右に揺らしていた首を姉の方に向け、ゆっくり正座しながらズリズリと姉の布団に近付いて来ました。

『ちょっと…勘弁して』

と思った姉は目を瞑ろうとしましたが、何故か目が瞑れなかったそうです。

ついにその少年は姉が寝ている布団の横まで来て、掛け布団を引っ張って来ました。

姉は心の中で何度もお経を唱えたそうですが、掛け布団を引っ張る手は止まらず、ついには、

「なぁなぁ、なぁなぁ」

と少年は喋りかけてきました。

『うるさい。黙れや』

と声に出そうとしましたが、喉がカラカラになり声が出ません。

「なぁなぁ、なあって」

少年の声は段々と強さを増し、部屋の中に響き渡る程になり、姉は何とか目を瞑りカタカタ震えて居ました。

目を瞑ってしまうと、更に少年の声が大きくなり、耳の横にスピーカーでもあるのではないかと思う程大きな声になりました。

『早く帰ってくれ!アタシには何も出来ひんから!!他を当たってくれ』

姉がそう心で叫んだ瞬間、急に少年の声は止みました。

『やっと、帰ってくれた』

そう心を撫でおろし、姉は目を開けた瞬間、見てしまいました。

自分の体の横に添い寝するような形で、少年が寝そべっていました。

不思議な事に姉はこの時、恐怖と言うより少年に対する怒りが先立ってしまい、

「なんやコラ!!何が言いたいねん!!ワレ」

と、事もあろうに幽霊に怒鳴ってしまったそうです。

すると、

「あれ何なん?」

と、テレビの方に向かって少年が指を指したそうです。

姉がテレビの方に目をやると、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われ、目が飛び出た怪獣のような生き物が目に入ったそうです。

姉が少年の方をもう一度振り向くと、もう少年は消えていたそうです。

姉は笑いながら話してくれました。

今でも、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われた目が飛び出た生物をテレビで見掛けると、恐ろしくなりチャンネルを変えてしまいます。

関連記事

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

まりも

今の部屋に引っ越してきてすぐのこと。 夜ふと目を覚ますと、目の前に黒くて丸いものが2つ浮かんでぼうっと光っている。オカルト体験がほとんどない俺は動揺し、布団を被ってガタガタ震えた…

白虎隊

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。 A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。 しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてし…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。 解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…

出ると噂されているホテル

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。 それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、 「お前知ってる? そのホ…

すごく地味な

中学生の頃、家が近いのでいつも学校から一緒に帰る友達がいた。 ちなみに自分女、友達はユキといって、幼馴染の女の子。 中学から家までは、大体歩いて30分ぐらいの距離だった。 …

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。 でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。 熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

お婆さんの願い

会社の仕事を終え、夜の帰り道。 最寄り駅から自宅まで歩いていると、帰路途中の家のドアが開いていて、お婆さんが手招きをしていた。 『高いところにあるものを取って欲しいとか、そ…

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。 全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。 それで新居を見つけるまでの間…