少年とテレビ

カーテン(フリー写真)

これは僕の姉が、今の旦那と同棲中に体験した話です。

姉は何年か前に、京都の市内にあるマンションに旦那さんと住んでいました。

当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には家を出ていました。

姉はいつものように慌ただしく旦那に弁当を作り、朝飯を食べさせ旦那を送り出しました。

姉自身も朝から仕事があるので、出勤時間の8時まで仮眠を取るのが日課だったそうです。

テレビを点けたまま、鼻の辺りまで布団を被りウトウトしていると、視界に左右に揺れる何かが目に入ったそうです。

普段から霊感があった姉は、直感的に『ヤバイ』と感じたそうです。

その嫌な予感を感じた瞬間、金縛りに遭ってしまったそうです。

『きよったか…』

姉は心の中で呟きました。

恐怖と言うよりも、面倒くさい感情が先に立った姉は、

『さっさと正体を見せて帰れ』

という気持ちで、少し恐怖心もありましたが、その左右に揺れる何かを見たそうです。

姉が見たそれは、短パンに白いランニング、坊主頭で肌は土色(紫がかっていたと強調していました)の12、3歳の少年が、正座で首を左右に揺らしながら、テレビを不思議そうに見ていました。

第二次世界対戦などの資料でよく見るような子だったそうです。

普段は霊感があった姉でも、カーテンの隙間の日光に照らされた霊を見るのは初めてだったらしく、カタカタ震えながらそれが消えるのを待っていたそうです。

『消えてや。お願い』

そう心で念じた瞬間、その少年が左右に揺らしていた首を姉の方に向け、ゆっくり正座しながらズリズリと姉の布団に近付いて来ました。

『ちょっと…勘弁して』

と思った姉は目を瞑ろうとしましたが、何故か目が瞑れなかったそうです。

ついにその少年は姉が寝ている布団の横まで来て、掛け布団を引っ張って来ました。

姉は心の中で何度もお経を唱えたそうですが、掛け布団を引っ張る手は止まらず、ついには、

「なぁなぁ、なぁなぁ」

と少年は喋りかけてきました。

『うるさい。黙れや』

と声に出そうとしましたが、喉がカラカラになり声が出ません。

「なぁなぁ、なあって」

少年の声は段々と強さを増し、部屋の中に響き渡る程になり、姉は何とか目を瞑りカタカタ震えて居ました。

目を瞑ってしまうと、更に少年の声が大きくなり、耳の横にスピーカーでもあるのではないかと思う程大きな声になりました。

『早く帰ってくれ!アタシには何も出来ひんから!!他を当たってくれ』

姉がそう心で叫んだ瞬間、急に少年の声は止みました。

『やっと、帰ってくれた』

そう心を撫でおろし、姉は目を開けた瞬間、見てしまいました。

自分の体の横に添い寝するような形で、少年が寝そべっていました。

不思議な事に姉はこの時、恐怖と言うより少年に対する怒りが先立ってしまい、

「なんやコラ!!何が言いたいねん!!ワレ」

と、事もあろうに幽霊に怒鳴ってしまったそうです。

すると、

「あれ何なん?」

と、テレビの方に向かって少年が指を指したそうです。

姉がテレビの方に目をやると、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われ、目が飛び出た怪獣のような生き物が目に入ったそうです。

姉が少年の方をもう一度振り向くと、もう少年は消えていたそうです。

姉は笑いながら話してくれました。

今でも、全身緑の前歯が出た珍獣と、全身を赤い毛で覆われた目が飛び出た生物をテレビで見掛けると、恐ろしくなりチャンネルを変えてしまいます。

関連記事

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

警察官の無念

年末、某県のフェリー乗り場で船の時間待ちをしていた。寒空の下、ベンチに座って海を眺めていたら、駐車場で妙な動きをしている軽四に気が付いた。区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。私たちはもぎった…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

三面鏡

今はあまり見かけなくなった三面鏡。この前、実家に帰った時、紫色の布を被せた三面鏡があった。布を上げてそれを広げてみると、自分の顔がたくさん映ってる。色んな角度で…

廃墟

幽霊屋敷

高校を卒業するまで住んでいた街に幽霊屋敷があった。少し街外れの大きな土地に、広い庭と白い2階建ての家。2年程前にそれを建てて住んだのは四人家族だった。父親は大学教授。母…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…