少年とテレビ

カーテン(フリー写真)

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。

姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。

当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には家を出ていました。

姉はいつものように慌ただしく旦那に弁当を作り、朝飯を食べさせ旦那を送り出しました。

姉自身も朝から仕事があるので、出勤時間の8時まで仮眠を取るのが日課だったそうです。

テレビを点けたまま、鼻の辺りまで布団を被りウトウトしていると、視界に左右に揺れる何かが目に入ったそうです。

普段から霊感があった姉は、直感的に『ヤバイ』と感じたそうです。

その嫌な予感を感じた瞬間、金縛りに遭ってしまったそうです。

『きよったか…』

姉は心の中で呟きました。

恐怖と言うよりも、面倒くさい感情が先に立った姉は、

『さっさと正体を見せて帰れ』

という気持ちで、少し恐怖心もありましたが、その左右に揺れる何かを見たそうです。

姉が見たそれは、短パンに白いランニング、坊主頭で肌は土色(紫がかっていたと強調していました)の12、3歳の少年が、正座で首を左右に揺らしながら、テレビを不思議そうに見ていました。

第二次世界対戦などの資料でよく見るような子だったそうです。

普段は霊感があった姉でも、カーテンの隙間の日光に照らされた霊を見るのは初めてだったらしく、カタカタ震えながらそれが消えるのを待っていたそうです。

『消えてや。お願い』

そう心で念じた瞬間、その少年が左右に揺らしていた首を姉の方に向け、ゆっくり正座しながらズリズリと姉の布団に近付いて来ました。

『ちょっと…勘弁して』

と思った姉は目を瞑ろうとしましたが、何故か目が瞑れなかったそうです。

ついにその少年は姉が寝ている布団の横まで来て、掛け布団を引っ張って来ました。

姉は心の中で何度もお経を唱えたそうですが、掛け布団を引っ張る手は止まらず、ついには、

「なぁなぁ、なぁなぁ」

と少年は喋りかけてきました。

『うるさい。黙れや』

と声に出そうとしましたが、喉がカラカラになり声が出ません。

「なぁなぁ、なあって」

少年の声は段々と強さを増し、部屋の中に響き渡る程になり、姉は何とか目を瞑りカタカタ震えて居ました。

目を瞑ってしまうと、更に少年の声が大きくなり、耳の横にスピーカーでもあるのではないかと思う程大きな声になりました。

『早く帰ってくれ!アタシには何も出来ひんから!!他を当たってくれ』

姉がそう心で叫んだ瞬間、急に少年の声は止みました。

『やっと、帰ってくれた』

そう心を撫でおろし、姉は目を開けた瞬間、見てしまいました。

自分の体の横に添い寝するような形で、少年が寝そべっていました。

不思議な事に姉はこの時、恐怖と言うより少年に対する怒りが先立ってしまい、

「なんやコラ!!何が言いたいねん!!ワレ」

と、事もあろうに幽霊に怒鳴ってしまったそうです。

すると、

「あれ何なん?」

と、テレビの方に向かって少年が指を指したそうです。

姉がテレビの方に目をやると、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われ、目が飛び出た怪獣のような生き物が目に入ったそうです。

姉が少年の方をもう一度振り向くと、もう少年は消えていたそうです。

姉は笑いながら話してくれました。

今でも、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われた目が飛び出た生物をテレビで見掛けると、恐ろしくなりチャンネルを変えてしまいます。

捕まった口裂け女

1979年6月21日午前3時頃、「兵庫県姫路市野里の路上に、腰まで垂れる長い髪で、真っ赤な口が耳元まで裂け、白い長襦袢をまとって出刃包丁を持った女がいる」と姫路署にタクシー運転手から1…

首長リーマン

終電の一つ前の電車に乗っていた時の事。 電車内には俺と、酒を飲んでいる汚いおっさんが一人。 電車の中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないし、まあ良いかという感じで携帯を…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。 Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。 明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。 高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。 班…

三面鏡

今はあまり見かけなくなった三面鏡。 この前、実家に帰った時、紫色の布を被せた三面鏡があった。 布を上げてそれを広げてみると、自分の顔がたくさん映ってる。 色んな角度で…

5ミリ

ある大学生が自宅の自室で勉強していたそうなんです。だけど、なにやら背後に視線を感じる。 どうしても気になりふと振り返ると、背後の側面にある本棚と本棚の隙間から、小学六年くらいの男…

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。 心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。 操車場は…

紅葉狩り

俺が大学時代の20年以上前の話。 友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。 山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、…